セブンツーセブン

日本の企業

株式会社セブンツーセブン (Seven Two Seven Co.,Ltd.) は、大阪府大阪市中央区に本社を置く化粧品メーカーである。

株式会社セブンツーセブン
Seven Two Seven Co.,Ltd.
727化粧品本社工場01.JPG
セブンツーセブン本社工場(柏原市
種類 株式会社
略称 727
本社所在地 日本の旗 日本
541-0048
大阪府大阪市中央区瓦町三丁目4番9号
北緯34度41分10.9秒 東経135度30分7.4秒 / 北緯34.686361度 東経135.502056度 / 34.686361; 135.502056座標: 北緯34度41分10.9秒 東経135度30分7.4秒 / 北緯34.686361度 東経135.502056度 / 34.686361; 135.502056
設立 1945年7月27日
業種 化学
法人番号 5120001082640 ウィキデータを編集
事業内容 化粧品の研究・開発・製造・販売
代表者 代表取締役社長 宮副 洋
支店舗数 6店(2019年1月現在)
主要子会社 セブン化学
ビナ薬粧
和信
和創
外部リンク http://www.727.co.jp/
テンプレートを表示

会社概要編集

大阪に本社をおく化粧品メーカー。美容室専売で、一般消費者へは契約美容室を通じて化粧品を販売している[1]。元々は薬局を販路としていたが、1967年より契約美容室を通じた販売に転換した[2]。社名は同社の創業者である宮副武次の誕生日、7月27日に因んでつけられている[1][3]

本社工場のある柏原市高尾山中腹や新幹線沿線、および同市も通過している近畿日本鉄道大阪線の一部箇所[要出典]に「727 COSMETICS」の野立て看板を展開している。現在の看板は3代目。多数の野立て看板設置は社独自の広告手法を追求したものであり、東海道新幹線沿いには1979年から設置を始め、2014年現在では5分に1本見える程度の間隔で設置されている[4]。このうち、新幹線では東海道山陽東北上越新幹線沿線に設置されている。沿線の広告物設置が条例で禁止されている九州新幹線[5][6]のほか、北陸北海道新幹線沿線には2018年現在設置されていない[3]

野立て看板で社名は広く知られるようになった一方、事業内容については周知できていないとして、2019年1月7日朝日新聞(近畿2府4県)にて、Wikipediaの同社当該ページ(当記事)の2018年10月16日 (火) 16:48版スクリーンショットを引用した全面広告を掲載した[7][8][9]

沿革編集

野立て看板の変遷編集

 
野立て看板。愛知県稲沢市内にて2016年8月撮影。
初代
白地の看板で、上部に赤色の楕円で囲んだ白文字の「727」、下部に赤文字の「化粧品」を配置している。
2代目
初代の看板が設置されている風景を撮影した写真の上下に「美容室が、おこたえします。」「セブンツーセブン化粧品」の文字を配置している。
3代目(現在)
白地赤文字の看板で、上部に大きな文字で「727」、水平線(実際は非常に扁平な楕円形)を挟んで下部に小さな文字で「COSMETICS」の文字を配置している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新幹線の車窓から見える「あの看板」の秘密”. 東洋経済新報社 (2016年1月8日). 2018年5月7日閲覧。
  2. ^ a b “[会社・東西南北]セブンツーセブン 国友商事 澤井珈琲”. 読売新聞(大阪朝刊) (読売新聞大阪本社): p. 9. (2010年3月28日)  - 読売記事検索にて2019年3月27日閲覧。
  3. ^ a b c 江刺弘子 (2016年3月20日). “沿線看板「727」はどこまで北上するのか”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/articles/20160319/k00/00m/040/057000c 2018年5月6日閲覧。 
  4. ^ 新幹線から見える「727」の立て看板は何物なのか」『AERA』、朝日新聞、2014年8月25日、2014年9月7日閲覧。
  5. ^ “九州新幹線沿線 広告ダメ!「車窓の風景守る」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2016年3月20日). オリジナルの2010年12月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101203083800/http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100219-OYS1T00258.htm 2018年5月7日閲覧。 
  6. ^ 屋外広告物制度”. 福岡県 (2018年4月4日). 2018年5月7日閲覧。
  7. ^ “新幹線から見える“謎の看板”「727」、自社Wikipediaのスクショを新聞広告に 「説明するのに手っ取り早い」”. ITmedia NEWS. (2019年1月7日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/07/news061.html 2019年1月7日閲覧。 
  8. ^ 咲村珠樹 (2019年1月7日). “何の会社? 新幹線車窓でみかける「727」が新聞広告にWikipediaページをまんま採用”. おたくま経済新聞. http://otakei.otakuma.net/archives/2019010706.html 2019年1月7日閲覧。 
  9. ^ 若松真平 (2019年1月16日). “Wikipediaそのまま載せちゃった 謎の看板「727」全面広告の狙いとは”. withnews. 朝日新聞社. 2019年3月27日閲覧。

外部リンク編集