セラフィマ・サハノヴィッチ

セラフィマ・アンドレエヴナ・サハノヴィッチロシア語: Серафима Андреевна Сахановичロシア語ラテン翻字: Serafima Andreyevna Sakhanovich2000年2月9日 - )は、ロシアフィギュアスケート選手(女子シングル)。

セラフィマ・サハノヴィッチ
Serafima Sakhanovich
Figure skating pictogram.svg
Serafima Sakhanovich at the Skate America 2017 - SP.jpg
選手情報
生年月日 (2000-02-09) 2000年2月9日(21歳)
代表国 ロシアの旗 ロシア
出生地 サンクトペテルブルク
身長 160 cm
コーチ アンゲリーナ・トゥレンコ
元コーチ エフゲニー・プルシェンコ
エフゲニー・ルカヴィツィン
アリーナ・ピサレンコ
エテリ・トゥトベリーゼ
セルゲイ・デュダコフ
振付師 Svetlana Korol
元振付師 オルガ・グリンカ
ヴァレンティン・モロトフ
ニキータ・ミハイロフ
エテリ・トゥトベリーゼ
イリーナ・スシチェンコ
ISUサイト バイオグラフィ
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 202.62 2018 CSタリン杯
ショート 70.33 2018 CSタリン杯
フリー 132.29 2018 CSタリン杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2014 ソフィア 女子シングル
2015 タリン 女子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2013 福岡 女子シングル
2014 バルセロナ 女子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

2014年2015年世界ジュニア選手権2位。

ジュニア時代に天才とも言われ実績を残したがシニア転向後に伸び悩んだ早熟の選手とも言われている。

経歴編集

祖母の勧めで7歳でスケートを始める。

2012-2013シーズン、ロシア選手権に初出場し4位。ロシアジュニア選手権では2位だったもののジュニアの年齢規定に満たないために、世界ジュニア選手権への出場は無かった。

2013-2014シーズン、ジュニアグランプリシリーズに出場。コシツェ大会で4位、タリン杯で優勝し全体の6位の成績でジュニアグランプリファイナルに進出。そこでは2位となりマリア・ソツコワエフゲニア・メドベージェワと共にロシア選手で表彰台を独占した。世界ジュニア選手権では銀メダルを獲得した。

2014年のシーズンオフ、モスクワに拠点を移しコーチをエテリ・トゥトベリーゼに変更[1]。2014-2015シーズンはジュニアグランプリシリーズで連勝し、ジュニアグランプリファイナルでは同門のメドベージェワに次ぐ2位。世界ジュニア選手権も同じくメドベージェワに次ぎ、2年連続で銀メダルを獲得した。

2015年のシーズンオフ、アリーナ・ピサレンコにコーチを戻した。2015-2016シーズン、ジュニアグランプリシリーズのログローニョ大会では7位に沈む。大会後、コーチをエフゲニー・ルカヴィツィンに変更した[2]

2017年、引退するつもりでショーに出してもらおうとエフゲニー・プルシェンコの元を訪れたが、プルシェンコに引退を引き止められ、現役を続行する。コーチをプルシェンコに変更した[3]。しかし住居と家族などの問題でサンクトペテルブルクに戻り、3月にコーチをアンゲリーナ・トゥレンコに変更した。

人物編集

愛称はシーマ(Сима)。 姉が2人おり、2人とも既に子供がいる。 アクセルは得意でないためトリプルアクセルは練習していないが、4回転サルコウを練習中である。

主な戦績編集

大会/年 2011
-12
2012
-13
2013
-14
2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
ロシア選手権 4 6 5 10 12 9
GPスケートカナダ 7
GPスケートアメリカ 7 5
CSワルシャワ杯 2 1 4
CSアイススター 2
CSフィンランディア杯 8
CSネーベルホルン杯 6
CSアルペン杯 2
CSタリントロフィー 2 1
CSアイスチャレンジ 4
世界Jr.選手権 2 2
ロシアJr.選手権 12 2 1 3 17
JGPファイナル 2 2
JGPログローニョ 7
JGPメ~テレ杯 1
JGPリュブリャナ杯 1  
JGPタリン杯 1
JGPコシツェ 4
ボルボオープン 1 J
  • J - ジュニアクラス

詳細編集

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズスケートアメリカレークプラシッド 5
66.28
5
123.47
5
189.75
2017年11月16日-19日 ISUチャレンジャーシリーズワルシャワ杯ワルシャワ 1
61.23
1
115.16
1
176.39
2017年10月26日-29日 ISUチャレンジャーシリーズアイススターミンスク 2
60.63
2
113.86
2
174.49
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年12月22日-25日 ロシアフィギュアスケート選手権チェリャビンスク 13
59.37
12
116.16
12
175.53
2016年11月19日-25日 ISUチャレンジャーシリーズ タリントロフィータリン 2
60.78
2
116.57
2
177.35
2016年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカシカゴ 8
56.52
7
107.32
7
163.84
2016年10月6日-9日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 14
42.88
5
100.49
8
143.37
2016年9月22日-24日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 6
52.69
5
101.99
6
154.68
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年1月21日-23日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(チェリャビンスク 7
61.46
18
85.22
17
146.68
2015年12月23日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権エカテリンブルク 12
59.59
11
118.74
10
178.33
2015年11月26日-29日 ISUチャレンジャーシリーズ ワルシャワ杯ワルシャワ 3
53.89
2
122.52
2
176.41
2015年10月27日-31日 ISUチャレンジャーシリーズ アイスチャレンジグラーツ 5
54.39
4
103.34
4
157.73
2015年9月30日-10月4日 ISUジュニアグランプリ ログローニョログローニョ 4
60.10
9
92.36
7
152.46
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年3月2日-8日 2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン 2
63.09
3
123.06
2
186.15
2015年2月4日-7日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ヨシュカル・オラ 4
62.60
2
123.36
3
185.96
2014年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 11
59.21
5
132.63
5
191.84
2014年12月11日-14日 2014/2015 ISUジュニアグランプリファイナルバルセロナ 2
66.05
2
119.96
2
186.01
2014年9月11日-14日 ISUジュニアグランプリ メ~テレ杯長久手 2
56.03
1
121.66
1
177.69
2014年8月28日-30日 ISUジュニアグランプリ リュブリャナ杯リュブリャナ 1
66.58
1
125.38
1
191.96
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月10日-16日 2014年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 2
64.75
2
117.38
2
182.13
2014年1月22日-25日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 1
67.82
1
128.96
1
196.78
2013年12月22日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 7
62.36
6
121.22
6
183.58
2013年12月5日-8日 2013/2014 ISUジュニアグランプリファイナル福岡 2
60.56
3
112.30
2
172.86
2013年11月7日-10日 2013年ボルボオープンカップ ジュニアクラス(リガ 1
63.46
1
126.69
1
190.15
2013年10月9日-13日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 4
55.17
1
109.31
1
164.48
2013年9月11日-15日 ISUジュニアグランプリ コシツェコシツェ 6
49.24
3
112.48
4
161.72
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月1日-3日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 2
67.49
2
124.06
2
191.55
2012年12月25日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 9
56.50
4
120.87
4
177.37
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年2月5日-7日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ヒムキ 9
50.28
11
93.61
12
143.89

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2016-2017 Goodbye 映画『HACHI 約束の犬』サウンドトラックより
作曲:ヤン・A・P・カチュマレク
ハーモニカの男 映画『ウエスタン』サウンドトラックより
作曲:エンニオ・モリコーネ
映画『アメリ』サウンドトラックより
作曲:ヤン・ティルセン
2015-2016[4] Sixteen Tons
Can not Touch It
ボーカル:リッキー・リー
振付:ニキータ・ミハイロフ
交響曲第7番
作曲:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
レクイエム
作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
振付:ニキータ・ミハイロフ

ハーモニカの男 映画『ウエスタン』サウンドトラックより
作曲:エンニオ・モリコーネ
映画『アメリ』サウンドトラックより
作曲:ヤン・ティルセン
2014-2015[1] ワルツ ソ連映画『狩場の悲劇』より
作曲:エウジェン・ドガ
オブリビオン
作曲:アストル・ピアソラ
I Love You I Hate You
作曲:ラウル・ディ・ブラシオ
シャンデリア
曲:シーア
2013-2014 Do Not Deny If You Are In Love
作曲:マーク・ミンコフ
Closed School
作曲:マーク・エルマン
映画『アナスタシア』サウンドトラックより
作曲:デヴィッド・ニューマン

脚注編集

  1. ^ a b Серафима Саханович: «Дупель прыгаю без тормоза»
  2. ^ Третий раз в новый класс. Зачем одна из лучших юниорок мира сменила тренера
  3. ^ Саханович призналась, что хотела закончить карьеру, но Плющенко ее переубедилР-Спорт 2017年9月26日
  4. ^ Серафима Саханович: «Работать с Никитой Михайловым очень интересно»

外部リンク編集

参考文献編集