セリエA (サッカー) 2009-2010

セリエA (サッカー) 2009-2010は、現在の形になった1929-1930シーズンから78シーズン目のセリエA2009年8月22日から2010年5月16日まで行われた。インテルが最終節までもつれたローマとの優勝争いを制し、5連覇(通算18度目)を果たした。

セリエA
シーズン 2009-10
優勝 インテルナツィオナーレ
18回目
降格 アタランタ
シエーナ
リヴォルノ
チャンピオンズリーグ インテルナツィオナーレ
ローマ
ミラン
サンプドリア
ヨーロッパリーグ パレルモ
ナポリ
ユヴェントス
試合数 380
ゴール数 992 (1試合平均2.61)
得点王 イタリアの旗 アントニオ・ディ・ナターレ
(29得点)
最大差勝利ホーム試合
ユヴェントス 5–1 サンプドリア
(2009年10月28日)[1]
ミラン 4–0 シエーナ
(2010年1月17日)[2]
最大差勝利アウェー試合
ジェノア 0–5 インテルナツィオナーレ
(2009年10月17日)[3]
最多得点試合
インテルナツィオナーレ 5–3 パレルモ
(2009年10月29日)[4]
ジェノア 5–3 カリアリ
(2010年3月14日)[5]
2008-09
2010-11
2009-2010シーズンのセリエA所属クラブ

順位表編集

チーム 出場権または降格
1 インテルナツィオナーレ (C) 38 24 10 4 75 34 +41 82 チャンピオンズリーグ グループステージに出場
2 ローマ 38 24 8 6 68 41 +27 80
3 ミラン 38 20 10 8 60 39 +21 70
4 サンプドリア 38 19 10 9 49 41 +8 67 チャンピオンズリーグ プレーオフに出場
5 パレルモ 38 18 11 9 59 47 +12 65 ヨーロッパリーグ プレーオフに出場
6 ナポリ 38 15 14 9 50 43 +7 59
7 ユヴェントス 38 16 7 15 55 56 −1 55 ヨーロッパリーグ 予選3回戦に出場
8 パルマ 38 14 10 14 46 51 −5 52
9 ジェノア 38 14 9 15 57 61 −4 51
10 バーリ 38 13 11 14 49 49 0 50
11 フィオレンティーナ 38 13 8 17 48 47 +1 47
12 ラツィオ 38 11 13 14 39 43 −4 46
13 カターニア 38 10 15 13 44 45 −1 45
14 キエーヴォ 38 12 8 18 37 42 −5 44[注 1]
15 ウディネーゼ 38 11 11 16 54 59 −5 44[注 1]
16 カリアリ 38 11 11 16 56 58 −2 44[注 1]
17 ボローニャ 38 10 12 16 42 55 −13 42
18 アタランタ (R) 38 9 8 21 37 53 −16 35 セリエBへ降格
19 シエーナ (R) 38 7 10 21 40 67 −27 31
20 リヴォルノ (R) 38 7 8 23 27 61 −34 29
出典: Lega Calcio and Yahoo! Sport
順位の決定基準: 1) 勝点; 2) 当該チーム間の勝点; 3) 当該チーム間の得失点差; 4) 当該チーム間の得点数; 5) 総得失点差
(C) 優勝; (R) 降格.
注釈:
  1. ^ a b c キエーヴォとウディネーゼとカリアリは、直接対決の結果に基づいて順位が決定された(【勝点の比較】CHV:8、UDI:6、CAG:1)。

得点ランキング編集

順位 選手 所属クラブ 得点
1   アントニオ・ディ・ナターレ ウディネーゼ 29
2   ディエゴ・ミリート インテル 22
3   ジャンパオロ・パッツィーニ サンプドリア 19
  ファブリツィオ・ミッコリ パレルモ
5   アルベルト・ジラルディーノ フィオレンティーナ 15
6   フランチェスコ・トッティ ローマ 14
  ミルコ・ヴチニッチ ローマ
  マルコ・ボリエッロ ミラン
  バレート バーリ

脚注編集

外部リンク編集