セリエA (サッカー) 2013-2014

セリエA (サッカー) 2013-2014は、現在の形になった1929-1930シーズンから82シーズン目のセリエA。2013年8月24日に開幕し、2014年5月18日まで行われた。

優勝はユヴェントスが手にし、30個目のスクデットを獲得した。

順位表編集

チーム 出場権または降格
1 ユヴェントス (C) 38 33 3 2 80 23 +57 102 チャンピオンズリーグ グループステージに出場
2 ローマ 38 26 7 5 72 25 +47 85
3 ナポリ 38 23 9 6 77 39 +38 78 チャンピオンズリーグ プレーオフに出場
4 フィオレンティーナ 38 19 8 11 65 44 +21 65 ヨーロッパリーグ グループステージに出場
5 インテルナツィオナーレ 38 15 15 8 62 39 +23 60 ヨーロッパリーグ プレーオフに出場
6 パルマ 38 15 13 10 58 46 +12 58 UEFA主催大会出場権剥奪[注 1]
7 トリノ 38 15 12 11 58 48 +10 57 ヨーロッパリーグ 予選3回戦に出場[注 1]
8 ミラン 38 16 9 13 57 49 +8 57
9 ラツィオ 38 15 11 12 54 54 0 56
10 エラス・ヴェローナ 38 16 6 16 62 68 −6 54
11 アタランタ 38 15 5 18 43 51 −8 50
12 サンプドリア 38 12 9 17 48 62 −14 45
13 ウディネーゼ 38 12 8 18 46 57 −11 44
14 ジェノア 38 11 11 16 41 50 −9 44
15 カリアリ 38 9 12 17 34 53 −19 39
16 キエーヴォ 38 10 6 22 34 54 −20 36
17 サッスオーロ 38 9 7 22 43 72 −29 34
18 カターニア (R) 38 8 8 22 34 66 −32 32 セリエBに降格
19 ボローニャ (R) 38 5 14 19 28 58 −30 29
20 リヴォルノ (R) 38 6 7 25 39 77 −38 25
出典: Serie A, Soccerway
順位の決定基準: 1) 勝点; 2) 当該チーム間の勝点; 3) 当該チーム間の得失点差; 4) 総得失点差
(C) 優勝; (R) 降格.
注釈:
  1. ^ a b パルマは、所得税の納付遅延を理由にFIGCからUEFAライセンスが認められなかったため、代わりにリーグ戦7位のトリノが出場権を得た。

得点ランキング編集

順位 選手 所属クラブ 得点
1   チーロ・インモービレ トリノ 22
2   ルカ・トーニ ヴェローナ 20
3   カルロス・テベス ユヴェントス 19
4   アントニオ・ディ・ナターレ ウディネーゼ 17
  ゴンサロ・イグアイン ナポリ
  ロドリゴ・パラシオ インテル
7   ドメニコ・ベラルディ サッスオーロ 16
  フェルナンド・ジョレンテ ユヴェントス
  ジュゼッペ・ロッシ フィオレンティーナ
10   ホセ・マリア・カジェホン・ブエーノ ナポリ 15
  アルベルト・ジラルディーノ ジェノア
  パウリーニョ英語版 リヴォルノ

ハットトリック編集

選手 所属 対戦相手 試合結果 日付
  ジュゼッペ・ロッシ フィオレンティーナ ユヴェントス 4–2 2013年10月20日
  ドメニコ・ベラルディ サッスオーロ サンプドリア 4–3 2013年11月3日
  カルロス・テベス ユヴェントス サッスオーロ 4–0 2013年12月15日
  ドメニコ・ベラルディ4 サッスオーロ ミラン 4–3 2014年1月12日
  アルベルト・アクィラーニ フィオレンティーナ ジェノア 3–3 2014年1月26日
  チーロ・インモービレ トリノ リヴォルノ 3–1 2014年3月22日
  マッティア・デストロ ローマ カリアリ 3–1 2014年4月6日
  アルベルト・パロスキ キエーヴォ リヴォルノ 4–2 2014年4月13日
  ゴンサロ・イグアイン ナポリ ラツィオ 4–2 2014年4月13日
  ドメニコ・ベラルディ サッスオーロ フィオレンティーナ 4–3 2014年5月6日
  アントニオ・ディ・ナターレ ウディネーゼ サンプドリア 3–3 2014年5月17日

脚注編集

外部リンク編集