セリーヌ・ルブラン(Céline Lebrun 1976年8月25日- )は、フランス出身の元女子柔道選手。階級は78kg級。身長169cm[1]

獲得メダル

セリーヌ・ルブラン
フランスの旗 フランス
柔道
オリンピック
2000 シドニー 78kg級
世界柔道選手権
2001 ミュンヘン 無差別
1999 バーミンガム 78kg級
2001 ミュンヘン 78kg級
2005 カイロ 78kg級

人物編集

1999年の世界選手権では3位となった。翌年のシドニーオリンピックでは決勝で中国の唐琳に1-2の判定で敗れて2位に終わった。2001年の世界選手権では78kg級で3位だったものの、無差別では準決勝で中国のトウ文を判定で破ると、決勝ではイギリスのカリーナ・ブライアントを指導で破り、78kg級の選手ながら無差別で優勝を飾った。2003年の世界選手権では78kg級、無差別ともに5位だった。2004年アテネオリンピックでは準決勝で日本の阿武教子と対戦して、ゴールデンスコアまでもつれ込むものの、終了19秒前に大内刈で有効を取られて敗れ、3位決定戦でもキューバのユリセル・ラボルデ袖釣込腰で一本負けして5位に終わった。2005年の世界選手権では3位となった。2008年北京オリンピックにはステファニー・ポサメに国内の代表争いで敗れて出場できなかった。その後2009年の世界選手権では5位、2010年の世界選手権では78kg級で7位、無差別で5位とメダルを獲得するまでには至らず2011年1月のワールドマスターズで2位となった直後に引退を表明した[2]

主な戦績編集

脚注編集

外部リンク編集