セルゲイ・アブラモフ

セルゲイ・ボリソヴィチ・アブラモフСергей Борисович Абрамов, Sergei Borisovich Abramov, 1972年2月23日 - )は、チェチェン共和国首相。短期間ではあるが、同国大統領代行も務めた。

セルゲイ・ボリソヴィチ・アブラモフ
Сергей Борисович Абрамов
Sergey Borisovich Abramov.jpg
2013年
生年月日 (1972-02-29) 1972年2月29日(49歳)
出生地 Flag of the Russian SFSR.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 モスクワ
出身校 Tashkent State University of Economics
所属政党 無所属
称号 博士候補
配偶者 Алла Анатольевна Калашник
子女 Николай Сергеевич Абрамов

在任期間 2004年5月9日 - 2004年10月5日

チェチェン共和国の旗 チェチェン共和国首相
在任期間 2004年3月17日 - 2006年3月2日
大統領 アフマド・カディロフ(2004年3月 - 2004年5月)
アル・アルハノフ(2004年 - 2006年)
テンプレートを表示

1972年2月23日モスクワに生まれる。モスクワ国立経済大学を卒業後、1989年から科学生産合同「エレクトロプラヴォード」に勤務する。1995年から1999年までウズベキスタンのガロバンク(ウズベキスタン共和国特別商業銀行)に勤務する。2000年全露医学技術専門学校副支配人を経て、2002年からチェチェン共和国蔵相。2003年ロシア連邦の会計検査院検査局主任となる。

2004年3月アフマド・カディロフ・チェチェン大統領の下で首相に就任。チェチェン紛争によって荒廃したチェチェンを再建すべくロシア連邦政府からチェチェンに送り込まれた。2004年5月9日カディロフが暗殺され、大統領代行となる。10月にアル・アルハノフが大統領に就任したため、大統領代行を解かれ首相専任となる。

2006年2月28日、アブラモフは、アフマド・カディロフの息子、ラムザン・カディロフが首相に就任することを条件に辞表を提出した。


公職
先代:
アフマド・カディロフ
チェチェン共和国の旗 チェチェン共和国大統領
(代行)2004年
次代:
アル・アルハノフ

 

先代:
Эли Исаев
チェチェン共和国の旗 チェチェン共和国首相
2004年 - 2006年
次代:
ラムザン・カディロフ