セルゲイ・エリセーエフ

セルゲイ・グリゴリエヴィッチ・エリセーエフロシア語: Сергей Григорьевич ЕлисеевSergei Grigorievich Eliseevフランス亡命後は、セルジュ・エリセーエフSerge Elisseeff1889年1月13日 - 1975年4月13日)は、ロシア日本学者東洋学者である。日本語では「英利世夫」と自称していた。ハーバード大学教授ハーバード・イェンチン研究所 Harvard-Yenching Institute 所長などを歴任。

生涯編集

サンクトペテルブルク生まれ。生家のエリセーエフ家は、ロシア有数の食料品店業者「エリセーエフ商会」を営む大富豪で、モスクワ、サンクトペテルブルクに現在も豪奢な店舗が残っている。11歳のときに、パリ万国博覧会を見学し、東洋に対する興味を持つようになる。その後、エリセーエフは、ベルリン大学に留学するが、ここで日本の言語学者新村出(しんむら・いづる)に出会ったのを機に日本留学を志す。

1908年明治41年)東京帝国大学国文科に入学する。エリセーエフの東京帝大入学に当たっては、新村のほか、芳賀矢一上田万年など東京帝大の教授陣が尽力している。1912年(明治45年)東京帝大国文科を4席で卒業する。卒業式には明治天皇が臨席し、最前列で天皇を迎えるという栄誉を得た。

この間、小宮豊隆らと親交を結び、夏目漱石の「木曜会」に出入りするようになって、漱石の勧めで「朝日文芸欄」に評論を発表している[1]。また漱石からは、署名とともに「五月雨や 股立ち(ももだち)高く 来る(きたる)人」という句の記された『三四郎』を贈られ、終生、家宝にして愛読したという。

帰国後はペトログラード大学(現:サンクトペテルブルク大学)で日本語日本文学の教員となったが、ロシア革命が勃発し、ブルジョワであったエリセーエフは投獄され、獄中で『それから』を読んでいる。ソビエト政権が成立するに至って1920年一家を伴いフィンランド亡命する。この間の苦難に満ちた生活については、『赤露の人質日記』に詳述されている。

1921年フランスパリに移り、ソルボンヌ大学で教鞭を執るようになり、1931年フランス国籍を取得する。フランス時代には、旧友谷崎潤一郎志賀直哉の作品を翻訳し、日本文学を中心に西欧に日本紹介を盛んに行う[2]。戦後もヨーロッパに研究留学した日本・東洋学者とも交流が続いた[3]

1932年アメリカに渡り、ハーバード大学日本語日本史日本文学の講座を担当する。ハーバードにおける門下生にはエドウィン・ライシャワー[4]ドナルド・キーンがいる。ただしキーンはエリセーエフの講義を無味乾燥と評し、「私はエリセーエフにも多くを負っていて、それは自分がしてはならないことの手本を彼が示してくれたからだった」と述べている[5]

一説には、日本とアメリカの間に太平洋戦争が勃発すると、東京神田古書店街周辺が爆撃の標的になるのを阻止することに尽力したといわれる[要出典]

子に、中東学者であるニキータ・エリセーエフ(Nikita Elisséeff 1915–1997)、ヴァディム(ワジム)・エリセーエフフランス語版(Vadime Elisséeff 1918–2002)がおり、ヴァディム[6]は外交官・日本学者として、父の後を継ぐ形で日本学者として研究活動し、妻ダニエル・エリセーエフフランス語版(Danielle Elisséeff 1938–)との共著で、欧米読者向けの日本通史 "La civilisation japonaise" を著した(ISBN 978-2700306613、下記は訳書)。

受賞歴編集

関連項目編集

文献編集

著書編集

  • 『赤露の人質日記』(中公文庫 1976年)。自身が日本語で記した。

伝記編集

  • 倉田保雄 『エリセーエフの生涯 日本学の始祖』 中央公論社<中公新書>、1977年
    • 改訂版『夏目漱石とジャパノロジー伝説 「日本学の父」は門下のロシア人・エリセーエフ』 近代文芸社、2007年
  • 川口久雄『敦煌よりの風6 敦煌に行き交う人々』 明治書院、2001年
    第2篇「セルゲー・エリセーエフと日本」、第3篇「マグニチュードの日本学の人たち」

親族の訳書編集

脚注編集

  1. ^ 遠藤祐 漱石主宰の「朝日文芸欄」(資料) 岩手大学学芸学部研究年報 22(2) 1964年3月 岩手大学学芸学部
  2. ^ 永井荷風も日記『断腸亭日乗』で、著作を手にして、興味深い半生だと述べた。
  3. ^ 川口久雄『敦煌よりの風6 敦煌に行き交う人々』(明治書院、2001年)の第2章に交流回想が収録されている
  4. ^ 倉田保雄『夏目漱石とジャパノロジー伝説』は、ライシャワーに冠されている「日本学の父」という称号をエリセーエフに帰そうとする試みである。
  5. ^ ドナルド・キーン『私と20世紀のクロニクル』p.108(中央公論新社、2007年)
  6. ^ 美術史家秋山光和『出会いのコラージュ』(講談社、1994年)に交流回想が有る。