セルゲイ・ソコロフ

ソビエト連邦の政治家。第6代ソビエト連邦国防大臣

セルゲイ・レオニードヴィッチ・ソコロフロシア語: Сергей Леонидович Соколов、ラテン文字表記の例:Sergei Leonidovich Sokolov1911年7月1日 - 2012年8月31日)は、ソビエト連邦政治家軍人ソ連邦元帥である。チェルネンコゴルバチョフの時代に国防大臣を務めた。

セルゲイ・ソコロフ
Сергей Соколов
Sergey Sokolov.jpg
2007年3月9日
生年月日 (1911-07-01) 1911年7月1日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 クリミア イェウパトーリヤ
没年月日 (2012-08-31) 2012年8月31日(101歳没)
死没地 ロシアの旗 ロシア連邦 モスクワ
出身校 ゴリコフ装甲戦車学校
所属政党 КПСС.svg ソビエト連邦共産党
配偶者 マリア・サモイロフナ・ソコロバ
子女 2人

在任期間 1984年12月22日 - 1987年5月30日
閣僚会議議長 ニコライ・チーホノフ
ニコライ・ルイシコフ

その他の職歴
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
第27期政治局員候補

1986年3月6日 - 1987年6月26日
テンプレートを表示
セルゲイ・ソコロフ
Сергей Соколов
Sergey Leonidovich Sokolov.jpg
兵役経験
所属国ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
所属組織Red star with hammer and sickle.svgソビエト連邦軍
軍歴1932年1987年
最終階級Rank insignia of маршал Советского Союза.svg ソ連邦元帥
戦闘張鼓峰事件
第二次世界大戦
アフガン戦争

経歴編集

1911年7月1日ロシア帝国クリミアのイェウパトーリヤに生まれる。1932年から赤軍に所属した。1934年にゴリコフ装甲戦車学校を卒業し、極東で小隊長・中隊長・大隊長を歴任し、そして1938年の張鼓峰事件に参加した。

独ソ戦においては、1941年6月から9月まで戦車連隊参謀長として東部戦線で戦う。同年10月からカレリア戦線の自動車装甲戦車局の課長補佐、1942年4月から課長、6月から同局局長、1943年1月から同戦線の装甲戦車・機械化兵司令官局参謀長を務め、同年、大佐に昇進した。1944年3月から9月まで同戦線第32軍の装甲戦車・機械化兵司令官を務めた。

戦後は1947年に装甲戦車・機械化兵軍事アカデミーを卒業し、戦車連隊長に任命。1948年、戦車師団参謀長となった。1951年に参謀本部軍事アカデミーを卒業し、1952年から機械化師団長、1953年に少将、1959年に中将に昇進した。1960年から1964年にモスクワ軍管区参謀長を務め、在任中の1963年に大将に昇進。1964年7月から同管区第一副司令官となった。

1965年10月にレニングラード軍管区司令官となり、1967年4月に国防第一次官を兼務し、同年にはまた上級大将に昇進した。1978年ソ連邦元帥となる。1984年12月20日ウスチノフ国防相が死去し、それに伴って後任の国防相に就任した。前任のウスチノフがクレムリンキングメーカーと言われるほどの実力者であったのに対し、ソコロフは純粋な職業軍人として地味な存在であった。また、グレチコとウスチノフの2人の前任者が政治局員であったのに対し、ソコロフは議決権を持たない政治局員候補に据え置かれた。

1987年西ドイツの青年であるマティアス・ルストがセスナ機で赤の広場に着陸した責任を取らされる形で国防相を解任された。奇しくも1986年10月に大西洋北東部のバミューダ沖でヤンキー級原子力潜水艦K-219」が火災により沈没した事故に際し、艦長が寄港命令に背き自沈させたとしてソコロフ当人が強硬に厳罰を主張し、極刑に処されるところであったが、この事件によるソコロフの失脚で極刑は免れた。

1966年からソ連共産党中央委員会委員候補、1968年から委員、第7期から第10期までの最高会議代議員を務めた。

レーニン勲章、赤旗勲章2個、三等「ソ連軍における祖国への奉仕に対する」勲章を受章した。

2011年7月1日に100歳の誕生日を迎え、ドミートリー・メドヴェージェフ大統領から祝福された[1]

2012年8月31日、3日前の8月28日に亡くなったマリーヤ夫人の後を追うようにモスクワで死去した。101歳であった[2]

家族編集

ワレリー(1940年生まれ)とウラジーミル(1947年生まれ)の2人の子供もいずれも大将まで昇進した。

脚注編集

外部リンク編集

先代:
ドミトリー・ウスチノフ
  ソビエト連邦国防大臣
第6代:1984年12月22日 - 1987年5月30日
次代:
ドミトリー・ヤゾフ