セルソ・オルティス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオルティス第二姓(母方の)はガマーラです。(Template:スペイン語圏の姓名

セルソ・ファビアン・オルティス・ガマーラCelso Fabián Ortiz Gamarra , 1989年1月26日 - )は、パラグアイアスンシオン出身のサッカー選手リーガMXCFモンテレイ所属。ポジションはMF

セルソ・オルティス Football pictogram.svg
Celso-ortiz-1312496236.jpg
2011年オルティス
名前
本名 セルソ・ファビアン・オルティス・ガマーラ
Celso Fabián Ortiz Gamarra
ラテン文字 Celso Ortiz
基本情報
国籍 パラグアイの旗 パラグアイ
生年月日 (1989-01-26) 1989年1月26日(32歳)
出身地 アスンシオン
身長 174cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 CFモンテレイ
ポジション MF
背番号 16
利き足 左足
ユース
2005–2007 パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007–2010 パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ 46 (7)
2010–2016 オランダの旗 AZアルクマール 100 (2)
2016– メキシコの旗 CFモンテレイ 127 (4)
代表歴2
2007–2009 パラグアイの旗 パラグアイ U-20 10 (3)
2010– パラグアイの旗 パラグアイ 21 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年5月6日現在。
2. 2020年5月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ経歴編集

2007年にセロ・ポルテーニョのトップチームに昇格し、プロデビュー。2009年8月にエールディヴィジで初優勝を果たしたばかりのAZアルクマールと契約[1]。2010年1月に5年間の延長契約を締結。加入後数シーズンは出場機会獲得に苦しんだものの、2013-14シーズン以降は主力として活躍した。

2016年6月、AZアルクマールとの契約満了に伴いCFモンテレイと契約。2019年はCONCACAFチャンピオンズリーグ2019で優勝し、FIFAクラブワールドカップ2019に出場。準決勝でリヴァプールFCに敗れるも3位入賞を果たした。

代表経歴編集

2009年にエジプトで開催された2009 FIFA U-20ワールドカップに、U-20代表で出場。翌2010年9月4日の日本戦でフル代表初出場。以降2016年のコパ・アメリカ・センテナリオコパ・アメリカ2019といった主要大会にも出場した[2]

脚注編集

  1. ^ Celso Ortiz viaja para fichar por el Alkmaar de Holanda”. Ultima Hora (2009年8月22日). 2020年5月6日閲覧。
  2. ^ ベリッソ新体制のパラグアイ代表、コパ・アメリカ代表メンバー発表!オスカル・カルドソら23名”. goal.com.jp (2019年5月30日). 2020年5月6日閲覧。

外部リンク編集