セルフタイトル(self-titled)は、エポニムの一種で、国内外において音楽作品名に自身のアーティスト名をつける手法。

主にデビュー作品やベスト・アルバムなど、そのアーティストにとって「その作品が特別な作品である」という理由で使用することが多い[1][2]

なお、作品タイトルの一部にアーティスト名が含まれる例[注釈 1]もあるが、これらの作品の扱いについては不明となっている。

主な作品編集

アルバム編集

タイトルの後ろに(1)が付いたものは、1stアルバムもしくはデビューアルバムを示す。

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行編集

ら行編集

わ行編集

シングル編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 武田砂鉄 (2015年4月10日). “使えるのは一度だけ。ミュージシャンの必殺技、セルフタイトル作に名盤は多いのか?を検証する”. CINRA.NET (CINRA, inc.). https://www.cinra.net/review/20150410-selftitle 2019年11月30日閲覧。 
  2. ^ “The 19 best self-titled albums of all time”. Gigwise (Giant Digital). (2013年12月17日). https://www.gigwise.com/photos/87015/the-19-best-self-titled-albums-of-all-time 2019年11月30日閲覧。 
  3. ^ この他に、"Dylan"というタイトルのアルバムがある。詳細はディラン (1973年のアルバム)ディラン (2007年のアルバム)を参照。