センチメンタルジャーニー (アニメ)

センチメンタルグラフティ > センチメンタルジャーニー (アニメ)

センチメンタルジャーニー』は、1998年4月8日から同年7月1日までテレビ東京で全12回にわたって放送されていた日本のテレビアニメ作品、およびそれを元に制作されたバンプレストプレイステーションゲームソフト。いずれも『センチメンタルグラフティ』を原作とし、その設定を元にしたオリジナル作品である。

センチメンタルジャーニー
アニメ
原作 マーカス
監督 片山一良
シリーズ構成 片山一良
脚本 荒川稔久
キャラクターデザイン 平山まどか
音楽 濱田智之
アニメーション制作 サンライズ
製作 サンライズ
放送局 テレビ東京
放送期間 1998年4月8日 - 7月1日
話数 全12話
ゲーム
ゲームジャンル ボードゲーム
対応機種 プレイステーション
発売元 バンプレスト
キャラクターデザイン ここまひ
メディア CD-ROM
プレイ人数 4人
発売日 1998年9月23日
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメゲーム
ポータル アニメゲーム

本作品は、原作主人公と再会する前の各ヒロインの姿を描くオムニバス形式のアンソロジー作品となっており、原作主人公は思い出の中でのみの登場となっている。

目次

登場人物編集

遠藤 晶(えんどう あきら)
- 鈴木麗子
松岡 千恵(まつおか ちえ)
声 - 米本千珠
七瀬 優(ななせ ゆう)
声 - 西口有香
杉原 真奈美(すぎはら まなみ)
声 - 豊嶋真千子
森井 夏穂(もりい かほ)
声 - 満仲由紀子
綾崎 若菜(あやさき わかな)
声 - 小田美智子
山本 るりか(やまもと るりか)
声 - 今野宏美
星野 明日香(ほしの あすか)
声 - 岡本麻見
保坂 美由紀(ほさか みゆき)
声 - 牧島有希
永倉 えみる(ながくら えみる)
声 - 前田愛
安達 妙子(あだち たえこ)
声 - 岡田純子
沢渡 ほのか(さわたり ほのか)
声 - 鈴木麻里子

スタッフ編集

主題歌編集

オープニングテーマ「天使にあいたくて」
作詞 - 六月十三 / 作曲 - 田島浩二 / 歌 - 渡辺かおる
エンディングテーマ「Keep On Smile」
作詞 - 渡辺かおる / 作曲 - 田島浩二 / 歌 - 渡辺かおる

各話リスト編集

『センチメンタルグラフティ』本編の主人公に当たる「少年」役は第4・6・9話では野島健児が、第7話と第10話から第12話では柊美冬が担当。その他の話には台詞が存在しない。

放送回 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 主人公
(声優)
メインゲストキャラ
(声優)
放送日 備考
第1話 〜少女のためのヴァイオリン・ソナタ〜 片山一良 佐藤育郎 しんぼたくろう 遠藤晶
鈴木麗子
ピアニスト
土師孝也
1998年
4月8日
●ピアニストはE.D.テロップでも「ピアニスト」だが、実際にはクラウスという名前があり、放送後に発売された設定資料集とドラマCDのブックレットに名前の記述がある。
第2話 〜書けないラブソング〜 木村哲 横手博人 松岡千恵
米本千珠
井上隆
堀川亮
4月15日 ● バンドのメンバーには全員に氏名が存在し、エンディングテロップにも記載されているが、そのうちの2名(尾崎裕一・大滝拓郎)は作中で一度も名前が語られない。
第3話 〜星降る夜の天使〜 望月智充 西山明樹彦 山元浩 七瀬優
西口有香
芹沢琴音
三石琴乃
4月22日 ● 急行「きたぐに」の車内で優が読んでいる本は『星の王子様』の原語版である[1]
● 第3話の主人公は優であるが、第3話は全体を通して芹沢琴音の視点で進行している。
● 第3話では琴音が作中の進行ナレーションを務めている。
● 琴音本人は冒頭の坪尻駅にはいないが、坪尻駅についても琴音が語っている。
第4話 〜微熱少女〜 須永司 岡本英樹 平山まどか
堀井久美
杉原真奈美
豊嶋真千子
槙原つぐみ
佐久間レイ
4月29日 ● E.D.テロップで豊真千子と誤表記されている。
第5話 〜友情の通天閣スペシャル〜 杉島邦久 佐藤育郎 しんぼたくろう
中田栄治
森井夏穂
満仲由紀子
檜山恭子
熊谷ニーナ
5月6日
第6話 〜莫煩悩〜 片山一良 吉村あきら 横手博人 綾崎若菜
小田美智子
実相寺玄岳
野田圭一
5月13日 ● 若菜の祖母と同姓同名の人物が姉妹作品「センチメンタルプレリュード」にて若菜の従姉妹として登場。
第7話 〜中部戦線異状あり!〜 吉永尚之 西山明樹彦 山元浩 山本るりか
今野宏美
今中香澄
矢島晶子
5月20日 ● 兄の昌宏は、劇中では一卵性双生児の兄となっているが、原作では年齢の異なる年上の兄である。
● 原作では小学6年の後半に出逢っているが、劇中では小学5年の前半に出逢ったことになっている。
第8話 〜Dreams will never die.〜 岡本英樹 平山まどか
堀井久美
星野明日香
岡本麻見
田崎竜也
屋良有作
5月27日 ● O.P.ナレーション担当の島津冴子が役担当(日本舞踊の先生)としても出演している唯一の回。
● 唯一の英字副題であり、第7話終了時の次回予告の際に明日香がこのことに触れている。
第9話 〜私らしく明日へ〜 望月智充 佐藤育郎 しんぼたくろう
米山浩平
保坂美由紀
牧島有希
高橋カオル
上田祐司
6月10日 ● 美由紀の台詞によると、姉の他に兄がいることになっているが、原作小説・ゲーム本編では兄は存在しないことになっている。
第10話 〜はてしない物語〜 飯田幸子 吉村あきら 平山まどか
堀井久美
山元浩
永倉えみる
前田愛
ラムネ瓶
青野武
6月17日 ● 青野武演じる「ラムネ瓶」が作中の進行ナレーションを兼ねる。
第11話 〜ほろにがトライアングル〜 岡本英樹 しんぼたくろう
山元浩
安達妙子
岡田純子
佐々木哲郎
松野太紀
6月24日
第12話 〜ほのかな恋の物語〜 片山一良 佐藤育郎 平山まどか
堀井久美
しんぼたくろう
沢渡ほのか
鈴木麻里子
ポストマン
菊池正美
7月1日 ● 「あおい」はE.D.テロップでの苗字表記は無いが、総一郎から「冬木」という苗字で呼ばれる場面がある[2]
● 原作では小学5年の前半に出逢っているが、劇中では小学6年の後半に出逢ったことになっている。

ゲーム編集

1998年9月23日バンプレストから発売されたプレイステーション用ゲーム。定価6800円。ジャンルはボードゲームで、12人いるヒロインの中から1人を選び、2人で日本全国を旅するゲーム。4人プレイ可。キャラクターのグラフィックはここまひのデザインによるデフォルメキャラとなっている。

最初に、攻撃・防御・アイテムなどが使用できるカードと旅行プランが書かれたカードが各プレイヤーに5枚ずつ配られてゲーム開始。サイコロを振って移動し、ヒロインがいるマスに止まって旅行プランカードを提示し、OKされれば旅がスタートする。各プランごとに3 - 5箇所設定される目的地を回っていく。目的地に着くとヒロインから好意値とメダルが貰える。旅を楽しむという目的があるため、単に大きなサイの目を出して早上がりすれば良いというわけではなく、到着が早すぎても遅すぎても貰える好意値やメダルが少なくなってしまう。

目的地となる観光名所の他には、良いイベントが起きるマス、悪いイベントが起きるマス、ランダムでイベントが起きるマス、全員参加のイベントが発生するマス、カードがもらえるマス、カードの売買ができるマスなどがある。途中、誰にも誘われていないフリーのヒロインとの鉢合わせを避けたり、原作には登場しないお邪魔キャラ「花子さん」から逃げながら移動する必要もある。

メダルを消費することで移動先のマスを指定したり、振るサイコロを増やしたり、ヒロインごとに設定された固有技を使うことが可能。稼いだ好意値を消費して同行しているヒロインとの相合傘を彫ることが可能で、そこを通過したり止まったりした他プレイヤーがヒロインを連れている場合、好意値を吸い取ることができる。3倍の好意値を消費すれば上書きも可能。また、相合傘に消費した好意値はゲーム終了時に還元される。

ゲーム開始時に設定した人数のヒロインと旅行を終えたプレイヤーが出た時点でゲーム終了。各ヒロインからの感想とボーナス好意値が貰える(誰からも誘われなかったヒロインからはマイナスされることもある)。全員の好意値を総合して一番好意値を稼いだプレイヤーが勝利となる。

関連商品編集

CD編集

発売日 タイトル 備考
1998年5月5日 天使にあいたくて/Keep On Smile(センチメンタルジャーニーOP&ED) CDシングル
1998年10月21日 センチメンタルジャーニーBGM全曲集<完全版> サウンドトラック
1998年12月31日 センチメンタルジャーニー ファイナル・キャラクターコレクションBOX サウンドトラック
2001年2月23日 センチメンタルジャーニー ― オリジナルサウンドドラマCD ドラマCD

LD編集

発売日 管理番号 メーカー 型番 定価(税抜) 備考
1998年9月25日 122000854001 バンダイビジュアル BEAL-1287 36000円 特典CDにはヒロインのナレーションによる後日談が収録されている。

書籍編集

  • Dセレクション センチメンタルジャーニー 12都市12少女物語(メディアワークス、1998年10月発売、ISBN 978-4073098102) - 設定資料集。

その他編集

オープニングナレーションで、島津冴子が「意味も無く眠れない夜がありますか?ふと、誰かの顔を想い浮かべる事がありますか?忘れられない想い出や、押さえ切れない気持ち。開けてください。12の切なさの扉を。」という台詞をナレーションで語っているが、この台詞には元となった台詞があり、島津によるナレーションが初出ではない。

西口有香が演じる七瀬優が「センチメンタルグラフティ オフィシャルファンクラブ CD会報」VOL.4(トラック4)で述べた「覚えていますか?私のこと。あの日のこと。そして、あの想い出を。意味も無く眠れない夜。ふと、想い浮かべるのは、あの人の笑顔。人は皆、自分の心の中に『想い出』という大切な部屋を持っています。切ない想いがいっぱい詰まった一通の手紙。その手紙が、扉を開ける鍵なのですから。開けてください。12の切なさの扉を。」のナレーションが初出である。これを部分的に切り取ってアレンジしたものが島津によるナレーションである。なお、西口演じる七瀬優が上述のナレーションを行った後にも牧島有希演じる保坂美由紀が同じくCD会報内のナレーションで同じ台詞のナレーションを行っている。

演出ミスについて編集

  • 本作はヒロインがゲーム本編の主人公にあたる「少年」と再会する1年前、すなわちヒロインたちが高校2年生の時のストーリーである。しかし、第3話において、芹沢琴音に年齢を訊かれた七瀬優が16歳でなければならない時期であるにもかかわらず、「17です」と語るシーンがある。優の誕生日は12月18日であり、ペルセウス座流星群が観られる夏の時期は誕生日前[3]なので、学校を留年していないかぎり16歳でなければならない。VHS版およびLD版などの特典として附属しているドラマCDは、アニメ本編のその後を描いたアフターストーリーであるが、アフターストーリーにおいて優が琴音との出逢いを振り返っているのは8月23日である。琴音と出逢った時期は少なくとも8月23日以前であるため、その年の誕生日はまだ迎えていない。以上のことから、アニメ本編の時期において優が17歳であることは有り得ない。
  • 同じく第3話において、優・琴音が乗り込んだ列車は急行『きたぐに』であるが、新大阪駅に停車した際に列車のヘッドマーク寝台特急はくつる』になっている。「はくつる」は上野-青森間を走る列車であり、新大阪駅に発着することは有り得ない。

脚注編集

[ヘルプ]

備考編集

  1. ^ 「うさぎ組ぐらふてぃ -インターネットTV 『月夜のうさぎ組』ホームページ集-」内の西口有香のコーナー『三度の飯より夢が好き!?』Vol.11 1998年6月9日掲載分
  2. ^ 原作小説では「小泉」という苗字がある。
  3. ^ 年によって異なるが、概ね8月12日~14日ごろに掛けて観られる場合がほとんど。

関連項目編集

外部リンク編集

テレビ東京 水曜25:45枠
前番組 番組名 次番組
AWOL -Absent Without Leave-
(1998年1月7日 - 1998年4月1日)
センチメンタルジャーニー
(1998年4月8日 - 1998年7月1日)
Night Walker -真夜中の探偵-
(1998年7月8日 - 1998年9月23日)