メインメニューを開く

セントジョン・ブロドリック (初代ミドルトン伯爵)

初代ミドルトン伯爵ウィリアム・セントジョン・フレマントル・ブロドリック英語: William St John Fremantle Brodrick, 1st Earl of Midleton, KP, PC, DL1856年12月14日 - 1942年2月13日)は、イギリスの政治家、貴族。

初代ミドルトン伯爵
セントジョン・ブロドリック
St John Brodrick
1st Earl of Midleton
1stEarlOfMidleton.jpg
生年月日 1856年12月14日
没年月日 (1942-02-13) 1942年2月13日(85歳没)
出身校 オックスフォード大学ベリオール・カレッジ
所属政党 保守党(-1891)→アイルランド統一主義者同盟英語版(1891-1919)→統一主義者反分離連盟英語版(1919-1922)
称号 初代ミドルトン伯爵、第9代ミドルトン子爵、初代ダウンズフォード子爵、ミドルトンの第9代ブロドリック男爵、ペパー・ハローの第6代ブロドリック男爵、聖パトリック勲章ナイト(KP)

内閣 第三次ソールズベリー侯爵内閣、バルフォア内閣
在任期間 1900年11月12日 - 1993年10月12日

内閣 バルフォア内閣
在任期間 1903年10月9日 - 1905年12月4日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 西サリー選挙区英語版
ギルドフォード選挙区英語版[1]
在任期間 1880年3月31日 - 1885年11月24日
1885年11月24日 - 1906年1月12日

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1907年4月18日 - 1942年2月13日[1]
テンプレートを表示

19世紀末から20世紀初期にかけての保守党政権下で閣僚職を歴任した。

1907年アイルランド貴族第9代ミドルトン子爵位を継承し、1920年には連合王国貴族ミドルトン伯爵位を与えられた。

経歴編集

 
1901年7月18日の『バニティ・フェア』に描かれた似顔絵

1856年12月14日アイルランド貴族の第8代ミドルトン子爵ウィリアム・ブロドリック英語版とその妻オーガスタ (初代コッテスロー男爵英語版トマス・フレマントル英語版の娘)の間の長男として生まれる[2][3]

イートン校を経てオックスフォード大学ベリオール・カレッジへ進学[2]

1880年から1885年まで西サリー選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務めた。ついで1895年から1906年まではギルドフォード選挙区英語版から選出された[1]

1886年から1892年にかけての第3代ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシル第2次内閣陸軍省財務長官英語版を務めた。ついで第3次ソールズベリー侯爵内閣英語版では1895年から1898年にかけて陸軍省政務次官英語版、1898年から1900年にかけて外務省政務次官英語版を務めた[2][3]

1900年11月に陸軍大臣に就任し、アーサー・バルフォア内閣期の1903年10月まで務めた[2][3]。1903年10月からインド大臣に転任し、バルフォア内閣が下野する1905年12月まで務めた[2][3]

1907年4月に父が死去し、ミドルトン子爵位以下父の保有爵位3つを継承。うち1つがグレートブリテン貴族爵位であるため、襲爵と同時に貴族院議員に列した[1]

1920年2月には連合王国貴族爵位ミドルトン伯爵位を新規に叙された[2][3]。1930年から1942年にかけてはキングストン=オン=テムズの大侍従(High Steward of Kingston-on-Thames)を務めた[2]

1942年2月13日に死去した[2][3]

栄典編集

爵位編集

1907年4月18日に父ウィリアム・ブロドリク英語版の死去により以下の爵位を継承した[2][4]

1920年2月2日に以下の爵位を新規に叙された[2][3]

  • 初代ミドルトン伯爵 (1st Earl of Midleton)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)
  • サリー州におけるダウンズフォードの初代ダウンズフォード子爵 (1st Viscount Dunsford, of Dunsford in the County of Surrey)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

勲章編集

家族編集

1880年に第10代ウィームズ伯爵英語版フランシス・チャータリス英語版の娘ヒルダと最初の結婚をし、彼女との間に以下の1男4女を儲けた[2][3]

1903年にジョン・スタンリー大佐の娘マデリーンと結婚。彼女との間に以下の2子を儲けた[2][3]

  • 第6子(次男)フランシス・アラン・ブロドリック (1910-1943) ステュワート=マッケンジーに改姓。第二次世界大戦で戦死
  • 第7子(三男)マイケル・ヴィクター・ブロドリック (1920-1943) 第二次世界大戦で戦死

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d UK Parliament. “Mr William Brodrick” (英語). HANSARD 1803-2005. 2016年8月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Lundy, Darryl. “William St. John Freemantle Brodrick, 1st Earl of Midleton” (英語). thepeerage.com. 2016年8月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j Heraldic Media Limited. “Midleton, Earl of (UK, 1920 - 1979)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月13日閲覧。
  4. ^ Heraldic Media Limited. “Midleton, Viscount (I, 1717)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月13日閲覧。

外部リンク編集

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
リー・スティア英語版
ジョージ・キュービット英語版
西サリー選挙区英語版選出庶民院議員
1880年英語版1885年英語版
ジョージ・キュービット英語版
選挙区廃止
先代:
デンゼル・ロバーツ・オンズロー英語版
ギルドフォード選挙区英語版選出庶民院議員
1885年英語版1906年
次代:
ウィリアム・ヘンリー・コーワン英語版
公職
先代:
第2代モンクスウェル男爵英語版
陸軍省政務次官英語版
1895年–1898年
次代:
ジョージ・ウィンダム英語版
先代:
ジョージ・カーゾン
外務省政務次官英語版
1898年–1900年
次代:
クランボーン子爵
先代:
第5代ランズダウン侯爵
陸軍大臣
1900年–1903年
次代:
ヒュー・アーノルド=フォスター英語版
先代:
ジョージ・ハミルトン卿
インド大臣
1903年–1905年
次代:
ジョン・モーレイ英語版
アイルランドの爵位
先代:
ウィリアム・ブロドリック英語版
第9代ミドルトン子爵
1907年–1942年
次代:
ジョージ・ブロドリック英語版
イギリスの爵位
爵位創設 初代ミドルトン伯爵
1920年–1942年
次代:
ジョージ・ブロドリック英語版