セントラルヒーティング

セントラルヒーティングとは、一箇所に給湯器熱源装置(ボイラーなど)を設置して、熱を暖房が必要な各部へ送り届ける暖房方式[1]全館集中暖房中央暖房[1]ともいう。

欧米のラジエーター
ヨーロッパのセントラル・ヒーティング・システム

日本においては石油(重油)ボイラーが主として用いられてきたが、建物の種類や規模(民家など)によっては、ガスボイラーも使われている[注釈 1]。これらのボイラー熱で湯を沸かし、循環ポンプにより各部屋へ循環させる。各部屋にはラジエーターと呼ばれる放熱器が設置される。 各部屋に設置されるラジエータは、一般的なストーブほど高温にはならないため、火傷火災の危険が少なく、ラジエータ自体からは燃焼ガスの発散が全くないので、安全性に優れる。一方、設置時に大掛かりな工事が必要となり、初期費用がかさむことが多い。

発祥編集

古来から古代ローマではハイポコーストロシアにはアタプレーニエおよびペチカと呼ばれるシステムが存在する。

近代的なセントラルヒーティングの発祥は欧米である。20世紀初頭から欧米の都市ではガス、電気、水道などの供給と共に蒸気の供給も行っている。 初期においてこの蒸気は発電の副産物であり、発電所が供給していた。緯度的に北に位置する欧米都市では、町ぐるみで暖房と給湯に取り組む必要があったため、このような設備が生まれた。 この蒸気を各戸へ分配するシステムがセントラルヒーティングであり、ビルディング等の建設時に、あらかじめ地下に蒸気を温水へと熱交換するボイラーが設置され、温水が作られた。 温水はビル内の各所へ分配され、暖房と給湯を成していたのである。

なお、日本において都市が蒸気の供給を行っているのは現在、札幌市釧路市など一部都市に限られている。

方式編集

現在の日本におけるセントラルヒーティングの方式は、温水セントラルと温風セントラルに分けられる。

温水セントラル編集

 
温水セントラルのボイラー室

一般にセントラルヒーティングといえば、この方式を指す。1975年頃まで北海道では石炭と石油(軽油)方式が主に使われ、その後油(重油)や電気、ガスのボイラーで作られた温水を各部屋に分配しラジエータを用いて空気への熱変換、また放射熱への変換を行い暖房する。 利点は、媒体が水であるため、比熱が高く、ある程度長距離の配管を行っても熱損失が少ない事により、比較的大きな建物の暖房を行える点にある。 欠点は、ラジエータや配管の気密性への配慮などでイニシャルコストが増大してしまう点にある。特に戦後より北海道を中心とした住宅、また日本全土のビルディングや主として1980年代までの重厚なデラックスマンションで用いられてきた。 近年(2000年代)以降の北海道内の住宅では、標準的な装備となっている。このほか、1980年代に入ると電気温水器を使用した個別セントラル方式(給湯&暖房)のマンションや、近年は同じく熱源が電気でも、ヒートポンプによって温水を作る方式も存在する。

温風セントラル編集

石油もしくは電気、ガスなどを用いて空気を暖め、各部屋に分配するシステムである。FF式ファンヒーターの巨大版とも言え、実際にFF式ファンヒーターを熱源とするものも存在する。利点は、媒体が空気であるため、配管の気密性をさほど重点としなくて良い点、熱源に拘らず暖かい空気であれば何でも熱源として使える点などがある。反面、比熱の低い空気は長距離の引き回しに適当ではなく、小規模な建築でしか使用できない点が欠点となる。アパートやマンションの暖房などに採用例がある他、本州東北部の新築住宅でも積極的な採用が見られる。北海道の新築住宅では、2000年以前に採用例が見られたものの、現在は姿を消している。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 灯油が割安な北海道などの寒冷地を除く。

出典編集

  1. ^ a b 名古屋税関管内における“石油ストーブ”の輸出 名古屋税関調査統計課、2020年4月18日閲覧。

関連項目編集