メインメニューを開く

セントラル・インテリジェンス

セントラル・インテリジェンス』(Central Intelligence)は、2016年アメリカ合衆国アクションコメディ映画。監督はローソン・マーシャル・サーバー英語版、主演はドウェイン・ジョンソンケヴィン・ハートが務めた。

セントラル・インテリジェンス
Central Intelligence
監督 ローソン・マーシャル・サーバー英語版
脚本 アイク・バリンホルツ
デヴィッド・スタッセン
ローソン・マーシャル・サーバー
原案 アイク・バリンホルツ
デヴィッド・スタッセン
製作 スコット・ステューバー
ピーター・プリンシパト
ポール・ヤング
マイケル・フォトレル
製作総指揮 トビー・エメリッヒ
リチャード・ブレナー
サミュエル・J・ブラウン
マイケル・ディスコ
エド・ヘルムズ
出演者 ドウェイン・ジョンソン
ケヴィン・ハート
音楽 セオドア・シャピロ
ルドウィグ・ゴランソン
撮影 バリー・ピーターソン英語版
編集 マイク・セール
ブライアン・オールズ
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
ラットパック=デューン・エンターテインメント
パーフェクト・ワールド・ピクチャーズ
ブルーグラス・フィルムズ
プリンシパト=ヤング・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
世界の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 REGENTS/インターフィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年6月17日
日本の旗 2017年11月3日
上映時間 107分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $216,972,543[3]
アメリカ合衆国の旗 $127,440,871[3]
テンプレートを表示

ストーリー編集

1996年。高校生のカルヴィン・ジョイナーは運動部で活躍しモテモテだった。全校集会でカルヴィンがスピーチをしている最中、トレヴァー・オルソン率いるいじめっ子たちが全裸でずぶ濡れのロビー・ウィアディクトをホールに放り込んできた。言うまでもなく会場は騒然となり、ウィアディクトは恥辱のあまり涙目になっていた。その場にいた生徒のほぼ全員がウィアディクトの姿を面白がったが、カルヴィンとその彼女であるマギーだけは彼のことを労るのだった。

2016年。カルヴィンはマギーと結婚し、フォレンジック会計の専門家として生計を立てていたが、人気者であった高校時代を思い出しては[4]自身の現在の地位には満足していなかった。また、マギーとの仲も冷え切っており、「カウンセリングを受けましょう」と提案される始末だった。仕事場でFacebookを開いたカルヴィンはボブ・ストーンという人物から友達申請が来ていることに気が付いた。ストーンは「故あってこの名前を使っているが、俺はロビー・ウィアディクトだ。是非一度会いたい。」というメッセージを送ってきた。20年ぶりにウィアディクトに再会したカルヴィンは仰天した。ひ弱だったはずのウィアディクトは筋骨隆々としており、しかもCIAのエージェントとして働いているのだという。カルヴィンはウィアディクトから「ある人物の支払い記録を精査してほしい」と依頼された。カルヴィンが調べてみるとオークションの支払いという名目で数百万ドルの金が動いていたことが判明した。カルヴィンは「これは何だ」とウィアディクトに尋ねたが、彼は答えをはぐらかすばかりであった。

翌朝、パメラ・ハリス率いるCIAチームがカルヴィンの自宅に乗り込んできた。ハリスは「ストーンというエージェントを探している。こいつはとても危険な男だ。人工衛星の機密コードを裏社会のオークションで売却しようとしている。」とカルヴィンに言った。しかし、すでにストーンはカルヴィンの自宅から逃げ出していた。その後間もなくして、カルヴィンはストーンに誘拐されてしまった。ストーンは「俺はブラック・バッジャーという名前の犯罪者を追っている。奴が人工衛星の機密コードを売却するのを何としてでも阻止せねばならない。そのためには君の専門知識が必要なんだ」とカルヴィンに言った。しばらくして、2人は殺し屋集団に襲われることとなった。その混乱に乗じてカルヴィンは脱走し、マギーに電話をかけ「カウンセリングのオフィスで会おう」と言った。オフィスへ向かう途中、カルヴィンはハリスに遭遇した。ハリスは「ストーンは相棒だったフィル・スタントンという男を殺した。スタントンこそブラック・バッジャーだ。奥さんの身を守るためにも、今回の一件は口外しない方が良い。」とカルヴィンに警告し、緊急連絡用のアラートを渡した。カウンセリングルームに入ったカルヴィンは驚愕した。何と、カウンセラーとして座っていたのはストーンであった。

成り行きでストーンに協力せざるを得ない状況に追い込まれたカルヴィンだったが、誰の言っていることが真実なのか判断できずにいた。それどころか、一緒に行動しているストーンが本当にかつてのいじめられっ子、ウィアディクトなのかすら自信を持てなかった。そんなカルヴィンにハリスから電話がかかってきた。ハリスは「もしストーンの逮捕に協力しないなら、貴方の奥さんを逮捕しますよ」と脅迫してきた。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

製作・公開編集

ユニバーサル・ピクチャーズ2010年に本作の企画にゴーサインを出したが、本格的な作業に着手することができたのは2015年のことであった。

本作の主要撮影2015年5月6日にジョージア州アトランタで始まり、7月中に終了した。なお、ロケはマサチューセッツ州でも行われた[5][6]。ドウェイン・ジョンソンとケヴィン・ハートはロケ中に撮影した写真をInstagramで公開している[7]

2016年6月10日、本作はリージェンシー・ヴィレッジ・シアター英語版でプレミアを迎えた[8]

興行収入編集

本作は『ファインディング・ドリー』と同じ週に公開され、公開初週末に3000万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが[2]、実際の数字はそれを上回るものであった。2016年6月17日、本作は全米3508館で封切られ、公開初週末に3553万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった[9]

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには171件のレビューがあり、批評家支持率は70%、平均点は10点満点で5.7点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「ケヴィン・ハートとドウェイン・ジョンソンはコメディ映画にうってつけの俳優である。2人が織りなす見事なケミストリーのお陰で、『セントラル・インテリジェンス』は脚本のお粗末さを乗り越えた。」となっている[10]。また、Metacriticには35件のレビューがあり、加重平均値は52/100となっている[11]。なお、本作のシネマスコア英語版はA-となっている[12]

ローリング・ストーン』のピーター・トラヴァースは本作に4つ星評価で星2つを与え、「もし首尾一貫したストーリーを期待しているのなら、色んな意味でそれは間違っている。『セントラル・インテリジェンス』は終始間延びしている。ただ、それでも見る価値はある。ケヴィン・ハートとドウェイン・ジョンソンの掛け合いが面白いのは間違いないのだから。」と評している[13]

出典編集

外部リンク編集