セントロ地方 (ポルトガル)

セントル地方Região Centro)は、ポルトガル中央の地方。中心都市はコインブラである。他にアヴェイルヴィゼウレイリーアクヴィリャンカシュテル・ブランクフィゲイラ・ダ・フォシュグアルダカルダシュ・ダ・ライーニャの都市を含む。2005年現在での地方内の人口は2,376,609人。

セントル地方

地理編集

セントルは多種多様な風景を持つ。奥地は高地のある山地であり、エストレーラ山脈に縁取られる。マツチェスナットの豊富な森がある。緑に溢れた大地に河川が交差する。山の麓の渓谷は、釣りやテニスカヌーといった充実したアウトドアの楽しみを持つ。冬季には、エストレーラ山脈でのスキーが一番の人気だが、セイア近郊の町では本格的な冬の前に人工雪を降らせてスキーが楽しめる。海岸部にはミラ、フィゲイラ・ダ・フォシュ、ナザレピニーシアヴェイルといったいくつかの砂浜がある。セントルの目印となるのは、エストレーラ山脈自然公園、モンデーグ川、リア・ディ・アヴェイル潟などとともにポルトガル最高峰のエストレーラ山脈である。

準地域編集

10の下位地域がある。