メインメニューを開く

セント・アイブス』(原題:St. Ives)は、1976年制作のアメリカ合衆国スリラー映画

セント・アイブス
St. Ives
監督 J・リー・トンプソン
脚本 バリー・ベッカーマン
原作 オリヴァー・ブリーク
(「強盗心理学」より)
製作 パンチョ・コーナー
スタンリー・S・カンター
出演者 チャールズ・ブロンソン
ジャクリーン・ビセット
ジョン・ハウスマン
マクシミリアン・シェル
音楽 ラロ・シフリン
撮影 ルシアン・バラード
編集 マイケル・S・アンダーソン
製作会社 ワーナー・ブラザース
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年9月1日
日本の旗 1976年7月31日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ロス・トーマスがオリヴァー・ブリーク名義で書いた小説「強盗心理学」(The Procane Chronicle)の映画化[1]J・リー・トンプソンチャールズ・ブロンソンが初めてコンビを組んだ作品[2]

目次

あらすじ編集

新聞記者から小説家に転向したものの、一向にうだつの上がらないレイモンド・セント・アイブスのもとにある日、知り合いの弁護士マイロン・グリーンから驚くべき依頼が舞い込む。大富豪アブナー・プロケインが日記を盗まれ、犯人から現金10万ドルと引き換えに返すという要求がきたのだが、その現金の持参人になぜか彼を指定してきたというのだ。

1万ドルの仲介料でそれを引き受けたセント・アイブスは指定の場所に向かうが、そこには男の死体が転がっており、そこへ駆けつけた刑事に逮捕されてしまう。知り合いの刑事の口添えで釈放された彼に、プロケインの使いと名乗るジャネットという謎のありそうな美女が近づいてくる。セント・アイブスはこの事件の裏には何かがあるとにらむ。

やがて、犯人から再び日記と現金との引き換え要求が来る。セント・アイブスは再び現金の持参人となり、今度は引き換えに成功する。しかし、プロケインによると、中の4ページが抜きとられているという。実はその日記はプロケインが計画して実行された盗みの全記録で、問題の4ページには新たに彼が計画中の盗みのプランの詳細が記されていたらしいのだ。

セント・アイブスにプロケインは奇想天外な話を持ちかけた。彼が今計画中の盗みを目撃して、それを基に小説を書いてみないかというのだ。そして、その新たな計画が実行に移されるのだが…。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
フジテレビ テレビ朝日
レイモンド・セント・アイブス チャールズ・ブロンソン 大塚周夫
ジャネット・ホイッスラー ジャクリーン・ビセット 鈴木弘子
アブナー・プロケイン ジョン・ハウスマン 宮川洋一
ジョン・コンスタブル マクシミリアン・シェル 有川博 羽佐間道夫
ディール ハリー・ガーディノ 小林清志
オラー ハリス・ユーリン 村越伊知郎
ブラント ダナ・エルカー 雨森雅司
エディ エリシャ・クック・Jr
マイロン・グリーン マイケル・ラーナー
フラン バー・デベニング
ジョニー・パリシ ダニエル・J・トラヴァンティ
カミンズ ヴァル・ビソリオ
暴漢 ロバート・イングランド
暴漢 ジェフ・ゴールドブラム

脚注編集

外部リンク編集