センブリ

リンドウ目リンドウ科の植物

センブリ(千振、学名Swertia japonica (Schult.) Makino[2])は、リンドウ科センブリ属分類される二年草[1]の一種。薬草として利用され、生薬名及び別名[4]当薬(とうやく)。

センブリ
センブリ(2013年10月12日、伊吹山)
センブリ(2013年10月・伊吹山
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: リンドウ目 Gentianales
: リンドウ科 Gentianaceae
: センブリ属 Swertia
: センブリ S. japonica
学名
Swertia japonica (Schult.) Makino[1][2]
シノニム
和名
センブリ(千振)
変種
  • ヒロハセンブリ S. japonica (Schult.) Makino var. latifolia Konta[3]

名称編集

和名センブリの名前の由来は、全草が非常に苦く、植物体を煎じて「千回振出してもまだ苦い」ということから、「千度振り出し」が略されて名付けられたとされている[5][6][7][8]。その由来の通り非常に苦味が強く、最も苦い生薬(ハーブ)といわれる。

別名は、トウヤク(当薬)、イシャダオシ(医者倒し)ともよばれる[9]。別名の当薬(とうやく)は、試しに味見をした人が「当(まさ)に薬である」と言ったという伝説から生まれたとされる[5]

中国植物名は、日本獐牙菜(にほんしょうげさい)という[6]

花言葉は、「はつらつとした美しさ」である[9]

分布編集

中国朝鮮半島日本に分布する[4]。日本では、本州関東地方以西、四国九州にかけて広く分布する[10]丘陵地マツ林などに多く[5]、日当たりが良く、やや湿り気のある山野の草地に生育する[1][4][8]。先駆植物(パイオニア植物)としても知られ、湿った切り通しの斜面に生えることもある[7]

脚本家で知られる田中澄江は著書『花の百名山』で、高鈴山を代表する花として紹介し[注釈 1][11]、著書『新・花の百名山』で熊野路を代表する花として紹介した[12]

特徴編集

小型の二年生草本(越年草)[13]。草丈は5 - 20 センチメートル (cm) で[7]、1年目は発芽した芽が地面近くに2 - 4枚出した根生葉ロゼット状に広げて冬を越し、2年目にが立ち上がる[5]。茎は単立するか、根元から数本に分かれて生える[13]。茎は薄紫色を帯び[1]、太さは1 - 2 ミリメートル (mm) で断面はやや四角い[13]は、根葉が倒披針形、茎葉は1 - 3 cmほどの細長い線形で幅は約2 mm[10]、無柄にて対生する[13][8]

花期は秋(8 - 11月)で、分かれた枝先に円錐状の花序をつくり、上向きに5弁の白いを咲かせる[13][7]。花径は2 - 3 cm[9]花冠は深く5裂し、花弁は長卵形、縦に淡紫色の脈が5本がある[13][8]。内面の基部に蜜腺溝があり、2個の蜜腺の周囲には細い長毛が生える[13][1]。5枚の萼片は、線形で尖り[8]、長さは5 - 11 mm[1]朔果は花冠よし少し長く、種子はやや円い[1]は黄色を帯びる[8]

花、葉、茎、根の全草のすべてが極めて苦い[13][4]

利用編集

センブリ
生薬・ハーブ
効能 健胃薬
原料 センブリ
成分 KEGG参照
臨床データ
法的規制
投与方法 経口(粉末、湯液)
識別
KEGG E00030 D04385
別名 トウヤク
テンプレートを表示

ゲンノショウコドクダミと共に日本の三大民間薬の一つとされていて[14]、昔から苦味胃腸薬として使われてきた、最も身近な民間薬の一つである[15][10]1856年飯沼慾斎は『草木図説』でセンブリについて、「邦人採テ腹痛ヲ治シ、又ヨク虫ヲ殺ス」と書いている。

薬には開花期の全草が用いられ[4]、秋に開花している全草を刈り取って天日乾燥したものが生薬になり、当薬(とうやく)と称されている[13]。薬効は、内用に苦味健胃、胃腸虚弱、消化不良、胃痛、下痢腹痛、食欲不振、また外用には抜け毛、ふけ性発毛とされる[6][15][16][13]日本薬局方に収載されている苦味チンキセンブリ末の材料のひとつで[1]、日本固有の生薬であり、漢方薬には用いられない。

民間では、煎じるときは、健胃に全草の0.3 - 1.5グラムを水200 - 600 ccで半量になるまでとろ火で煮詰めた汁を1日3回に分けて食前か食後に服用し、また散材粉末では1回量0.03 - 0.05グラムを水または湯で服用する用法が知られている[5][13]。胃腸をかなり冷やす作用があるため連用は避けて頓服として用いて、妊婦や胃腸を冷やしやすい人への服用は禁忌とされている[6]。また脱毛には、局方アルコールまたは35度の焼酎100 ccあたり全草5 - 7.5グラムを、密栓して冷暗所に1か月から3か月ほど漬け込んだアルコール浸液を、1日1回少量を手のひらに取って、発毛させたい部分にマッサージするようにすり込んで塗布する[5][6][13]。市販の養毛液や[10]マスカラ眉墨などの化粧品にも配合されている[15]

花期の全草には、苦味成分のスウェルチアマリンスエロサイドスウェロサイド)、アマロゲンチンアマロスエリンアマロスウェリン)、ゲンチオピクロサイドなどの苦味配糖体(くみはいとうたい)や、オレアノール酸トリテルペノイドを含み[5][15]。中でもアマロスエリンは天然物で屈指の苦い物質である。苦味配糖体は、口内の味覚神経を刺激して、唾液や胃液の分泌を促し、胃粘膜に直接作用して消化機能を高める効果があるといわれている[5]

観光地のおみやげ店などで、乾燥したものが売られていることを見かけるが、乾燥品は医薬品と見なされるので、医薬品医療機器等法許可なく販売すると同法違反になる。センブリを使ったセンブリは非常に苦い。

栽培と生産編集

山野草として苗が市販されている。水はけのよい半日陰地を好むが、栽培は大変難しい[13]。種子を晩秋に採取して春に床蒔きし、寒冷紗でトンネル状に覆って湿度を保ち、夏は乾燥に注意を要する[13]

医薬品などに利用されているセンブリは全量日本国内で生産されている。従来は野生の株の採集のみを行っていたが、研究の結果栽培に成功し[5]、昭和50年台初頭から長野県で本格的な生産が始められ、生産当初の価格は1 kgあたり30,000円ほどであった[15]1973年(昭和48年)から長野県の野菜花き試験場佐久支場で、発芽技術などのセンブリの栽培技術研究が開始された[17][18]1981 - 2002年の国内総生産は年間30 t程度が最大で、長野県と高知県農家で契約栽培されている[19]2007年には、長野県ではセンブリさび病[20](学名は Uredo sp. だが未確定[21])などにより生産量が大幅に減少した[19]

「センブリ」にまつわる話編集

当薬を胃薬に用いるようになったのは、蘭学に影響しているといわれている。シーボルトが、近江路の製薬所で俵に入ったセンブリを「ゲンチアナ」と間違えたという逸話がある。ヨーロッパでは、ゲンチアナのような苦い薬を、胃腸薬に使用していた。

しかし、上記の苦味配糖体以外には、特に薬効成分は含まれておらず、苦味が舌を刺激して、食欲増進などに効果があると言われるほかには、特に胃の疾患には効果がない。それでも胃の万能薬としてもてはやされているのには、「苦ければ胃によく、漢方薬である」という誤解が氾濫しているからだと考えられる[要出典]

しかし近年、センブリのもつ胃腸への作用は、センブリの成分であるスウェルチアマリンがドーパミンD(2)レセプターを阻害することで起こるということが研究によりわかっている[22]。 また、センブリのメタノール抽出物は抗コリン作用で胃腸に働きかける。その効果を詳細に調査するためにカラムクロマトグラフィーで分画し、その成分を調べたところ30%のスウェルチアマリンが含まれていることが報告されている[23]

種の保全状況評価編集

日本の以下の都道府県で、レッドリストの指定を受けている[24]。多数の都道府県で、草地の開発[25]、森林開発、生育環境の自然遷移、園芸目的の採集、薬草の採集[17][26]などにより減少傾向にある[27][28]阿蘇くじゅう国立公園瀬戸内海国立公園耶馬日田英彦山国定公園祖母傾国定公園などの指定植物であり、その採集は禁止されている[26]

近縁種編集

葉の幅が広い変種ヒロハセンブリ(学名:Swertia japonica (Schult.) Makino var. latifolia Konta)が東京都八丈島で確認されている[3]。花冠が薄紫色の近縁種のムラサキセンブリ(紫千振、学名:Swertia pseudochinensis H.Hara[32])がある[8]

近縁種のイヌセンブリは生薬名「淡味当薬(たんみとうやく)」、ムラサキセンブリでは生薬名「獐牙菜(しょうげさい)」と称しており、ムラサキセンブリの薬効はセンブリに類似している[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 田中澄江の『花の百名山』は、1980年昭和55年)に第32回読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞した作品。
  2. ^ 千葉県のレッドリストのカテゴリーの一般保護生物 (D) は、環境省の準絶滅危惧 (NT) 相当。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 佐竹 (1981)、35頁
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Swertia japonica (Schult.) Makino”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年10月19日閲覧。
  3. ^ a b 近田 (2005)、63-65頁
  4. ^ a b c d e 高村 (2005)、239頁
  5. ^ a b c d e f g h i 田中孝治 1995, p. 92.
  6. ^ a b c d e f 貝津好孝 1995, p. 42.
  7. ^ a b c d 大嶋敏昭監修 2002, p. 242.
  8. ^ a b c d e f g 林 (2009)、254頁
  9. ^ a b c 主婦と生活社編 2007, p. 115.
  10. ^ a b c d 川原勝征 2015, p. 127.
  11. ^ 田中 (1997)、33 - 36頁
  12. ^ 田中 (1995)、317-319頁
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n 馬場篤 1996, p. 72.
  14. ^ シーボルトによる日本民間薬の調査”. 長崎大学薬学部. 2013年10月19日閲覧。
  15. ^ a b c d e 兼子 (2013)、8頁
  16. ^ センブリ”. 武田薬品工業. 2013年10月19日閲覧。
  17. ^ a b 兼子 (2013)、9頁
  18. ^ 宮沢 (1975)、153頁
  19. ^ a b 兼子 (2013)、10-11頁
  20. ^ 藤永 (1999)、411頁
  21. ^ センブリさび病
  22. ^ http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21571047
  23. ^ http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1943170
  24. ^ 日本のレッドデータ検索システム「マネキグサ」”. エンビジョン環境保全事務局. 2013年10月19日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  25. ^ a b 京都府レッドデータブック・センブリ”. 京都府 (2002年). 2013年10月19日閲覧。
  26. ^ a b c レッドデータブックおおいた・センブリ”. 大分県 (2011年). 2013年10月19日閲覧。
  27. ^ a b いしかわレッドデータブック植物編2010・センブリ (PDF)”. 石川県 (2010年). 2013年10月19日閲覧。
  28. ^ a b 香川県レッドデータブック・センブリ”. 香川県 (2004年3月). 2013年10月19日閲覧。
  29. ^ 東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)2010年版 (PDF)”. 東京都. pp. 32 (2010年). 2013年10月19日閲覧。
  30. ^ 埼玉県レッドデータブック2011植物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 142 (2011年). 2013年10月19日閲覧。
  31. ^ 千葉県レッドデータブック-植物・菌類編(2009年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 324 (2009年). 2013年10月19日閲覧。
  32. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Swertia pseudochinensis H.Hara”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年10月19日閲覧。

参考文献編集

  • 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』成美堂出版〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、242 - 243頁。ISBN 4-415-01906-4
  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、42頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 兼子まや「薬用植物センブリ・ミシマサイコ 生産の効率化に関する研究 (PDF) 」、千葉大学、2013年1月。
  • 川原勝征『食べる野草と薬草』南方新社、2015年11月10日、127頁。ISBN 978-4-86124-327-1
  • 高村忠彦(監修)『季節の野草・山草図鑑―色・大きさ・開花順で引ける』日本文芸社〈実用BEST BOOKS〉、2005年5月。ISBN 4537203676
  • 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、92頁。ISBN 4-06-195372-9
  • 田中澄江新・花の百名山文藝春秋、1995年6月。ISBN 4-16-731304-9
  • 田中澄江『花の百名山文春文庫、1997年6月。ISBN 4-16-352790-7
  • 近田 文弘 (2005-06-22). “東京都八丈島で見出されたセンブリの新変種ヒロハセンブリ” (英語). Bulletin of the National Science Museum. Series B, Botany (国立科学博物館) 31 (2). NAID 110004665680. http://www.kahaku.go.jp/research/publication/botany/v31_2.html. 
  • 『日本の野生植物 草本III合弁花類』佐竹義輔大井次三郎北村四郎、亘理俊次、冨成忠夫、平凡社、1981年10月。ISBN 4582535038
  • 主婦と生活社編『野山で見つける草花ガイド』主婦と生活社、2007年5月1日、115頁。ISBN 978-4-391-13425-4
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、72頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 林弥栄『日本の野草』山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、2009年10月。ISBN 9784635090421
  • 藤永真史、佐藤豊三、柳沢一馬、荒井好郎「Uredo sp. によるセンブリさび病(新称)」『日本植物病理學會報』第65巻第3号、日本植物病理学会、1999年6月25日、 NAID 110002733518
  • 宮沢洋一、萩原博司「センブリの栽培研究(第1報) : 発芽について」『生薬学雑誌』第29巻第2号、日本生薬学会、1975年12月20日、 NAID 110008907765

関連項目編集

外部リンク編集