セヴァストポリの戦い (第二次世界大戦)

セヴァストポリの戦い(セヴァストポリのたたかい、ロシア語: Битва за Севастополя)は、1941年9月から1942年7月にかけての、クリミア半島セヴァストポリ要塞をめぐる枢軸国軍とソ連軍の戦闘である。

セヴァストポリの戦い
Eastern Front 1941-12 to 1942-05.png
セヴァストポリ侵攻時の戦線
戦争第二次世界大戦東部戦線
年月日:1941年9月から1942年7月
場所クリミア半島ソビエト連邦
結果:枢軸国軍の勝利
交戦勢力
Flag of the NSDAP (1920–1945).svg ドイツ
Flag of Romania.svg ルーマニア王国
Flag of Italy (1861–1946).svg イタリア王国
Flag of the Soviet Union (1924–1955).svg ソビエト連邦
指導者・指揮官
Flag of the NSDAP (1920–1945).svg エーリッヒ・フォン・マンシュタイン
Flag of Romania.svg ゲオルゲ・アヴラメスク
Flag of Italy (1861–1946).svg フランチェスコ・ミンベッリ
Flag of the Soviet Union (1924–1955).svg ドミトリー・コズロフ
Flag of the Soviet Union (1924–1955).svg イワン・ペトロフ
Flag of the Soviet Union (1924–1955).svg ゴーディ・レフチェンコ
Flag of the Soviet Union (1924–1955).svg フィリップ・オクチャーブリスキー
戦力
350,000以上 106,000
損害
100,000 以上戦死、負傷および捕虜 11,000 戦死、95,000 捕虜
独ソ戦

背景編集

クリミア半島南西部のセヴァストポリには、ロシアの黒海艦隊の母港があり、これをめぐって歴史的に幾度も戦いが行われた。1920年には、半島付け根のペレコープ地峡で、ミハイル・フルンゼの赤軍とピョートル・ヴラーンゲリの白軍の間で、最終決戦が行われ、敗れた白軍は国外に脱出し、ロシアの内戦は赤軍の勝利で終わった。

バルバロッサ作戦計画自体には、特段にクリミアについての記述はなかった。しかし、開戦後に、ソ連黒海艦隊(フィリップ・オクチャーブリスキー中将)の爆撃機が、ルーマニアのプロエシュチ油田やコンスタンツァを爆撃したので、ヒトラーの関心を引きつけることになった。

黒海艦隊航空隊によるプロエシュチ爆撃の10日後の1941年7月23日に出された総統指令第33号では、クリミアを占領することが記述されていた。8月12日付けの総統指令34号の補則では、更に踏み込んで、"ルーマニアの油田に対する脅威を除くため、クリミアは占領されなければならない”と記されていた。

オデッサには、ソ連の独立沿岸軍が籠城していたが、これの攻略はルーマニア軍の担当となり、黒海沿岸を進撃するドイツ第11軍(オイゲン・フォン・ショーベルト上級大将)は、8月30日に、ドニエプル河を渡河し、クリミア半島に近づきつつあった。

ソ連側では、8月12日に、クリミア防衛のための第51軍(フョードル・イシドロヴィッチ・クズネツォフ大将)が新設されたが、半分近くの部隊は、在クリミアではなく移送が必要だった。同時に、スタフカにより、黒海艦隊は、第51軍の指揮下に置かれることになった。

9月12日、第11軍のLIV軍団(エリック=オスカー・ハンセン騎兵大将)の先頭部隊は、ペレコープ地峡北のソ連軍陣地前に到達した。同日、第11軍司令官ショーベルト上級大将は、乗機のフィーゼラー・シュトルヒがソ連軍地雷原に不時着し、爆死した。この為、同日、ヒトラーは、その後任に、エーリッヒ・フォン・マンシュタイン歩兵大将を充てた。

戦いの推移編集

ペレコープ地峡 - 1941年秋編集

マンシュタインは、第11軍司令部に赴任するとともに、作戦の重心をクリミアにおき、XXX軍団(メリトポリ方面)より砲兵と戦闘工兵を抜き、LIV軍団(クリミア方面)へ増強した。LIV軍団の2個師団(46と73)は、攻勢用弾薬の集積を待ち、9月24日にペレコープ地峡のソ連軍防衛線の攻撃を開始した。ソ連軍は、第156師団の約9000人が防衛陣地に籠もっていた。26日昼には、第73師団の先頭部隊は、主陣地のタタールの壁を西側で破り、その背後のアルミャンスク集落まで到達した。28日まで、ソ連第51軍予備隊とドイツLIV軍団の間で、アルミャンスク集落とタタールの壁をめぐっての争奪戦が続いたが、28日夕にはドイツ側が占領し、ソ連軍は、約20km南方のイシュンの防衛線(クリミア半島北部での最後の防衛線だが兵員配置されていない)へ撤退を始めた。

29日には、ソ連側ではクズネツォフとオクチャブリスキーの要請に答えて、スタフカは善戦していたオデッサの防衛を諦めて、オデッサの独立沿岸軍(約6個師団相当)をクリミアの防衛に転用する事にした。最初のオデッサ防衛部隊は10月5日に、海路でクリミアへ向かった。

一方、ドイツ側では、マンシュタインは南方軍集団司令部を説得して、第11軍の担当範囲をクリミアだけとすることに成功したが、そのかわりに、XXXXIX山岳軍団とLSSAH師団(連隊規模)を、第1装甲集団に引き渡すハメになった。

ペレコープ地峡の戦いで、両軍ともに大きな損害を受け、ドイツ軍側は攻勢を取れる状況にはなかった。イシュンの防衛線を巡る戦闘は、10月18日から10月26日まで続いたが、最終的には、ドイツ軍が防衛線を占領し、ソ連第51軍の残余はケルチ半島方面へ、海軍歩兵部隊を含む独立沿岸軍はセヴァストポリを目指して撤退を始めた。

スタフカは、10月22日にクズネツォフを解任し、在クリミアの陸海空総司令官に、ゴーディ・レフチェンコ海軍中将を任命した。レフチェンコは、1917年の2月革命以来の輝かしい党員歴を持っていたが、軍レベルの地上戦指揮経験はなかった。[1]

ソ連軍は、ペレコープ地峡、イシュンの防衛線にすべてをつぎ込んでいたので、この時点でセヴァストポリ要塞は、十分な守備要員を持たない状況であったが、ドイツ軍も大損害を受けており、自動車化されていなかったので、退却しているソ連軍に先んじてセヴァストポリ要塞を奪取することは出来なかった。

セヴァストポリ攻囲 - 1941年冬編集

ソ連軍のケルチ再上陸 - 1941年冬編集

モスクワ前面でのドイツ軍の敗退を過剰に評価したスターリンは、ドイツ軍に攻囲されているセヴァストポリの救出を計画するようスタフカに指示した。反攻案はケルチ半島に上陸して、ドイツ軍を駆逐しセヴァストポリへ向かうというものである。計画の予定より1週間遅れて、12月26日にトランスコーカサス方面軍の第44軍は黒海艦隊の支援の元、ケルチ(半島先端部)周辺に上陸した。悪天候や適切な上陸用舟艇の欠如、ソ連軍指揮官の上陸作戦についての経験不足から、2日で2万人を揚陸する予定が実際には5日もかかっており、更に大量の重装備が失われた。29日には第51軍が半島北東部に上陸した。ソ連軍の拙劣な上陸作戦により、上陸後は半島東部に多数の脆弱な橋頭堡が形成されている状況であった。

一方、ドイツ軍側では第42軍団がケルチ半島の一部を守備しており、半島には主要な戦闘部隊として第46歩兵師団とルーマニア軍の2個騎兵旅団があるだけだった。12月29日、第42軍団長グラーフ・フォン・シュポネック中将は誤った状況報告を元に第46歩兵師団に半島基部のパルパック地峡まで撤退するよう命令した。マンシュタインは、この命令を取り消して現在地で踏みとどまるよう命令したが、既に軍団司令部が移動していたため無線連絡がとれず、シュポネックの撤退命令は有効なままだった。マンシュタインはシュポネックを解任し、ヒトラーも彼を軍法会議に送った。事態を重く見たヒトラーは、空軍の指揮系統を無視して第8航空軍団ウォルフラム・フォン・リヒトホーフェン空軍大将を直接呼び出し、1週間の間その全力をもってケルチのソ連軍橋頭堡を封じ込めるよう命じた。第46歩兵師団は機動力がなく、撤退の過程で戦力を大幅に損耗してしまった。ソ連軍は12月末までにケルチとフェオドシヤを占領したが、ソ連軍指揮官は攻勢作戦について経験不足で、防衛側に有利な山岳地形という事もあって緒戦の戦果を拡大することはできず、翌1月にはフェオドシヤ西部で膠着状態に陥った。

ドイツ軍によるケルチ奪回 - 1942年春編集

枢軸軍によるセヴァストポリの海上封鎖 - 1942年春・夏編集

1941年の攻防戦を通じて、クリミアのドイツ軍が補給難で苦しんでいたのに比べて、ソ連黒海艦隊による海上補給は大きな妨害を受けておらず、ソ連軍は補給面では優位にあった。この問題は、ドイツ側でも認識されていて、ソ連軍の海上補給路を断つための努力がなされることになった。黒海沿岸唯一の枢軸国であるルーマニアの海軍は、小規模な沿岸海軍でソ連黒海艦隊には対抗できなかった。黒海に、ボスポラス海峡ダーダネルス海峡を通って独伊の海軍艦艇を入れることは、トルコが中立である限り出来なかった。

1942年1月に、KG100第1飛行隊がクリミアに派遣されたが、この部隊は雷装可能なHe111爆撃機を装備しており、艦船攻撃の訓練を受けていた。

更に、1月に、イタリア海軍は、フランチェスコ・ミンベッリ大尉を指揮官とする海軍航空隊、4隻のMASと6隻の豆潜水艦からなる部隊を黒海に送ることにし、4月にはこれらの部隊は、フェオドシアとヤルタに基地をもうけ作戦行動可能になった[2]。ドイツ海軍もSボートの1個分隊を送ることにしたが、大型のSボートはそのままでの陸上輸送は出来ず、分解してドナウ河をつかってコンスタンツァまで運び、組み立てる必要があった。2隻のSボートは6月に作戦行動可能となった[3]。更に、4月には、同じ様に6隻のIIB型Uボートを分解してコンスタンツァまで運んで、組み立てる作業を始めた。しかし、最初のU-9が作戦行動可能になったのは、セバストポリ陥落後の1942年10月であった[4]

1942年春以降は、ドイツ空軍による海上パトロールは強化されて、船足の遅い貨客船での補給は困難になり、セバストポリの守備軍は、日本軍の鼠輸送のように夜間の海軍艦艇による補給に頼ることになった。

セヴァストポリ攻囲 - 1942年夏編集

 
破壊された沿岸砲台30(ドイツ軍呼称Maxim Gorki I)の全周式30.5cm二連装砲塔。(戦後復元され三連装砲塔に改修されている。)

6月7日、セヴァストポリを再度包囲したドイツ軍であったが、ケルチ半島での戦闘の間に要塞北面の地峡にはソ連軍によって多数の要塞砲が配置され、中でもガングート級戦艦の二連装主砲塔を流用して陸上に設置した砲台(地下に旋回装置・弾薬庫・自動装填装置・兵員の居住区が設けられていた)とトーチカ群が設けられており、工兵が爆破処理するのは不可能であった。

そこでマンシュタインは、新旧・大小問わず1,300門もの大砲をかき集め猛砲撃を加えた。その際、ドイツから80cm列車砲「グスタフ」を分解して持ち込んだ。グスタフは、鉄道のレールの上に設置する40口径の80cm砲で、最大射程47km、砲弾も通常の榴弾に加え、徹甲弾の先端に大量の爆薬を詰めた徹甲榴弾も使用された。列車砲ゆえに旋回できないのが難点だったが、ゆるいカーブの付いたレールを敷くことで射角を確保した。なお、同砲は列車砲ではあるが設置するのに複線が必要な上、設置用のクレーンで更に外側に二本、合わせて四本もの鉄道路線が必要であり、他の列車砲のように線路の上を走らせて戦場に持ち込むような事はできなかった。これ以外にも、カール自走臼砲などの重砲も投入された。

グスタフを始めとする重砲で突破口を開けて、そこに短射程の野戦砲を前進させて距離を詰めながら、しらみつぶしに敵陣地を破壊していった。特に命中精度は低いものの大量の砲弾をばら撒けるロケット砲は、密集したトーチカ制圧に有効であった。砲撃に加えて急降下爆撃機による支援も行われている。

5日間の猛砲撃・爆撃で、要塞北面の陣地は全て破壊され、セヴァストポリ市街と軍港の包囲が始まった。要塞東面・南面にも防御陣地と砲兵隊が配置されていたが、北面ほど強力ではなかったため次々と突破され、7月3日セヴァストポリは陥落した。

マンシュタインは、この功績により、元帥に昇進した。

その後、第11軍はケルチ海峡を渡ってタマン半島へ進撃したが、ヒトラーは第11軍の要塞攻略の経験を活かしたいとして、マンシュタインと第11軍の大部分は、レニングラード戦線に転用された。

ソ連軍による奪回(1944年)編集

クルスクの戦いに続いて始まったソ連軍の攻勢により、1943年11月にはクリミアへの鉄道による補給路は断たれてしまい、第17軍の補給は海路に頼るのみとなった。アントネスク(ルーマニア王国首相兼軍最高司令官)、マンシュタイン(南方軍集団司令官)、クライスト(A軍集団司令官)、イェーネッケ上級大将(第17軍司令官)、ツァイツラー上級大将(陸軍参謀総長)のいずれもが、クリミアの放棄を求めたが、ヒトラーはトルコへの政治的影響とルーマニアの油田地帯防衛を理由として死守を命じた。3月30日には、クライストとマンシュタインは休養を命じられ、A軍集団あらため南ウクライナ軍集団の司令官には、シェルナー歩兵大将が起用された。

ソ連第4ウクライナ方面軍(トルブーヒン大将)は、4月8日にペレコープ地峡を攻撃し、防衛軍は初日はなんとかもちこたえたが、二日目にはルーマニア軍が崩壊し始めた。その日の夜、イェーネッケはヒトラーの承認無しに、クリミアにある全軍のグナイゼナウ線[5]への撤退命令を出した[6]。第17軍はグナイゼナウ線でも持ちこたえれず、4月末にはセヴァストポリへ押し込まれてしまった。4月29日に総統大本営でヒトラーに状況報告したイェーネッケはクリミアの放棄と第17軍のOKHへの直属を強く主張したため、ヒトラーに解任されて後に軍法会議へ送られた。後任の第17軍司令官には、増援兵力をもらえればセヴァストポリを維持できるとした第5軍団アルメンディンガー歩兵大将が起用された。

しかし1942年の攻囲戦で破壊された要塞設備の修復は不十分で、両軍の戦力差は圧倒的であり、さらに第17軍の補給路はソ連軍の海空からの攻撃に常時晒されている状況のもとで、ソ連軍の重囲を持ちこたえるのは荷が重すぎた。5月6日にソ連軍は要塞に対して総攻撃を開始し、5月7日には要塞全域を一望できる要地のセパン高地を占領した。5月8日には、第17軍の損害は大きく要塞の保持は不可能であるのは明らかだったので、その夜ヒトラーは撤退を許可した。5月9日~12日まで海路によるコンスタンツァへの撤収作戦が行われたが、5月第1週目にセヴァストポリにいた兵員64,700名のうち、約4割にあたる26,700名は撤収できず海岸に置き去りにされ[7]、5月13日にセヴァストポリは陥落した。アルメンディンガーも、セヴァストポリ失陥の責任を問われて軍法会議へと送られた。

脚注編集

  1. ^ Forczyk 2014, 945.
  2. ^ Forczyk 2014, 2905.
  3. ^ Forczyk 2014, 2917.
  4. ^ Forczyk 2014, 4386.
  5. ^ 半島南部のシンフェロポリを守る東西にひかれた防衛線
  6. ^ Ziemke & Bauer III 2013, 6627.
  7. ^ Ziemke & Bauer III 2013, 6679.

参考文献編集

  • パウル・カレル著、吉本隆昭 監修、松谷健二 訳、『焦土作戦(上、下)』、学習研究社、1999年
  • Ziemke, Earl F.; Bauer III, Magna E. (2013) (English), Stalingrad to Berlin:The German Defeat in the East (Illustrated ed.), Pickle Partners Publishing 
  • Glantz, David M.; House, Jonathan (1995). When Titans Clashed. University Press of Kansas. ISBN 0-7006-0717-X 
  • Forczyk, Robert (2014). Where the Iron Crosses Grow - The Crimea 1941-1944. Osprey Publishing. ISBN 978-1782006251