セヴェルス・セボフト

セヴェルス・セボフトシリア語: ܣܘܪܘܣ ܣܝܒܘܟܬSeverus Sebokht575年 - 667年)は、ニシビスのセボフト(Seboukt of Nisibis)とも呼ばれ、シリア人学者・僧侶でシリアのニシビス英語版に575年に生まれ、667年に歿した。

生涯編集

彼の若い頃の生涯は殆ど知られていないが、7世紀のシリアで指導的な役割を果たした人々のひとりだった。彼はニシビスの学校英語版で教えていた。612年東方キリスト教会での教義論争のためそこを去った。彼はシリア正教会の一員だった。彼はケンネシュレー英語版の修道院に住み、そこはユーフラテス川河畔近くに位置していた。[1] 彼の学生だったエデッサのヤコブ英語版 (708年死去)は、"キリスト教ヘレニズム"の主たる代表者である。[2]

業績編集

彼はアリストテレス哲学の教師であり、638年に三段論法の論文を書き、ペルシア人パウルス英語版のアリストテレス注釈をシリア語に翻訳した。[3]

彼に関する主な伝説はインド数字をイスラム世界へ導入したことである。彼は恐らく最初にインドの数字方式に言及したシリア人だった。[4]

アストロラーベ編集

彼はアストロラーベに関する論文も書いている。論文は25章からなり、天体の動きの測定を詳細に解説している。[5]

関連資料編集

脚注編集

  1. ^ roger-pearse.com
  2. ^ Gutas, Dimitri (1998-07-23). Greek Thought, Arab Culture: The Graeco-Arabic Translation Movement in Baghdad and Early 'Abbasid Society (2nd-4th/8th-10th centuries). Taylor & Francis. ISBN 9780415061339. http://books.google.com/books?id=jKPhL5HVVQ8C 2012年9月14日閲覧。 
  3. ^ mcgill.ca
  4. ^ tertullian.org
  5. ^ syriacstudies.com

外部リンク編集