セーラー服を脱がさないで

おニャン子クラブのデビューシングル

セーラー服を脱がさないで」(セーラーふくをぬがさないで)は、おニャン子クラブのデビュー曲。1985年7月5日にキャニオン・レコード(現・ポニーキャニオン)から発売された[4]

セーラー服を脱がさないで
おニャン子クラブシングル
初出アルバム『KICK OFF
B面 早すぎる世代
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル キャニオン・レコード
チャート最高順位
おニャン子クラブ シングル 年表
セーラー服を脱がさないで
(1985年)
およしになってねTEACHER
(1985年)
テンプレートを表示

解説 編集

おニャン子クラブが番組アシスタントグループとしてデビューしたフジテレビのバラエティ番組『夕やけニャンニャン』放送開始から3か月後に出されたものの、同じスタッフが関わっていた『オールナイトフジ』番組アシスタントグループのオールナイターズが歌手活動を中心にしたアイドル的な展開を成功させていたことから、それを基にしたおニャン子クラブもデビュー以前の企画当初から歌手活動は計画されていた[5]。おニャン子クラブのコンセプトが「女子高生の放課後」であったことから、曲のモチーフをセーラー服とすることに決定された[6]。そこから、秋元康により「セーラー服を脱がさないで」というアイデアと歌詞が提示された[5]。秋元は、過激な歌詞により普通であれば「セーラー服を脱がして」という好きな男子に身を捧げる女子の歌になるところを、それを逆に否定することで、女の子らしい初々しさや可愛さが出てくることを狙ったと語っている[7]

おニャン子クラブはこの曲の発表時14人の編成となっていたが、4人のフロントボーカルを置き、残りのメンバーはコーラスとバックダンサーに廻った。フロントボーカルに選ばれたのは、新田恵利中島美春福永恵規内海和子。内海和子だけはおニャン子クラブでデビューする前から芸能活動経験があり、平尾昌晃音楽教室に通うなど歌唱レッスンを受けていた経験を持ち合わせていたが、他の三人は未経験であった。当時、国生さゆり河合その子城之内早苗らがおニャン子クラブの一員となっていて、国生は『夕やけニャンニャン』のパイロット番組の美少女コーナーで優勝、河合は歌手志望で鍵盤楽器も演奏できる腕前、城之内は幼少のころから民謡を習っていてそれでプロにスカウトされたことなどアドバンテージがあったが、3人はすでにレコード会社はソニー所属であったため、キャニオンレコードでリリースされる本作ではコーラスに廻された。

発売日前日の1985年7月4日、当時のアイドルのイベント場所のメッカ、池袋サンシャインシティアルパ噴水広場にて、この曲の発表会&握手会を予定していたが、当初予想された500人を大幅に上回る4000人のファンが駆けつけた為、おニャン子メンバーが怖がってしまい、また現場の混乱をおそれてやむなく中止した[8]。当時のTVCMもこの曲を起用していた。

1986年6月末現在でのシングル売上はレコード会社の公称で51万枚[9]

おニャン子クラブの楽曲の中では特に誰もがよく知っている曲であり、そのため現代でも時々メディアで流れる事が多い。

2008年テレビ朝日で放送された仮面ライダーキバの過去編がおニャン子クラブの流行った1986年と言う設定であったためおニャン子関連の楽曲がよく流れ、その際にもこの曲が流れていた。

2013年NHK連続テレビ小説で放送されたあまちゃんは時代設定の一部がおニャン子クラブの誕生した1985年となっており、そのためこのドラマの中ではこの曲も流れた。

歌詞について 編集

1番に「エッチをしたいけど」という歌詞が登場するが、この曲が作詞された当時「エッチ」という語は直截的に性交を意味せず、性的ニュアンスは含むものの、具体的には何を指しているのかよく分からないあいまいな表現であった[注 1][注 2]。当時の「エッチ」という言葉が、「ヘンタイ」という意味とは別に「性行為」の意味として一般に普及することになった楽曲とも言える。アメリカ文学者舌津智之は本曲について次のように評した。

〈エッチをしたい〉という当時まだ耳慣れない日本語は、その後、日本人の性意識を変えるほどの言語装置となった。人は"未婚の母"にためらっても"シングルマザー"になれたりするし、"セックス"がダメでも"エッチ"ならばできたりもする。なるほど、審美的には、せめて高校時代の想い出くらい、青いレモンの味であって欲しい。バナナの涙味よりは。しかしおニャン子が押し進めた"性の政治学"について、その是非をにわかに判断するのは難しい。 — 舌津智之、セーラー服の歌謡史 ―80年代女子高生文化表象[10]

日本航空CM 編集

2006年9月から放送された日本航空の「先得割引」のCMで、客室乗務員役の相武紗季がこの楽曲の替え歌「先得割引をのがさないで」を、三谷幸喜と共に振り付けをしながら歌っている[11]。この歌はJAL国内線のハートフルキャンペーン(2006年 - 2007年)の当選者向けの景品として、直筆サイン入りCD(ロングバージョン)が200枚作られた[12]。なお、初期のメンバーであった三上千晶はデビューから2年でグループを脱退し、その後は日本航空に勤めた。それを理由に日本航空CM制作会社はその頃のCMに三上をCMに出演させる考えもあったという逸話がある。

収録曲 編集

  1. セーラー服を脱がさないで
  2. 早すぎる世代
    • 作詞: 秋元康 作曲・編曲: 佐藤準

参加ミュージシャン 編集

収録作品 編集

カバー 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ エッチ」参照。また、当時の見坊, 豪紀『三省堂国語辞典 第三版』三省堂書店、1989年。ISBN 4-385-13165-1  と現在の見坊, 豪紀『三省堂国語辞典 第七版』三省堂書店、2014年。ISBN 978-4-385-13926-5  における「エッチ」の語釈を比較すると、性交の意が加えられている。
  2. ^ 現代用語の基礎知識』(自由国民社)1986年版においては、『エッチする』は「エッチなことをする。おさわりする。」とあり、『エッチ』は「わいせつな。好色的な。下品な。」とあり、直截的に性交を意味していない。

出典 編集

参考文献 編集

  • 『おニャン子白書』フジテレビ出版、1987年8月24日。ISBN 4-594-00169-6。C0076。 
  • 『オリコン年鑑'86 ―歌謡音楽のすべて』オリジナルコンフィデンス、1986年5月1日。ISBN 4-87131-017-5。C0002。 
  • 『キミもなれるぞ!おニャン子成金 天才 秋元塾』フジテレビ出版、1986年3月10日。ISBN 4-89353-077-1。C1076。 
  • 『別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン~甦る!80'sポップスHITヒストリー~』角川書店〈カドカワムック〉、2004年12月20日。ISBN 4-04-894453-3。C9476。 
  • 『別冊宝島907 音楽誌が書かないJポップ批評31 おニャン子クラブと永遠のグループアイドル』宝島社別冊宝島〉、2003年11月28日。ISBN 4-7966-3691-9。C9473。 

外部リンク 編集