メインメニューを開く

セーレン・ボバックSøren Bobach1989年4月25日 - )はデンマークのオリエンテーリング選手[1]シルケボー生まれで、現在はオーフス在住。

獲得メダル

WOC2014表彰式にて
 デンマーク
男子 オリエンテーリング
世界選手権
2014 アジアーゴ スプリント
2014 アジアーゴ スプリントリレー
ジュニア世界選手権
2006 ドルスキニンカイ ミドル
2009 トレンティーノ ロング
2008 イエテボリ ミドル
2008 イエテボリ スプリント
2009 トレンティーノ リレー

実績編集

 
JWOC2009 ロング表彰式

ジュニア時代編集

初めてジュニア世界選手権(JWOC)に出場したのは2006年リトアニア大会で、初出場ながらロング競技で優勝(チェコのJan Benešと同着での優勝)、17歳にしてジュニア世界選手権者となった。またスプリント競技では9位、ロング競技では14位と上位に食い込む活躍を見せ、翌2007年オーストラリア大会こそ奮わなかったものの、2008年スウェーデン大会ではミドル競技とスプリント競技で銅メダル、2009年イタリア大会ではロング競技で銀メダル、リレー競技で銅メダルと活躍し、the Ultimate Junior of 2008にもノミネートされるなど、ジュニア選手として華々しい結果を残している。

シニア時代編集

輝かしい成績を残したジュニア時代と裏腹に、シニア代表の舞台では苦戦を続けた。2009年、はじめて挑戦したワールドカップは総合54位。翌2010年は、世界選手権(WOC)をはじめとして、ヨーロッパ選手権(EOC)、ワールドカップでも低調なままに終わってしまう。2011年には代表から外れ、2012年スイスで開催されたWOC2012でこそスプリント競技9位、リレー競技6位と気を吐くが、ロング競技では失格になってしまい、ヨーロッパ選手権・ワールドカップでも良い結果を残すことができなかった。2013年も再び代表選考から外れてしまうが、2014年イタリアで開催されたWOC2014において、その2年前の世界選手権で健闘したスプリント競技で、下馬評を覆し見事優勝を果たす。また、この年より導入された男女混合によるスプリントリレー競技でも、デンマークの準優勝に貢献した。ヨーロッパ選手権やワールドカップでは苦戦しているものの、世界選手権のスプリント競技とデンマークの国内選手権では高いパフォーマンスを見せている。

その他編集

  • 兄妹に、同じくオリエンテーリング選手のクリスティアン・ボバック、イダ・ボバックを持つ。
  • TRIMTEX社などがスポンサーについている。2014年、新たにアシックス社がスポンサーとなった[2]
  • デンマークのクラブOK Pan Aarhusと、ノルウェーのクラブHalden SKに所属している。

参考文献編集

外部リンク編集