メインメニューを開く

ゼップ・ピオンテック

ドイツのサッカー選手

ゼップ・ピオンテック(Josef "Sepp" Emanuel Hubertus Piontek, 1940年3月15日 - )はドイツ出身のサッカー指導者、元サッカー選手。選手時代のポジションはディフェンダー(右サイドバック)[1]

ゼップ・ピオンテック Football pictogram.svg
Sepp Piontek.jpg
名前
本名 ヨーゼフ・エマヌエル・フベルトゥス・ピオンテック
Josef Emanuel Hubertus Piontek
ラテン文字 Sepp Piontek
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1940-03-15) 1940年3月15日(79歳)
出身地 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 ブレスラウ
身長 181㎝
選手情報
ポジション DF
ユース
1949-1958 西ドイツの旗 ゲルマニア・レーア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1958-1960 西ドイツの旗 ゲルマニア・レーア
1960-1972 西ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン 278 (16)
代表歴
1965-1966 西ドイツの旗 西ドイツ 6 (0)
監督歴
1972-1975 西ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン
1975-1976 西ドイツの旗 フォルトゥナ・デュッセルドルフ
1976-1978 ハイチの旗 ハイチ代表
1978-1979 西ドイツの旗 ザンクト・パウリ 
1979-1990 デンマークの旗 デンマーク代表 
1990-1993 トルコの旗 トルコ代表  
1993 トルコの旗 ブルサスポル
1995-1996 デンマークの旗 AaB
1997-1999 デンマークの旗 シルケボーIF
2000-2002 グリーンランドの旗 グリーンランド代表
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

選手時代編集

1949年にVfLゲルマニア・レーアドイツ語版でサッカーを始め、1960年にヴェルダー・ブレーメンへ移籍[2]。選手時代はDFを務め、1964-65シーズンにはホルスト=ディーター・ヘットゲスらとともにブンデスリーガ初優勝に貢献した[2]西ドイツ代表としては1965年3月13日に行われたイタリア代表との国際親善試合でデビューし、国際Aマッチ6試合に出場した[3]

1970年に深刻な膝の怪我を負ったため、試合出場の機会を失った[2]。その後、オフシーズンの間に指導者ライセンスを取得し、1971年10月にブレーメンのコーチに就任したことで選手としてのキャリアを事実上終え[2]、翌1972年6月3日に行われたSCロートヴァイス・オーバーハウゼン戦が最後の試合出場となった[4]

引退後編集

現役引退後、古巣のブレーメンの監督を3シーズン務めたが目立った成績を残すことはできず、1975年からはフォルトゥナ・デュッセルドルフの監督を務めたが1シーズンで解雇された[2]。1976年にハイチ代表の監督に就任して1978 FIFAワールドカップ・予選に挑んだが僅差で本大会出場を逃し[2]、1978年からはブンデスリーガ2部FCザンクト・パウリの監督を務めた[2]

1979年7月1日、デンマーク代表の監督に就任した[5]デンマークサッカー協会は当初、ヘネス・バイスバイラーヘルムート・ヨハンセンドイツ語版の監督就任を希望しており、ピオンテックは3番手の候補だった[5]

当時のデンマークにはプロリーグが存在せず、代表チームも予選敗退が続いていたが、その一方でアラン・シモンセンモアテン・オルセンセーレン・レアビープレーベン・エルケーア・ラルセンミカエル・ラウドルップをはじめとした、国外でプレーをする優秀な選手達を有していた[2]。就任当初、ピオンテックはデンマーク語を理解していなかったが、数週間でこれを修得すると、個々の選手達にフォア・ザ・チームの必要性を説いたという[6]。また、プレスディフェンスや、状況に応じて4-4-2フォーメーションから3-5-2フォーメーションに変形する柔軟な戦術を採用した[1]

UEFA欧州選手権1984予選ではイングランド代表と同じ組に入る厳しい組み合わせとなったが、1983年9月21日に敵地ロンドンで行われたイングランド代表戦で1-0と勝利し(シモンセンのゴール)[2]、最終的に予選3組で1位となり本大会出場を決めた[7]。1984年にフランスで開催された本大会では準決勝でスペイン代表にPK戦の末に敗れたが、メディアやファンは「ヨハン・クライフを擁したオランダ代表の再来」と評した[2]

1986 FIFAワールドカップ・予選も突破し、同国を初のワールドカップ出場に導くと、1986年にメキシコで開催された本大会ではグループリーグでウルグアイ代表を6-1で下すなどベスト16進出[2]。1988年に西ドイツで開催されたUEFA欧州選手権1988にも出場したが、この時期にはチーム力はピークを過ぎており、1990年2月に監督を退任した[2]

その後、トルコ代表ブルサスポルの監督を務めた後、1995年にデンマークに戻り、オールボーBKシルケボーIFを指揮、2000年から2002年にかけてグリーンランド代表を率いたのを最後に監督業から退いた[2]

脚注編集

  1. ^ a b ジャック・ティベール「"ホップの生きたビール"デンマークの強さの秘密?」『別冊サッカーマガジン1984年盛夏号 欧州選手権決勝大会 ヨーロッパ'84』ベースボール・マガジン社、1984年、60-63頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Sepp Piontek - Werder-Recke und Wahl-Däne”. NDR.de (2010年3月5日). 2017年11月24日閲覧。
  3. ^ Josef "Sepp" Piontek - International Appearances”. rsssf.com. 2017年11月24日閲覧。
  4. ^ Rot-Weiß Oberhausen gegen SV Werder Bremen”. Fussballdaten. 2017年11月24日閲覧。
  5. ^ a b „Leistung nur, wenn sie auch Spaß haben“”. DER SPIEGEL (1986年6月9日). 2017年11月24日閲覧。
  6. ^ 「"欧州カクテル・チーム"を成功に導いた男 ゼップ・ピオンテック」『サッカーダイジェスト』1984年6月号、日本スポーツ企画出版社、64-65頁。
  7. ^ 1984 UEFA European Championship Standings”. UEFA.com. 2017年11月25日閲覧。