ゼッポレ(イタリア語:Zeppole)とは、揚げドーナッツ粉砂糖カスタードクリームゼリーを乗せたペイストリー菓子である。フリッテッレ(Frittelle)、サルデーニャでは元は tzípulas と呼ばれていたがイタリア化した際にzippole や zeppole sardeと変えて呼ばれる。

ゼッポレ
ゼッポレ
カスタードを上に乗せたゼッポレ
別名 Saint Joseph's Day cake, sfinge, Bignè di San Giuseppe
種類 ペイストリー揚げパン
発祥地 イタリア
主な材料 パン生地, 粉砂糖カスタードクリーム
テンプレートを表示

イタリアの父の日、イエスの養父ヨセフ(イタリア語:San Giuseppe )の誕生日3月19日を祝う聖ジョゼッペの日(イタリア語:giorno di san Giuseppe)に伝統的に食べられていることから、ゼッポレ・ディ・サン・ジュゼッペ とも呼ばれる。また、ほかの祝日などでも食される。マルタ島では、アンチョビを入れた甘くないゼッポレが四旬節に食される。

sfinge やゼッポレという名称はシュークリームにも使われる[1]

名前の由来編集

ジョゼッペの愛称から。

出典編集

  1. ^ Zeldes, Leah A. (2010年3月17日). “Eat this! Zeppole for St. Joseph's Day”. Dining Chicago. Chicago's Restaurant & Entertainment Guide, Inc.. 2010年3月19日閲覧。

関連項目編集