ソウル交通公社

ソウルメトロとソウル特別市都市鉄道公社を統合して設立した地方公企業

(ソウルこうつうこうしゃ、: 서울교통공사: Seoul Metro)は、大韓民国ソウル特別市地下鉄を運営する鉄道事業者公社)である。

ソウル交通公社
Seoul Metro
Seoul Metro.svg
種類 公企業
市場情報 非上場
略称 SM
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
ソウル特別市城東区千戸大路 346
設立 2017年5月31日[1]
業種 陸運業
事業内容 地下鉄運営 他
主要子会社 素砂元時運営金浦ゴルドライン運営朝鮮語版
外部リンク http://www.seoulmetro.co.kr/
テンプレートを表示
ソウル交通公社
各種表記
ハングル 서울교통공사
漢字 서울交通公社
発音 ソウキョトンコンサ
日本語読み: そうるこうつうこうしゃ
RR式 Seoul Gyotonggongsa
MR式 Sŏul Kyotongkongsa
英語表記: Seoul Metro
テンプレートを表示
ソウル路に塗色したソウル交通公社101編成

2016年12月1日ソウル地下鉄のうち1 - 4号線を運営していたソウルメトロと、5 - 8号線を運営していたソウル特別市都市鉄道公社の統合名称に選ばれ、2017年5月31日に両社を統合して発足した。

象徴マスコットは「トッタ」(ハングル: 또타)。

概要編集

ソウル市は両社を統合し「ソウル交通公社」になったが[2]、英語名は「Seoul Metro」が存続する[3]。そして2017年3月にソウル市議会は統合関連法案を可決し、同年5月31日に新会社が発足した。[4]

歴史編集

  • 2017年
    • 5月31日 - 設立
    • 9月5日 - 素砂元時線(首都圏電鉄西海線)の運営契約(20年間)を建設・保有事業者のEレールと締結[5]
  • 2018年1月12日 - 西海線運営の完全子会社「素砂元時線運営(株)」を設立[6](現・素砂元時運営(株))。
  • 2018年11月28日 - 9号線第2・第3段階区間を運営していた完全子会社「ソウルメトロ9号線運営株式会社」を解散。直営化する。
  • 2023年1月 - ソウル交通公社発足前の約14年に渡り乗換駅の車内メロディーとして使用されてきた曲が「オルシグヤ」から「豊年(プンニョン)」に変更された。

路線編集

路線名 区間 キロ程
  1号線 清凉里駅(124) - ソウル駅駅(133) 7.8 km
  2号線 環状線:市庁駅(201) - 市庁駅(201) 48.8 km
聖水支線:聖水駅(211) - 新設洞駅(211-4) 5.4 km
新亭支線:新道林駅(234) - カチ山駅(234-4) 6.0 km
  3号線 紙杻駅(319) - 梧琴駅(352) 38.2 km
  4号線 タンゴゲ駅(409) - 南泰嶺駅(434) 31.7 km
榛接線 榛接駅(405) - タンゴゲ駅(409) 14.9 km
  5号線 本線:傍花駅(510) - 上一洞駅(553) 45.2 km
支線:江東駅(548) - 馬川駅(P555) 7.6 km
河南線 上一洞駅(553) - 河南黔丹山駅(558) 7.4 km
  6号線 鷹岩駅(610) → 鷹岩駅(610) - 新内駅(648) 35.1 km
  7号線 長岩駅(709) - 富平区庁駅(759) 57.1 km
  8号線 岩寺駅(810) - 牡丹駅(826) 17.7 km
  9号線 彦州駅(926) - 中央報勲病院駅(938) 12.8 km
  • 西海線電鉄区間は、子会社「素砂元時運営株式会社」による施設運営(列車運行は韓国鉄道公社)。

保有車両編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集