ソッタは、韓国で行われている花札の遊戯である。おいちょかぶと同系のゲームであるが、特殊役が非常に多く、ポーカーに似た賭けのしかたをするのが特徴である。

ソッタ
各種表記
ハングル 섰다
漢字
発音 ソッタ
2000年式 seotda
テンプレートを表示

目次

概要編集

トゥジョン。左は裏面。右は8種類の「将」

朝鮮では日本の花札がはいってくる以前から、中国の牌九の牌と同じ構成の「コルペ(骨牌)」や、独特なスート構成を持つ「トゥジョン(闘牋)」(朝鮮語版記事)という紙牌があった。トゥジョンの由来は明らかでないが、18世紀以降流行していた80枚の細長いカードで、動物の名前のついた8つのスートがあり、各スートは1から9までと「将」の10のランクよりなっていた。トゥジョンでもっとも人気があった賭博はカードのランクの合計の1の位がもっとも大きいものが勝つというものであった[1]。1900年ごろに花札が朝鮮に流入すると、これらのゲームは徐々に花札に駆逐されていった。

トゥジョンを使った「トッリョデギ(돌려대기)」[2]というゲームは、中国の牌九を使ったゲーム「闘牛」と似ており、5枚の手札から3枚を10の倍数にして捨て、のこり2枚でペアを作る(ペアがなければ2枚の合計の1の位を比較する)ゲームであった。これをそのまま花札で行うようにしたのが「トリジッコテン(도리짓고땡)」で、日本では「五枚株」と呼ばれている。ソッタはトリジッコテンに似ているが、より簡易化されており、役などに日本の同系のゲームである「おいちょかぶ」の影響がみられる。

「ソッタ(섰다)」という名前は賭けに出る時の「ソッタ(섰다、立った)」という掛け声に由来する[3]。よく「섯다」と呼ばれるが、正しい名称は同音の「섰다」である[4]

日本では「かちかち」(せった・じゅんじゅん・とっと等とも呼ぶ)という名前で同じ系統のゲームが行われている。

ルール編集

2人から10人までで遊ぶことができる。

おいちょかぶのような親と子の勝負ではなく、ポーカーのように降りていないメンバー全員のうちでもっとも強い札を持つものが勝つ。

使用する道具編集

花札のうち、柳と桐およびカス札を除いた20枚。

ほかにチップを用意する。

カードを配る編集

カードはひとりあたり2枚くばる。おいちょかぶのような3枚めはない。

賭け編集

各自は手札を見て、親から順に反時計回りに賭けを行う。賭けのやりかたはポーカーに似ており、以下の方法がある。賭け金をひきあげる(レイズ)するとき、その額は現在の賭け金の額以上にしなければならない。

  • ダイ:降りる。ポーカーのフォールドにあたる。
  • チェック:オープニングビッドが行われる前に、賭けずに次の人にパスする。
  • ピン(삥)[5]:最小額の賭け金をかける
  • コール:前の人と賭け金を同じにする
  • タダン(따당):賭け金を倍額にひきあげる
  • ハーフ:前の人と同額を賭けた上で、ポットに出ている賭け金の半額を上乗せする。たとえば2人が100ずつ賭けている時に、次の人が「ハーフ」をする場合は、(100×3)×0.5 = 150 を上乗せするので、250を賭けることになる。ほかに、1/4を上乗せする「クォーター」や、全額を上乗せする「フル」もある。

以上を、降りていない全員の賭け金の額が等しくなるまでおこなう。

勝負編集

2枚の札の組み合わせによって勝負をつける。もっとも強い手のものがポットの賭け金を総取りする。

役のことを「チョクポ(족보)」という。多くの役があるが、強い順に羅列する。

クァンテン編集

2枚がともに光札のときの役を「クァンテン(グァンテン、광땡)」という。柳と桐を除いているので、光札は全部で3枚しかない。

  • 桜に幕と芒に月の組み合わせは「サムパルグァンテン」といって最強である。
  • 松に鶴と芒に月の組み合わせは「イルパルグァンテン」といってサムパルの次に強い。
  • 松に鶴と桜に幕の組み合わせは「イルサムグァンテン」といって3番目に強い。

ただし、「イルパルグァンテン・イルサムグァンテン」は役として認めない地域もある。そのときは単に9または4の札として扱う。

テン編集

2枚が同じ月であった場合を「テン(땡)」といい、クァンテンの次に強い役である。テンどうしでは、月数の大きいほうが強い。最強は紅葉(10月)のペアで、これを「チャンテン」という。「チャン」とはトゥジョンの「将」のこと。

それ以外の役編集

以下の役はテンの次に強い。強いほうから順に記す。

  • アッリ(알리):松(1月)+梅(2月)
  • トクサ(독사):松(1月)+藤(4月)。日本でいうシッピンにあたる
  • クッピン(구삥):松(1月)+菊(9月)
  • チャンピン(장삥):松(1月)+紅葉(10月)
  • チャンサ(장사):藤(4月)+紅葉(10月)
  • セリュク(세륙):藤(4月)+牡丹(6月)

クッ編集

役がない場合は、2枚の月の合計の1の位で比較する。これを「クッ(끗)」という。合計の1の位が9の場合を「カボ(갑오)[6]」といって、もっとも強い。0の場合は「マントン(망통)」という。

特殊役編集

どの特殊役を認めるかで地域差がある。

  • テンジャビ(땡잡이):桜に幕と萩に猪の組み合わせ。テンに勝つが、テンが出ていないときは単に0(マントン)として計算される。
  • アメンオサ(암행어사):藤に時鳥と萩に猪の組み合わせ。18クァンテンと13クァンテンに勝つが、そのいずれも出ていない場合は単に1クッとして計算される。38クァンテンには負ける。
  • クサ(구사)またはサグ(사구):藤(4月)と菊(9月)の組み合わせ。テン以上の役を持つ人がいないときに、その回の勝負を流すことができる。ただし藤に時鳥と菊に盃の組み合わせは、テンがあっても流すことができる(クァンテンは流せない)とすることもある。流した場合は、その回に出たチップは次回の勝者のものになる。

脚注・出典編集

  1. ^ Culin, Stewart (1895). Korean games with notes on the corresponding games of China and Japan. University of Pennsylvania. p. 126. http://archive.org/details/koreangameswith01culigoog. 
  2. ^ 金欑根(1926)『朝鮮賭博要覧』p.16 では「チクテンイ」と呼んでいる。ただし役については記述されていない
  3. ^ 『朝鮮語辞典』1993 小学館
  4. ^ 国立国語院標準国語大辞典
  5. ^ ソッタで「ピン」とは数字の1を意味する(日本語からの借用)。
  6. ^ 日本語の「かぶ」に似ているが、上記キューリンの著書にもこの名が見え、キューリンが引用しているリデルらによる1880年刊の韓仏辞典p.132でもカボを偶然のゲーム(Jeu de hasard)としている

文献編集

外部リンク編集