ソナタ・アークティカ

フィンランドのパワーメタルバンド

ソナタ・アークティカSonata Arctica)は、フィンランドラッピ州ケミで結成されたパワーメタルバンド。日本では「ソナタ」と呼ばれることが多い。

ソナタ・アークティカ
Sonata Arctica
SASeptember07.jpg
2007年9月7日
基本情報
別名 トリッキー・ビーンズ (Tricky Beans) (1995)
トリッキー・ミーンズ (Tricky Means) (1996-1999)
出身地  フィンランド ラッピ州 ケミ
ジャンル パワーメタル[1]
プログレッシブ・ロック[1]
ヘヴィメタル[2]
プログレッシブ・メタル[2]
シンフォニックメタル
メロディックスピードメタル(初期)
活動期間 1995年 -
レーベル スパインファーム・レコード
ニュークリア・ブラスト
アヴァロン・レーベル
ユニバーサル・インターナショナル
メンバー トニー・カッコ (ボーカル)
トミー・ポルティーモ (ドラムス)
ヘンリク・クリンゲンベリ (キーボード)
エリアス・ヴィルヤネン (ギター)
パシ・カウッピネン (ベース)
旧メンバー ヤニ・リーマタイネン (ギター)
ヤンネ・キヴィラフィティ (ベース)
マルコ・パーシコスキ (ベース)
ミッコ・ハルキン (キーボード)


歴史編集

1995年、ハードロックバンドTricky Beansとして結成される。翌年トニー・カッコ (Vo)が加入、Tricky Meansとバンド名を変更。

1999年、4曲のデモ『Fullmoon』を制作後、スパインファーム・レコードと契約しSonata Arcticaに改名。同年秋、1stアルバム『Ecliptica』発表。

2000年3月、1stアルバム『Ecliptica』日本盤が発売される。同年4月からストラトヴァリウスの『INFINITE』ツアーにラプソディーと共に参加し、ヨーロッパ各地で公演を行う。その後、ベーシストのヤンネ・キヴィラフィティが個人的な理由で脱退。後任に、Tricky Means時代にギタリストとして在籍していたマルコ・パーシコスキがベーシストとして再加入。

2002年9月、キーボーディストのミッコ・ハルキンが諸事情により脱退。バンドは後任メンバーのオーディションを行い、「レクイエム」と「サイレント・ヴォイシズ」に在籍するヘンリク・クリンゲンベリが加入。

2007年5月UNIA発表後、8月にヤニ・リーマタイネン兵役に関する問題で脱退(正確には解雇)。後任にエリアス・ヴィルヤネンが加入。

2013年8月、マルコ・パーシコスキが脱退[3]。後任には、ウィンターボーンサイレント・ヴォイシズレクイエムで活動経験のある、パシ・カウッピネンが加入した[3]

音楽的特徴編集

活動初期はハードロックバンドであったが、当時活躍していた同郷のストラトヴァリウスからの影響を受け、クラシカルキーボードを大々的に取り入れ、叙情的なメロディと共に疾走するパワーメタルバンドとなる。「以前から知ってはいたけど興味はなかった。でもヴィジョンズ(1997年のアルバム)を聞いて衝撃を受けて、それで同じようなヘヴィメタルをやることになったんだ。」とメンバーは語っている。

音楽評論家和田誠ロイヤル・ハントのメンバー、アンドレ・アンダーセンに当バンドの音源を聴かせたところ、アンドレは『僕たち(ロイヤル・ハント)とストラトヴァリウスミックスさせた様な音だね』と感想を述べている。

3rdアルバム『Winterheart's Guild』の頃からジャーマンメタル風の疾走曲の傾向は後退し、疾走感のある曲であっても、分厚いコーラスで荘厳さを演出するなどの工夫が見受けられるようになった。作詞作曲トニー・カッコが全て手がけてきたが、4thアルバム『Reckoning Night』では、初めてギタリストであるヤニ・リマタイネンが作曲するなど、作風は広がりを見せた。

2007年発売のUNIAからの楽曲はスピードを抑え、プログレやシンフォニックさを加えた方向性を模索し、THE DAYS OF GRAYSで確立させている。

メンバー編集

 
トニー・カッコ
  • Toni "Tony" Kristian Kakko トニー・カッコ (Vo) 1996年~、(Key) 1996年~2000年 バンドのメインコンポーザー。バンドへは1996年のTricky Means改名時に加入。
  • Tommi "Tommy" Tapani Portimo トミー・ポルティモ (Dr) 1995年~ バンド創成期からのオリジナルメンバー。ブロンドの長髪が特徴。
  • Henrik Klingenberg ヘンリク・クリンゲンベリ(Key) 2003年~ ライブではローランド社のKeytar(ショルダーキーボード)を使用し、コーラスも担当する。
  • Elias Viljanen エリアス・ヴィルヤネン (G) 2007年~ ヤニの後任として加入。メインギターはESP
  • Pasi Kauppinen パシ・カウッピネン (B) 2013年

元メンバー編集

 
ヤニ・リーマタイネン

 バンド創生メンバーの一人。テクニカルなギタープレイを得意とする。

  • Janne Heikki Ensio Kivilahti ヤンネ・キヴィラフィティ (B) 1998年~2000年
  • Marko Juhani Paasikoski マルコ・パーシコスキ (B) 1995年~1996年, 2000~2013年、(G) 1996年~1998年

 バンド創生メンバーの一人。メジャーデビュー前にはギターを担当する時期もあった。

作品編集

アルバム編集

ベスト・アルバム編集

  • 2005年 The End Of This Chapter(ジ・エンド・オヴ・ディス・チャプター〜ベスト・オヴ・ソナタ・アークティカ)
  • 2006年 The Collection (フィンランド国内でのみ発売)
  • 2008年 Deliverance
  • 2018年 The Harvests 2007-2017

ライブ・アルバム編集

  • 2002年 ソングス・オヴ・サイレンス・ライヴ・イン・TOKYO - Songs Of Silence Live In Tokyo
  • 2006年 フォー・ザ・セイク・オヴ・リヴェンジ~レコニング・ナイト・ジャパン・ツアー2005 - For The Sake Of Revenge
  • 2011年 ライヴ・イン・フィンランド - Live In Finland

ミニ・アルバム編集

シングル編集

映像作品編集

関連バンド編集

  • Altaria / Jani Liimatainen
  • Requiem / Henrik Klingenberg
  • Silent Voices / Henrik Klingenberg
  • Kenziner / Mikko Härkin
  • Wingdom / Mikko Härkin
  • Kotipelto / Mikko Härkin
  • Divinefire / Mikko Härkin

日本公演編集

脚注編集

  1. ^ a b Sonata Arctica reviews, music, news - sputnikmusic・2015年3月03日閲覧。
  2. ^ a b Sonata Arctica|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年7月4日閲覧。
  3. ^ a b http://www.sonataarctica.info/site07/index.php?s=1&l=uk&nid=253&n_xID=253&ntop=0 2013年9月2日閲覧。

外部リンク編集