ソニー・放送メディア

株式会社ソニー・放送メディア(ソニー・ほうそうメディア)は、かつて存在したソニー株式会社の連結子会社で、資産管理会社である。

目次

歴史編集

ベータカムをはじめとしたカメラ・録画編集機材などテレビ局・ポストプロダクション向けプロフェッショナル機器の供給によるエレクトロニクス事業で放送事業者と関わり合いが深いソニーは、1980年代より毎日放送など一部民放局やCSアナログ放送一般放送事業者等へ出資を行った。その後、BSデジタル放送CSデジタル放送による多チャンネル化時代の到来により、当時のメディア事業多角化の一環として1998年4月1日に設立し、ソニーが保有してい各放送事業者企業の持株を譲り受けて継続保有するとともに、新規参入の放送事業者への出資(投資)を行った。

2009年にソニーの放送事業は非中核事業と位置づけられ、事業合理化のため2009年11月1日にソニーと合併して消滅した[1]。以後、当社保有株はソニーが直接保有する形態となっている。

なお、マスメディア集中排除原則放送法)等の定めにより通常は放送事業者の株式を一定割合以上保有することは出来ず、出資先会社の持株比率は50%未満のため中間持株会社とするのは誤用である。また、放送持株会社とは性質が異なる。

主な保有株式編集

ソニー系列のアニマックスAXNジャパンは、ソニーの連結子会社であるSPEもしくはSPEJの傘下である。

脚注編集

関連項目編集