ソバナ(岨菜、学名: Adenophora remotiflora)はキキョウ科ツリガネニンジン属多年草

ソバナ
ソバナ Adenophora remotiflora.JPG
2008年8月 福島県会津地方
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asterdiae
: キキョウ目 Campanulales
: キキョウ科 Campanulaceae
: ツリガネニンジン属
Adenophora
: ソバナ A. remotiflora
学名
Adenophora remotiflora
(Sieb. et Zucc.) Miq.
和名
ソバナ(岨菜)

目次

特徴編集

花茎の高さは50cmから100cmになり、は茎に互生し、茎の下部につく葉には長い葉柄がある。葉柄のつく葉の形は広卵形で、花がつく茎の上部は広披針形になり、いずれも縁は鋸歯状になる。

花期は8月から9月頃で、青紫色の円錐状に近い鐘形のを咲かせる。大きい株になると枝を数段に互生させ、多数の花をつける。花のがく片は披針状で全縁。雌しべは花から突出しない。

 
茎の下部につく葉には葉柄がつく

分布と生育環境編集

日本では、本州、四国、九州に、アジアでは朝鮮半島、中国に分布し、山地の林縁や沢沿いなどに自生する。

山菜編集

春の若い芽は、山菜として食用にされる。

近縁種編集