メインメニューを開く

ソビエツキー・ソユーズ級戦艦(ソビエツキー・ソユーズきゅうせんかん)は、ソビエト連邦(以下、ソ連)で計画されていた戦艦艦級英語版である。

ソビエツキー・ソユーズ級戦艦
基本情報
艦種 戦列艦超弩級戦艦
命名基準 ソビエト連邦ソビエト連邦構成共和国の国名
前級インペラトリッツァ・マリーヤ級戦艦
デモクラーチヤ
次級 27 設計戦艦
24 設計戦艦
要目
排水量 基準:59,150トン
常備:62,536トン
満載:64,121トン
全長 271.5m
最大幅 38.92m
吃水 10.24m
機関方式 形式不明重油専焼高圧型水管缶12基+BBC式タービン発電機&モーター駆動3基3軸推進
出力 210,000hp(最大、公試時:231,000hpの予定)
最大速力 28ノット(公試時:30ノットの予定)
航続距離 14.5ノット/5,950海里
乗員 1,924名
兵装 1937年型 40.6cm(50口径)三連装砲3基
1938年型 15.2cm(57口径)連装速射砲6基
1940年型 10cm(56口径)連装高角砲6基
1941年型 37mm(68口径)四連装高角機関砲8基
装甲 舷側:220mm~380mm~420mm(水線部、10度傾斜)、155~25mm(水線下装甲)
甲板:25mm(上甲板)、100mm~170mm(主甲板)、50mm(下甲板)
主砲塔:495mm(前盾)、230mm(側盾)、410mm(後盾)、230mm(天蓋)
主砲バーベット部:425mm(主甲板)、50mm(下甲板)
副砲塔:100mm(前盾)、65mm(側盾)、-mm(後盾)、100mm(天蓋)
副砲バーベット部:100mm(主甲板)、65mm(下甲板)
司令塔:425mm(前盾)、425mm(側盾)、-mm(後盾)、250mm(天蓋)
搭載機 水上機4機搭載予定
テンプレートを表示

ソビエト連邦海軍および労農赤色海軍(以下、ソ連海軍)では戦列艦に分類され、正式名称では 23 設計戦列艦(23 せっけいせんれつかん;ロシア語: Лине́йные корабли́ прое́кта 23)と呼ばれた。 1 番艦艦名から、「ソビエツキー・ソユーズ」級戦列艦「ソビエト連邦」級戦列艦(ソビエトれんぽうきゅうせんれつかん;Лине́йные корабли́ ти́па «Сове́тский Сою́з»)とも通称される。

1930年代後半に 4 隻が起工したが、独ソ戦(大祖国戦争)の勃発によりすべて建造中止となり、建造が再開されないまま戦後に全艦が解体された。

目次

概要編集

ロシア革命ロシア内戦ののち、新生ソ連海軍に残っていた戦艦は実質「セヴァストーポリ」級(「ガングート」級)の3隻だけであった。そのため、1934年頃からアメリカ合衆国国内での建造を考えていた時期もあった。

1936年5月に成立した艦隊整備計画(「大きな艦隊」計画)によって、戦艦8隻、重巡洋艦16隻を中心とする艦隊を1946年までに国内で建造することになった。しかしこの計画は、実行前の1938年には早くも改訂作業が行われ、1939年に承認された艦隊整備計画では、戦艦6隻、重巡洋艦4隻を中心とする艦隊を1947年までに建造すること、に下方修正された。

この計画に基づき、その中心となる戦艦について、イタリアアンサルド社より設計案が提示され、1937年には対日戦備用としてアメリカ政府に対して主砲装甲と機関等についての技術援助と調達の約束を取り付け、「ギブス&コックス社」との話し合いに入った。しかし、米国でさえ保有していない45.7cm砲搭載、62,000tの戦艦を欲しいという要求にはアメリカ政府も承諾せず、またギブス&コックス社への設計費用等の支払いが滞った為に米国との交渉は打ち切りになった。さらに、1936年から翌年にかけてのヨシフ・スターリン大粛清により新艦の設計は影響を受け、設計が完成したのは1937年10月であった。

最終的には1938年の第三次五カ年計画の一環として計画が纏められ、ようやく建造計画が承認された。この計画の 中核となったものが、本項で解説する「ソビエツキー・ソユーズ」級である。

計画ではソビエツキー・ソユーズ級は6隻が建造される予定となっていたが、この時点で起工されたものは4隻に留まり、1938年7月15日に1番艦「ソビエツキー・ソユーズ」がレニングラードのオルジョニキーゼ工廠(第189工廠)で、11月28日に2番艦「ソビエカヤ・ウクライナ」がニコラエフのマルティ南工廠(第198工廠)で起工され、翌1939年12月21日には3番艦「ソビエツカヤ・ベロルーシヤ」がモロトフスク(後のセヴェロドヴィンスク)の第402工廠で起工された。1940年3月21日には4番艦「ソビエツカヤ・ロシア」が3番艦と同じくモロトフスクの第402工廠で起工された。

当時のソ連にはこれらの大型艦を建造できる設備が限られていたため、オルジョニキーゼ以外では建造作業を充分に遂行する能力が不足していたが、それ故、戦艦4隻を建造するためにオルジョニキーゼ工廠を延々と専有させることはできず、建造所を分散させる必要があった。このため、まずは各工廠を拡張しなければならず、また全ての工廠に建造に必要な設備が揃っていなかったため、最も設備の充実した工廠(主にオルジョニキーゼ)で各部コンポーネントを建造した後に、他の工廠に輸送して改めて建造を続行する、という過程が必要となった。更に、ソ連の工業・造船界にはプロペラシャフトを始めとしてこの大きさの船舶を建造するために必要な技術力が不足しており、いくつかのコンポーネントを外国に発注せざるを得なかった。

建造開始後も、必要とする膨大な量の造船用鉄鋼の生産が追いつかず、材料不足でたびたび工事が中断した上、装甲板の生産技術の不足から、複数回の設計変更が必要となった。1939年にはスイスに発注した1隻分+αの4基のタービンが納入され、このうち3基が4番艦(予定艦名:ソビエツカヤ・ロシア)に搭載するためにモロトフスクに送られたが、これを元に国産化する予定であったにもかかわらず、製造を担当する工場は一向にタービンの完成品を製造することができず、建造計画には大幅な修正が必要となり、当初予定していた1943年から1944年にかけての各艦の竣工は絶望的となった。このため、4隻全てを完成させることは困難であるとして、まずは1940年10月19日に、使用するリベットに品質問題が発生したため、起工直後に「資材の準備段階からのやり直しが必要である」として工事が中断されていた3番艦(予定艦名:ソビエツカヤ・ベロルーシヤ)の建造中止が命令され、準備されていた資材はレニングラード防衛のための浮き砲台建設のために転用された。

政府と赤軍は残る3艦の完成を目指したが、1941年6月独ソ戦(大祖国戦争)が勃発すると、莫大な資源を必要とする大型艦の建造は見直さざるを得なくなり、1941年7月10日には、1、2、4番艦共に工事は中止となり、これら3隻は同年9月10日をもってソ連海軍船籍より一旦除外された。

大戦の終結後、海軍は建造計画の再開を模索したが、1941年に建造中止となった時点で各艦はそれぞれ

  • 1番艦 ソビエツキー・ソユーズ:工事完成度約21.2%
  • 2番艦 ソビエツカヤ・ウクライナ:工事完成度約18%
  • 3番艦 ソビエツカヤ・ベロルーシヤ:建造中止
  • 4番艦 ソビエツカヤ・ロシア:工事完成度約1%

という状態になっており、ソビエツキー・ソユーズは戦争中に受けた砲爆撃の損傷と、レニングラード防衛のために鋼材が転用されたことから、1945年の終戦時には工事完成度は19.5%に後退していた。より状態が深刻なのはソビエツカヤ・ウクライナで、ニコラエフが1941年8月にドイツ軍に占領された際に鹵獲されたが、ドイツ軍が要塞の防御強化のために艦首と艦尾を解体して鋼材として転用してしまった上、1944年3月17日の撤退時に船台の支柱を爆破したため、船台上で大きく傾いて復旧不能となっていた。

大戦で国家経済に大きな被害を受けたソ連には、戦艦のような莫大な国家資源を必要とするものを建造するような余裕はなく、また、戦艦という存在自体の戦略的・戦術的価値が失われているとして、ソビエツキー・ソユーズ級戦艦の建造計画は放棄されることになった。この決定に従いソビエツカヤ・ウクライナとソビエツカヤ・ロシアは1947年3月27日付で建造の中止と解体が決定したものの、スターリンは最も工事が進行していたソビエツキー・ソユーズ1隻だけでも竣工させることを望んだため、1948年5月29日には建造の再開が決定されて改めて発注され、ソビエツカヤ・ロシア用のタービンを転用して完成させる計画とされた。しかし、翌年1949年4月には再度の建造中止が決定され、ソビエツキー・ソユーズも解体処分となった。

この後、ソビエツキー・ソユーズ級の設計を元に、拡大発展型もしくは拡大改良型としたいくつかの戦艦の設計案が構想、もしくは検討されたが、実現に至ったものはなく、ソビエツキー・ソユーズ級はソ連海軍にとって最初で最後、かつ未完のまま終わった唯一の「ソ連海軍において設計され、実際に建造された戦艦」となった。

なお、ソビエツキー・ソユーズ級と共に「大きな艦隊」計画の中核となる予定であった重巡洋艦「クロンシュタット」級は、要求仕様が定まらずに二転三転し、最終的には基準排水量38,540トン、30.5cm砲3連装3基9門装備の最大速力32ノットという「高速戦艦」として1939年11月に2隻が起工されたが、製造遅延が派生して工事が予定通りには進行せず、独ソ戦の勃発によって建造が中止され、後に未完成のまま解体された。

艦形編集

 
本級の設計に影響を与えたヴィットリオ・ヴェネト級の図

船体形状はイタリア海軍「ヴィットリオ・ヴェネト」級の影響を強く受ける長船首楼型船体である。艦首前方に向けて傾斜したクリッパー・バウだが、艦首甲板のシア(甲板の傾斜)は無きに等しく、凌波性を考慮したものではなかった。船体形状は全長が271.5mに比較して全幅が38.92mと充分すぎる全幅を持っていた。これは高速性能を犠牲にしても砲撃時の安定性や防御重量の確保を採ったためである。

全くシアのない艦首甲板から本級より新設計の「1937年型 40.6cm(50口径)砲」を三連装砲塔に納めて1・2番主砲塔を背負い式に2基ずつ配置した。本級の艦橋構造はドイツ海軍装甲艦アドミラル・シェーア」によく似ていた。装甲司令塔を組み込んだ箱型の操舵艦橋の背後に頂上部に測距儀射撃指揮装置を配置した背の高い戦闘艦橋が立つ。

艦橋の背後は直立した2本煙突が立っており、煙突の間は艦載艇置き場とした。艦載艇の運用には2番煙突の手前に立つ後部マストを基部とするクレーン1基により運用された。舷側甲板上には副砲の「15.2cm(57口径)速射砲」を連装式の副砲塔に収めて片舷3基ずつ計6基配置したが中央部の砲塔のみ高所に配置して艦首尾方向への射界を確保した。副砲塔と煙突の間には「10cm(56口径)高角砲」を連装砲架でを片舷3基ずつの計6基を配置した。2番煙突の後部には後部艦橋があり、船首楼の最後に3番主砲塔が後向きに1基配置された。3番主砲塔の左右後方に爆風対策に装甲シャッターで覆われた水上機格納庫が設けられ、そこから甲板一段分下がった後部甲板上に設けられた左右一対のクレーンとカタパルトで水上機は運用される設計であった。

武装編集

主砲編集

本級の主砲には新開発の B-37 1937年型 50 口径 406 mm 砲を採用した。その性能は重量1,108kgの砲弾を最大仰角45度で45,600mまで届けられ、射程13,600mで舷側装甲406mmを貫通できるこの砲を新設計の3連装砲塔に収めた。砲塔の俯仰能力は仰角45度・俯角2度で旋回角度は船体首尾線方向を0度として砲塔が左右150度の旋回角度を持っていた。装填は仰角5度の固定角度装填方式で発射速度は毎分1.75発の設計であった。

副砲・高角砲、その他の備砲編集

本級の副砲には同時期に設計された軽巡洋艦「チャパエフ」級の主砲にも採用されている新設計の B-38 1938年型 57 口径 152 mm 速射砲を採用した。その性能は重量55kgの砲弾を最大仰角45度で23,720mまで届かせるこの砲をインペラートル・パーヴェル1世級以来の砲塔形式に収め、連装砲塔で6基を配置した。砲塔の俯仰能力は仰角45度・俯角5度であった。砲塔の旋回角度は舷側甲板に直置きされた物は135度で高所に配置された砲塔は180度の旋回角度を持っていた。装填は仰角8度の固定角度装填方式で発射速度は毎分7.5発の設計であった。

高角砲も新設計の B-34 1940年型 56 口径 100 mm 高角砲 を採用した。その性能は15.6 kgの砲弾を仰角45度22,241 m、最大仰角85度で高度9,895 mまで届けられたこの砲を連装砲架で6基を配置した。連装砲架の旋回と俯仰は電動と人力で行われ、俯仰は仰角85.5度・俯角5.5度で旋回角度は360度旋回角度を持つが実際は上部構造物により射界に制限があった。発射速度は毎分16発だった。

他に近接火器として 70-K 1941年型 67 口径37 mm 高角機関砲を採用した。この砲は0.732 kgの砲弾を仰角45度8,400 m、最大仰角85度で高度5,000 mまで届かられた。旋回と俯仰は電動と人力で行われ、俯仰は仰角85.5度・俯角10度で360度旋回できたが実際は上部構造物により射界に制限があった。発射速度は毎分160~180発だった。これを四連装砲架で8基を搭載する設計であった。

機関編集

機関配置は自国の巡洋艦と違ってシフト配置ではなく、ボイラー室とタービン機関や補助機械室を前後に置くオーソドックスなものとしている。

重油専焼高温高圧缶12基とスイスBBC社に発注されたタービン3基3軸とを組み合わせて機関出力201,000hp、速力28ノットを発揮させられると計画された。

防御編集

本級は16インチ砲戦艦でありながら満載で排水量6万トンを超える大戦艦であったために防御重量をふんだんに使えた。このため、水線部には厚さ380mmから420mmなる重厚な装甲を10度の傾斜で張る事が出来た。水平防御も最上甲板に25mm、主甲板に最厚部で170mmが貼られ、スプリンター(断片)防御として50mm装甲を張るという念の入れようであった。

その防御力は同クラスの16インチ砲戦艦ではイギリス海軍「ネルソン」級に対して射程距離13,700m~32,000mの安全距離があり、アメリカ海軍「アイオワ」級に対しては25,000m~32,000mの安全距離があるという優秀なものであった。

一方、水線下防御はイタリア式の「プリエーゼ式」水雷防御を採用していた。これは重油で満たした外筒と空気で満たした内筒の二重構造円筒をバルジ内に埋め込み、魚雷による被害を外筒の変形による衝撃吸収で受け止めるアイディアであり、船体内部には35mmから30mm装甲を水密隔壁として張られたが、工作に非常に技術を要求される設計で同種の構造を持つイタリア新戦艦では効果を発揮したものの、旧式艦を改装したコンテ・ディ・カヴール級などはタラント空襲等の実戦で水雷防御が上手く機能せずに大損害を受けている事実から、イタリアよりも造船能力に劣るソ連で建造された本級がカタログデータ通りの水中防御力を発揮できたかは未知数である。船体底部はバルジと接続した二重底となっていた。

同型艦編集

「ソビエツキー・ソユーズ」級は、ソ連の文化的・民族的・経済的中心である「ウクライナ」、「白ロシア」、「ロシア」の三つの地域(若しくは国家)・民族の名称、そして「ソビエト連邦」そのものを艦名に戴くことから推察されるように、まさにソ連を代表する艦になるはずであった。

1938年7月15日起工 1941年7月10日工事中止 1949年4月計画中止、解体
1938年10月31日起工 1941年7月10日工事中止 1947年3月27日計画中止、解体
1939年12月21日起工 1940年10月19日建造中止
1940年4月27日起工 1941年7月10日工事中止 1947年3月27日計画中止、解体

登場作品編集

小説編集

征途

「ソビエツキー・ソユーズ」が登場。史実同様建造が中断されていたが、「元々戦艦や巡洋戦艦に異常な愛着を持っていたスターリンが、日本最後の実働戦艦大和武蔵が日本の南北で米ソ艦隊に大打撃を与えるのを見た結果、艦隊の中核戦力として戦艦が必要だと信じ込んでしまった」という描写があった上で、スターリンの直接命令でクロンシュタット級巡洋戦艦「クロンシュタット」「セヴァストポリ」とともに強引に建造が再開され、完成したという設定とされている。

劇中では北海道戦争においてソビエト援日義勇艦隊旗艦としてアメリカ海軍のサウスダコタ級戦艦アラバマ」や海上保安庁の超甲型警備艦「やまと(大和)」などと交戦する。その後、日本人民民主主義共和国(北日本)が60年代に購入し赤衛艦隊で戦艦「解放」として就役、90年代でも近代化改修[1]によって現役にとどまっており、統一戦争では赤衛艦隊旗艦として空母「統一」(アドミラル・クズネツォフ級航空母艦ヴァリャーグ (空母)」)、巡洋戦艦「栄光」(キーロフ級ミサイル巡洋艦)、巡洋艦「独立」(スラヴァ級ミサイル巡洋艦)等ととも海上自衛隊第二機動護衛群と交戦、対艦ミサイルによる飽和攻撃を仕掛けるも全て迎撃され、逆に海自側からの対艦ミサイル攻撃により他艦共々撃沈された。

脚注編集

  1. ^ 劇中ではフェーズドアレイレーダー「スカイ・ウォッチ(マルス・パッサート)」やSA-N-9、対艦ミサイルを装備している他、描写はないが恐らくCIWSを搭載していると思われる。

参考文献編集

  • p.136-139「実現可能か?世界第二の巨大戦艦」ソ連海軍最初にして最後の戦艦 【ソビエツキー・ソユーズ級】

関連項目編集

外部リンク編集