ソフィア・ヴィルヘルミナ・アヴ・スヴェーリエ

ソフィア・ヴィルヘルミナ・アヴ・スヴェーリエスウェーデン語: Sofia Vilhelmina av Sverige, 1801年5月21日 - 1865年7月6日)は、バーデン大公レオポルト1世の妃。ソフィー・ヴァーサSophie Vasa)とも呼ばれた。ドイツ語名ではゾフィー・ヴィルヘルミーネ・フォン・ホルシュタイン=ゴットルプSophie Wilhelmine von Holstein-Gottorp)、または家名をフォン・シュヴェーデンvon Schweden)と呼ばれた。

ゾフィー・ヴィルヘルミーネ・フォン・シュヴェーデン
Sophie Wilhelmine von Schweden
バーデン大公妃
Winterhalter Grossherzogin Sophie von Baden.jpg
在位 1830年3月30日 - 1852年4月24日

全名 ゾフィー・ヴィルヘルミーネ・カタリーナ・マリー・ルイーゼ・シャルロッテ・アンネ
Sophie Wilhelmine Katharina Marie Luise Charlotte Anne 
出生 (1799-11-09) 1799年11月9日
 スウェーデンストックホルム
死去 (1877-08-05) 1877年8月5日(77歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flagge Großherzogtum Baden (1891–1918).svg バーデン大公国カールスルーエ
埋葬 ドイツの旗 ドイツ帝国
Flagge Großherzogtum Baden (1891–1918).svg バーデン大公国カールスルーエ
結婚 1819年7月25日
配偶者 バーデン大公レオポルト1世
子女 アレクサンドリーネ
ルートヴィヒ
ルートヴィヒ2世
フリードリヒ1世
ヴィルヘルム
カール
マリー
ツェツィーリエ
家名 ホルシュタイン=ゴットルプ家
父親 スウェーデングスタフ4世アドルフ
母親 フリーデリケ・フォン・バーデン
テンプレートを表示

生涯編集

スウェーデングスタフ4世アドルフとその王妃フリーデリケ・フォン・バーデンの娘として、ストックホルムで誕生した。1809年に父王は廃位され、ソフィアも含めて家族ともどもスウェーデンを追放された。

1819年7月25日に母方の大叔父レオポルトと結婚し、8人の子をもうけた。

ソフィアは、1865年にカールスルーエで死去した。

 
ソフィア・ヴィルヘルミナ(ヴィンターハルター画、1831年)