ソフィー・アンダーソン

フランスで生まれ、イギリスで活動した芸術家

ソフィー・ジャンジャンブル・アンダーソンSophie Gengembre Anderson, 1823年 フランスパリ - 1903年3月10日 イギリスコーンウォールファルマス)は、フランス生まれのイギリスの画家。田園風景を背景にした子供と女性の絵を専門とした。彼女の作品は、密接にではないが、ラファエル前派とも関係がある。

ソフィー・アンダーソン
Sophie Anderson
Sophie Anderson The bonfire.jpg
アンダーソン作『焚火』
生誕1823年
フランスの旗 フランス,パリ
死没1924年1月19日
イギリスの旗 イギリス,ファルマス

経歴編集

パリの建築家シャルル・ジャンジャンブルの娘として生まれた。母親はイギリスの地質学者ジョン・ファレイの娘である。ソフィーの絵画は基本的に独学であったが、1843年、パリでシャルル・ド・スチューベンについて肖像画を習ったことはある。1848年フランス2月革命から逃げるため、一家はアメリカに亡命。最初、オハイオ州シンシナティに住むが、後にペンシルベニア州マンチェスターに移る。そこで彼女はイギリス人画家ウォルター・アンダーソンと知り合い、結婚した。

最初は、ルイス・プラングの出版会社(Louis Prang & Company)でクロモリトグラフなど、肖像画を描いていた。1854年、家族とともにロンドンに移り、ロイヤル・アカデミーに作品を出展した。1858年、一家はニューヨークに行き、1863年頃、またロンドンに戻った。

それから30年、彼女はロイヤル・アカデミー、王立英国芸術家協会、他の画廊で広く作品を公開した。彼女の初期の作品は、ラファエル前派と共通する、植物やその他のディテールに対する並々ならぬ配慮が伺える。

1903年、ファルマスの自宅で死去。

作品編集

参考文献編集

  • Charlotte Yeldham, "Anderson , Sophia (1823ミ1903)", Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, Sept 2004; online edn, Oct 2006 accessed 26 June 2007