メインメニューを開く

SOFTくりぃむ』(ソフトくりぃむ)は、2011年10月4日から2012年3月27日までテレビ朝日で放送されていたバラエティ番組

SOFTくりぃむ
ジャンル バラエティ番組
出演者 くりぃむしちゅー
オープニング Zebrahead「Wanna be」
エンディング Sandy Fox「freckles」
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2011年10月4日 - 2012年3月27日
放送時間 火曜日 25:21 - 25:51
放送分 30分
回数 24
公式サイト

目次

概要編集

くりぃむしちゅーの2人が新たな「ソフト」いわゆるソフトウェアを開発するため、いろんなことに挑戦していくくりぃむシリーズ第1弾の番組。

番組名は『ソフトくりぃむ』または『SOFTくりぃむ』と表記される。

本放送開始前の9月30日には、前夜祭として『ソフトくりぃむ 直前緊急特番 上田晋也は大丈夫かSP』が23時15分から放送された。多くのレギュラー番組を抱える上田は「体力的に本当に大丈夫なのか?」という疑問を持った有田が、上田の体力、面白さ、魅力を検証するためにロケを敢行した。

放送を終了した『くりぃむナントカ』同様、企画のMCは主に有田が行う。

上田は声帯ポリープ手術のため最終回に出演することができなかった。

同時間帯は、2012年4月3日から9月25日まで、当番組をリニューアルした『GORIGORIくりぃむ』が放送されていた。

ちなみに文化通信.comの2011年度・テレ朝深夜番組10月改編発表時ではこの番組は「なでしこジャパンの活躍に沸いた日本。次世代を担う日本代表を準備するべく、くりぃむしちゅーが立ちあがった! くりぃむ・有田が中心となり、あらゆるシチュエーションの日本代表を選考してゆくバラエティ番組。」と書かれていた。[1]

出演者編集

レギュラー
アシスタント

放送リスト編集

ネット局と放送時間編集

パイロット版編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 2011年9月30日 23:15 - 24:15 制作局
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) 同時ネット
宮城県 東日本放送(KHB)
福島県 福島放送(KFB)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV) 2011年9月30日 23:45 - 24:45 30分遅れ

レギュラー版編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送開始日 遅れ日数
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 火曜 25時21分 - 25時51分 2011年10月4日 制作局
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 同時ネット
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB) 火曜 24時20分 - 24時50分 2011年10月11日 7日遅れ
石川県 北陸朝日放送(HAB) 月曜 25時15分 - 25時45分 2011年10月17日 13日遅れ
福島県 福島放送(KFB) 火曜 25時20分 - 25時50分 2011年10月18日 14日遅れ
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC) 水曜 25時25分 - 25時55分 2011年10月19日 15日遅れ
青森県 青森朝日放送(ABA) 木曜 25時20分 - 25時50分 2011年10月20日 16日遅れ
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 土曜 25時40分 - 26時10分 2011年10月22日 不明
山口県 山口朝日放送(yab) 木曜 24時45分 - 25時15分 2011年10月27日 1ヶ月遅れ
広島県 広島ホームテレビ(HOME) 金曜 25時55分 - 26時25分 2011年11月11日 不明
大分県 大分朝日放送(OAB) 木曜 25時55分 - 26時25分 2011年11月24日 58日遅れ
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV) 木曜 24時55分 - 25時25分 2012年3月1日 5か月遅れ
北海道 北海道テレビ(HTB) 水曜 24時50分 - 25時20分 2012年4月12日 6か月遅れ[2]

スタッフ編集

  • ナレーター:佐藤賢治
  • 構成:渡辺真也北本かつら、町田裕章、樅野太紀
  • TM:大島秀一
  • カメラ:門倉秀樹(SWISH JAPAN
  • 音声:中西由香里(SWISH JAPAN)
  • 美術:井磧伸介
  • 美術進行:入江大介(テレビ朝日クリエイト)、廣澤陽子(テレビ朝日クリエイト)
  • 大道具:後藤貴弘
  • ヘアメイク:小川和美
  • CG:山本貴歳、南治樹
  • 音効:加藤つよし
  • 編集:小野坂智、米澤武史(IMAGICA
  • MA:宝月健(IMAGICA)
  • 編成:高橋正輝
  • 宣伝:高橋夏子
  • TK:吉条雅美
  • デスク:中川千波
  • 協力:東京オフラインセンター
  • AD:山本健矢
  • AP:冨澤有人(途中まで)、吉田奈央
  • ディレクター:藤本達也、宮本大輔、中西正太、土井功輔
  • チーフディレクター:山内智未
  • プロデューサー:鈴木忠親
  • ゼネラルプロデューサー:藤井智久
  • 制作著作:テレビ朝日

DVD編集

脚注・出典編集

  1. ^ “テレビ朝日「深夜バラエティ」10月大改編!!好調なのになぜ!?”. 文化通信.com. (2011年9月23日). http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=1303&bc=2 2014年1月6日閲覧。 
  2. ^ 第5回目から第16回目まで放送。

関連項目編集

外部リンク編集