ソリッド・マルドゥーン

ソリッド・マルドゥーン(Solid Muldoon)は、1877年に、アメリカ合衆国、今はコロラド州ビューラー(Beulah)付近、マルドゥーン・ヒルとして知られている地点で、発掘された、先史時代のものとされる「石化した人体」である。その人物は、アメリカの短いツアーを楽しんだのち、捏造であることが明らかにされた。それはレスラーウィリアム・マルドゥーンにちなんで命名されたと言われた[1]。彼のニックネームは「ソリッド・マン」("The Solid Man")であった。このニックネームは、それ自体エドワード・ハリガンによって書かれた「"Muldoon, the Solid Man"」と称するコミック・ソングへの言及であった[2]

ソリッド・マルドゥーン
ソリッド・マルドゥーン 立体視用

歴史編集

1877年にソリッド・マルドゥーンは、ジョージ・ハル(George Hull)の悪名高いカーディフの巨人(Cardiff Giant)の捏造の7年後、彼によって創作された。それはモルタル、岩粉、粘土、石膏、ひいて粉にされた骨、血液および食肉で作られた[3]。それは数日間窯で焼かれ、コロラド州ビューラーのメイスズ・ホール(Mace's Hole)近くに埋められた[4]

3か月後に、それはウィリアム・コナント(William Conant)によって「発見され」("discovered")た。彼は化石を探すためにこの地域を頻繁に訪れたとされている。彼は、自分は昼食を食べているとき、ヒトの足に似た珍しい石を見つけ、周囲の土を掘りつづけると、地中に横たわっている7フィートの人間を発見した、と主張した。コナントによれば、全体の姿は硬い粘土に埋め込まれており、つるはしを使って取り除く必要があり、シーダーの木の根に絡まっていた。しかしながら、彼は最終的にそれを発掘し、それをプエブロ (コロラド州)に持って行った。それはそこで展示された。綿密な調査により、ソリッド・マルドゥーンは「石化した男」("petrified man")であるという考えがすぐに払拭された。その代わりに、それは未知の原始的な人種によって彫刻された古代の芸術作品であると見なされた[5]。『Denver Daily Times』は、「この彫像の真正性については疑問の余地がない」("there can be no question about the genuineness of this piece of statuary")と主張しながら捏造の可能性をしりぞけた[6]

コロラドの展示が成功した後、ソリッド・マルドゥーンはニューヨークまで群衆を魅了しながら、道を進んだ。有名なショーマンP・T・バーナムはこの身体に2万ドルを提供したとうわさされた[3]。ある記者は、この捏造は最終的に『New York Times』に現代起源の人工人物として明らかにされ、「あたかもジョークを楽しんでいるかのように顔に知っているぞという微笑をうかべて」("with a knowing smile on his face as if enjoying the joke")と述べた[6]。訪問者が不足した後に、ソリッド・マルドゥーンは公衆の注目を集めなくなった。

記述編集

ソリッド・マルドゥーンで表される人物は、身長約7フィート6インチで、仰向けに横たわり、片腕を胸に交差させ、もう一方の手を片脚に乗せている。容貌は、ある現代の記述では「アジア人...古代エジプト人とアメリカ・インディアンの交配」("Asiatic ... a cross between an ancient Egyptian and an American Indian")と記述された。身長の他に、この人物には他にもいくつかの変わった特徴がある。それぞれの腕の長さは約50インチで、足は長く、平らで、スリムである。背骨の端は尾のように約2〜3インチ外側に突き出ており、これは「ダーウィン理論の真実を強く示唆している」("strongly suggestive of the truth of the Darwinian theory")と見なされた[5]

遺産編集

The Solid Muldoon』は、コロラド州オウレイ(Ouray)にある地元紙の名前であり、それは1879年9月5日にDavid F.Dayによって創刊された[7]。それは一連の名称変更と統合をへて、最終的には現在の『Durango Herald』になった[8]

オリジナルが制作されてからほぼ1世紀後の1976年に、或る美術生が、コロラド州100周年を祝うために、鉄の梁、成形されたスタッコ・ワイヤー、石膏からソリッド・マルドゥーンを再創作した。[要出典]新ソリッド・マルドゥーンは、簡単な地元ツアーの後、エル・プエブロ歴史博物館(El Pueblo History Museum)に展示された。1984年に、それはプエブロとベウラ(Beulah)との間の  ハイウェイ78の近くのマークされた区画に埋葬された[9]

「"Solid Muldoon"」は、ユタ州サミット郡ワサッチ山脈のDeer Valleyスキー・リゾートのラン(run)の名前である。

脚注編集

  1. ^ "Hoax About the Stone Man". The Pueblo Indicator. January 1, 1944.
  2. ^ Meade, Don (1997). "The Life and Times of 'Muldoon, the Solid Man'. New York Irish History 11.
  3. ^ a b Rose, Mark (November–December 2005). “When Giants Roamed the Earth”. Archaeology (Archaeological Institute of America) 58 (6). http://www.archaeology.org/0511/etc/giants.html. 
  4. ^ Shackle, Eric (May 2000). "Letter to Walt Whitman: Jimplecute, Tombstone Epitaph, Flume and the Solid Muldoon".
  5. ^ a b "Discovery of a Singular Stone Figure Near Pueblo, Col. - What Is It?". The Carroll Herald. October 31, 1877.
  6. ^ a b Calhoun, Patricia (May 8, 2003). "Go Figure". Denver Westword.
  7. ^ Colorado newspapers in Special Collections Archived 2007-09-23 at the Wayback Machine., Colorado College. Retrieved 2007-12-29.
  8. ^ Courtney, Gary. "'The Solid Muldoon' Newspaper of Ouray". Blackhawk Publishing. November 13, 2005. Archived from the original on July 8, 2011.
  9. ^ "Beulah Grave Marker Memorializes the Solid Muldoon". American Profile. August 25, 2007.

外部リンク編集