メインメニューを開く

ソルタム・システムズ (英語: Soltam Systems, ヘブライ語: יָקְנְעָם עילית‎)は、イスラエル北部地区の工業都市ヨクネアムに拠点を置く軍事・防衛関連企業である。イスラエル独立直後の1950年に設立され、榴弾砲迫撃砲自走砲砲弾などの開発および製造を行っている。これらの火砲や付随するシステムは母国のイスラエル国防軍で運用されるだけでなく、アメリカ合衆国をはじめとする他のNATO加盟国など、友好国にも多く輸出されている。

ソルタム・システムズ
Soltam Systems
企業形態 非公開会社
業種 軍需産業
設立 1950年
創業者 シュロモ・ザブドウィッツ
本社 イスラエルヨクネアム (北部地区)
製品 迫撃砲榴弾砲、他
所有者 エルビット・システムズ英語版
従業員数 350名 (2007年)
ウェブサイト www.soltam.com
テンプレートを表示

目次

歴史編集

ソルタム・システムズは1950年にポーランド生まれのユダヤ人シュロモ・ザブドウィッツによって、イスラエル軍向けに火砲を製造するメーカーとして設立された。

ザブドウィッツは1914年生まれで、第二次世界大戦時には家族と共にアウシュヴィッツ強制収容所に収容されており、彼と彼の妻だけが生き延びた。戦後、スウェーデン経由でフィンランドに移住したザブドウィッツはフィンランドの重機械メーカータンペラ英語版フィンランド語版[1]の協力を得て、タンペラ社製の火砲をライセンス生産する子会社としてソルタムを設立した[2]

以来ソルタム・システムズは、タンペラ社製の迫撃砲や榴弾砲のライセンス生産や改良版の開発の他、これらの火砲を旧式化した戦車などの車体に搭載した各種自走砲の開発なども行っている。

2010年10月に、ソルタム・システムズは同じイスラエルの軍事企業であるエルビット・システムズ英語版の子会社となった[3]

製品の例編集

榴弾砲編集

迫撃砲編集

自走砲編集

脚注・出典編集

  1. ^ タンペラ社の防衛関連部門は現在はパトリア英語版フィンランド語版社の一部となっている
  2. ^ Vesa Toivonen. From Tampella to Patria. Karisto 2003 Pages 94-111 ISBN 952-5026-26-4 English synopsis pg.111
  3. ^ http://ir.elbitsystems.com/phoenix.zhtml?c=61849&p=irol-newsArticle&ID=1483376&highlight=
  4. ^ soltam mortars”. www.globalsecurity.org. 2008年7月25日閲覧。
  5. ^ militaryfactory.com Soltam Rascal Lightweight Self-Propelled Gun (SPG) Vehicle
  6. ^ army-technology.com Rascal 155mm Light Self-Propelled Howitzer, Israel
  7. ^ ATMOS 2000”. www.army-technology.com. 2008年7月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集