メインメニューを開く
旧正月 > ソルラル

ソルラル: 설날)とは、韓国における旧正月のことを、北朝鮮における陽暦のお正月のことを意味する。

韓国ではソルラルをソル(설)と略したり、クジョン(구정(旧正)=旧正月)と表現したりもする。旧正月の当日を含めて前後3日間が祝日である。旧正月(ソルラル)が秋夕(チュソク=旧暦のお盆)と一緒に韓国で2大祝日に入る。

北朝鮮は太陽暦の1月1日をソルラル(お正月, 설날)と呼びながら記念し、旧正月は単に休憩日とみなし一日休む。 北朝鮮は太陽暦のお正月(ソルラル)を旧正月より重要に記念する。北朝鮮ではソルミョンジョル설명절(설名節))と呼ばれることが多い。

目次

概要編集

「ソルラル」という言葉自体は、元旦を意味する韓国語の一般名詞でもある(例えば「日本の元旦」は「日本のソルラル」と表現する)が、特に断りが無い場合は、旧暦における韓国の元旦(旧正月)を意味する。

李氏朝鮮の旧暦は、宗主国だった中国朝が使用していた時憲暦なので、ソルラルの日付と中国の春節(旧正月)の日付は一致する。

朴正煕政権時代は旧正月を廃止しようとしたが、国民の抵抗が強く叶わなかった。旧正月が公休日になったのは、その後の全斗煥政権からである。

日本元旦正月)と同じく、

  • 田舎・実家に帰省する
  • 伝統行事を行う
  • 伝統料理を食べる
  • 伝統遊戯を遊ぶ

といった日として認識・期待されている。秋の秋夕(チュソク)と対になっている。帰省ラッシュ高速国道が渋滞し、公共交通機関も混雑するのが定例となっている。

文化・行事編集

ソルラルに特徴的な文化としては、以下の様なものがある[1]

伝統遊戯

脚注・出典編集

関連項目編集