ソルヴェー邸(ソルヴェーてい、フランス語: Hôtel Solvayオランダ語: Hotel Solvay)は、ベルギーブリュッセル市のルイーズ / ルイザラン通りにある、ヴィクトール・オルタによって設計された大きなアールヌーボー様式のタウンハウス。

この家は、裕福なベルギーの化学者であり実業家でもあるエルネスト・ソルベイの息子アルマンド・ソルベイから委託された。この裕福な常連客にとって、オルタは貴重な資料と高価な細部に財産を費やすことができた。オルタは家具、カーペット、照明器具、食器、さらには玄関の呼び鈴まですべての詳細を設計し、大理石、オニキス、ブロンズ、熱帯林などの高価な材料を使用した。階段の装飾のために、オルタはベルギーの点描画家テオ・ファン・レイセルベルヘに協力してもらっている。

ギャラリー

編集

脚注

編集

参考文献

編集
  • フランソワーズ・オーブリーとジョス・ヴァンデンブリーデン、 オルタ、アールヌーボーからモダニズムへ 、ルディオン・プレス・ゲント  — Harry N. Abrams Publishers New York、1996。

関連項目

編集

外部リンク

編集