ソレミアSolemia2008年2月20日 - )はアイルランドで生産された[1]鹿毛競走馬フランスカルロス・ラフォン=パリアス厩舎に所属し、2012年凱旋門賞 (G1) で日本のオルフェーヴルを破り優勝した[2]。 勝ち鞍はほかに2012年のコリーダ賞英語版 (G2) がある[1]

ソレミア
Solemia 001.jpg
2012年ジャパンカップ
欧字表記 Solemia
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2008年2月20日(14歳)
Poliglote
Brooklyn's Dance
母の父 Shirley Heights
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産者 Wertheimer et Frere[1]
馬主 Wertheimer et Frere[1]
調教師 Carlos Laffon-Parias[2]フランス
競走成績
生涯成績 14戦5勝[1]
テンプレートを表示

経歴編集

2歳時(2010年)編集

10月のデビュー戦は6着、2戦目で初勝利。

3歳時(2011年)編集

3月、6月、9月と間隔をあけながら出走したが3連敗。9月30日のリステッド競走で2勝目を挙げ、続くコンセイユドパリ賞 (G2) で2着。

繁殖入りの計画もあったが、重賞を一つ勝つことを目標に、もう一年だけ現役を続けることになった。

4歳時(2012年)編集

4月19日のリステッド競走を勝ち、エドゥヴィル賞 (G3) で2着、コリーダ賞 (G2) で重賞初制覇。

8月11日のポモーヌ賞は61kgを背負って4着、凱旋門賞の前哨戦であるヴェルメイユ賞からシャドーロールを装着して3着の後、凱旋門賞に出走。12番人気と低評価ながら[3]オリビエ・ペリエが騎乗しオルフェーヴルをクビ差かわして優勝した。

東京競馬場11Rの第32回ジャパンカップ(G1)に出走するも7番人気、13着と惨敗した。この出走を最後に引退した。

引退後編集

馬主のヴェルテメール兄弟が所有のまま、繁殖牝馬となる。

血統表編集

ソレミア (Solemia)血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サドラーズウェルズ系

Poliglote
1992 鹿毛
父の父
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
父の母
Alexandrie
1980 黒鹿毛
Val de l'Orne Val de Loir
Aglae
Apachee Sir Gaylord
Americaine

Brooklyn's Dance
1988 黒鹿毛
Shirley Heights
1975 鹿毛
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Hardiemma *ハーディカヌート
Grand Cross
母の母
Vallee Dansante
1981 鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Green Valley Val de Loir
Sly Pola
母系(F-No.) (FN:16-c) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 3×4=18.50%、Val de Loir 4×4=12.50%、Lalun 5×5=6.25% [§ 3]
出典
  1. ^ [4]
  2. ^ [4]
  3. ^ [4]

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Arc de Triomphe Winner Solemia Retired” (英語). BloodHorse.com (2012年11月26日). 2013年4月1日閲覧。
  2. ^ a b Lewin, Myra (2012年10月7日). “Flying Solemia Catches Orfevre for Arc Upset” (英語). BloodHorse.com. 2013年4月1日閲覧。
  3. ^ 『優駿』2012年11月号、 12頁。
  4. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Solemia(IRE)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年10月6日閲覧。

外部リンク編集