ソング・フォー・マイ・ファーザー

ソング・フォー・マイ・ファーザー」(Song for My Father)は、ホレス・シルヴァーが作曲した楽曲。オリジナルの録音は、シルヴァーのクインテットによって、1964年10月26日に行なわれた。この曲は、ジャズスタンダード曲のひとつとなり、シルヴァーの代表作といえるものとなった[1]

Song for My Father
ホレス・シルヴァーの作曲作品
収録アルバムソング・フォー・マイ・ファーザー
録音1964年10月26日
ジャンルジャズハード・バップ
レーベルブルーノート・レコード
作曲者ホレス・シルヴァー
言語英語
プロデュースアルフレッド・ライオン

楽曲の構成編集

「ソング・フォー・マイ・ファーザー」は、24小節のAAB形式の構造をもち、4/4拍子で演奏される[2]。キーは、Fマイナー(ヘ短調)である[2]。この曲にはボサノヴァに似た雰囲気があり、執拗低音が盛り込まれている[2]。この曲に用いられている和音は、Fm9 - E9 - D9 - C9 の4つしかない。この曲は8分音符をイーブンに演奏し、(3連符のシャッフルに近い)いわゆるスウィングには演奏しない[3]

オリジナル録音編集

オリジナルの録音では、シルヴァーのピアノを前面に出し、これをジョー・ヘンダーソン(テナー・サックス)、カーメル・ジョーンズ英語版(トランペット)、テディ・スミス英語版(ベース)、ロジェー・ハンフリーズ英語版(ドラムス)が支えている[4]。録音は、1964年10月26日ニュージャージー州イングルウッド・クリフス英語版で行なわれた[4]。最初に発表されたのは、この曲をタイトル曲としたアルバム『ソング・フォー・マイ・ファーザー』においてであった[4]

「冒頭の即興伴奏 … に続いて、シルヴァーによる最も影響力のあったテーマのひとつが提示され、次いでリーダーであるシルヴァーと、ジョー・ヘンダーソンがそれぞれに完璧なソロをとる。ヘンダーソンのソロは、主題を変奏するという形で録音されたジャズの歴史の中でも最も偉大なソロのひとつであり、すべては冒頭の3つの音から編み出されている」[4]。シルヴァーは、この曲の即興演奏の部分で、「歴史の先例を呼び起させるように、ブルーノートやブルース音階を用い、属和音(ドミナント)の和音の箇所にミクソリディア旋法によるモードの概念を盛り込み、スウィングするリズムを休符で区切っている。また、属和音(ドミナント)や主和音(トニックコード)のところでブルース音階を用い、3度、5度、7度をフラットにして演奏している」[5]。2番に入った25小節目から、「シルヴァーはそれまでの3度のハーモニーを、4度のハーモニーへと切り替えている」[5]

「伴奏に見られるふたつの特徴は、メロディそのものに匹敵するほど重要である。第一に、ベーシストは、コードの根音と5度しか弾いていない … 第二に、リズム・セクションは、6小節ごとにブレイクを入れている。ベースのパターンも、休符のある小節も、テーマの提示の部分やソロの部分を通して一貫しており、演奏全体をひとつにまとめ、継続性を強く意識させるものとなっている。[3]

後年のバージョン編集

この曲は、2014年までに、180以上のバージョンが録音されていた[6]

冒頭のピアノの低音は、スティーリー・ダンの「リキの電話番号 (Rikki Don't Lose That Number)」にも借用されており[7][8]また管楽器のリフは、スティーヴィー・ワンダーの「くよくよするなよ (Don't You Worry 'Bout a Thing) にも使われた。[要出典]アース・ウィンド・アンド・ファイアーも冒頭のベースの音を「Clover」で借用している。[要出典]ポール・ウェラーは、ボックスセットのブックレットの中で、「スタイル・カウンシル1984年の曲「Me Ship Came In」にこの曲のコード展開を流用した」と述べている。[要出典]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Keepnews, Peter (2014@06-18). “Horace Silver, 85, Master of Earthy Jazz, Is Dead”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2014/06/19/arts/music/horace-silver-85-master-of-earthy-jazz-is-dead.html?_r=0 
  2. ^ a b c Meadows, Eddie S. (2013) Jazz: Research and Pedagogy (3rd ed.). Routledge, p.xxii.
  3. ^ a b Owens, Thomas (1996). Bebop – The Music and Its Players. Oxford University Press. pp. 222. ISBN 978-0-19-510651-0 
  4. ^ a b c d Kirchner, Bill "The Dozens: Horace Silver". jazz.com. Retrieved January 1, 2016.
  5. ^ a b Meadows, Eddie S. (2013) Jazz: Research and Pedagogy (3rd ed.). Routledge, p.xxx.
  6. ^ McDonough, John (September 2014) "Horace Silver". Down Beat p. 49.
  7. ^ Mason, Stewart. “Steely Dan "Rikki Don't Lose That Number"”. AllMusic. 2014年11月5日閲覧。
  8. ^ Huey, Steve. “Song for My Father (1964)”. Blue Note Records. 2014年11月5日閲覧。