メインメニューを開く
ニューヨーク市のソーダ・ジャーク(1936年)
テキサス州のソーダ・ジャーク(1939年)

ソーダ・ジャーク (Soda jerk)あるいはソーダジャーカー[1]は、ドラッグストア内のソーダ・ファウンテンにおいてソーダ水やクリームソーダを客に振る舞う従業員であり、一般的に若者が勤める[2]。専用の背の高いグラスにフレーバー・シロップ英語版を入れて炭酸水を注ぎ、ひとすくいないしふたすくいのアイスクリームを加え、「ソーダスプーン」と呼ばれる長柄のスプーンとストローを添えて客に出すのが一般的である。

ソーダ・ジャークの名前はサーバー(給仕人)がソーダ水を注ぐ際にソーダ・ファウンテン・ハンドルを前後に振る、「jerking」(大きく揺らす)動作に由来する[3]

マイケル・カール・ウィッツェルはソーダ・ジャークを「完璧なエンターテイナーイノベイターかつフリーランサーの語学者... 金ぴか時代のポップカルチャースター」と評している[4]

ソーダ・ファウンテンは1940年代に人気絶頂期を迎えた。アイスクリーム・パーラー英語版の急速な普及に伴って衰退し、ドライブインや徒歩で行けるファーストフード店の台頭によってソーダ・ジャークはグリルマンやフライクックに人気を奪われることになった[4]

脚注編集

  1. ^ Irving Allen (1993). The City in Slang. Oxford Oxfordshire: Oxford University Press. ISBN 0-19-509265-1. 
  2. ^ Eric Partridge (2006). The New Partridge Dictionary of Slang and Unconventional English. New York: Routledge. ISBN 0-415-21258-8. 
  3. ^ Kevin McCafferty. “Soda Jerks History”. San Gabriel Valley Menus. 2006年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月3日閲覧。
  4. ^ a b Michael Witzel (2002). “Splendour of the Soda Fountains”. The American Drive-in Restaurant. Osceola: Motorbooks International. ISBN 0-7603-1350-4. 

関連項目編集

外部リンク編集