メインメニューを開く

ゾフィー・アマーリエ・フォン・ブラウンシュヴァイク=カレンベルク

ゾフィー・アマーリエ・フォン・ブラウンシュヴァイク=カレンベルク: Sophie Amalie von Braunschweig-Calenberg, 1628年3月24日 - 1685年2月20日)は、デンマーク=ノルウェーの王フレゼリク3世の王妃。

ゾフィー・アマーリエ
Sophie Amalie
デンマーク=ノルウェー王妃
Sophieamaliedenmark.jpg
1670年
全名 Sophie Amalie von Braunschweig-Calenberg
ゾフィー・アマーリエ・フォン・ブラウンシュヴァイク=カレンベルク
出生 1628年3月24日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Coat of Arms of Brunswick-Lüneburg.svg カレンベルク侯領ヘルツベルク・アム・ハルツヘルツベルク城
死去 (1685-02-20) 1685年2月20日(56歳没)
デンマークの旗 デンマーク=ノルウェーコペンハーゲンアマリエンボー宮殿
埋葬  
デンマークの旗 デンマーク=ノルウェーロスキレロスキレ大聖堂
配偶者 フレデリク3世
子女
父親 ゲオルク
母親 アンナ・エレオノーレ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット
テンプレートを表示

カレンベルク侯ゲオルクと妃アンナ・エレオノーレヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世の娘)の娘として、ヘルツベルク・アム・ハルツ(現在のドイツニーダーザクセン州)で生まれた。兄にリューネブルク侯クリスティアン・ルートヴィヒゲオルク・ヴィルヘルム、カレンベルク侯ヨハン・フリードリヒ、弟に初代ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストがいる。その息子はイギリス王ジョージ1世となった。また、姪に神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世の皇后アマーリア・ヴィルヘルミーネがいる。父方の祖母にデンマーク王クリスチャン3世ドロテア王妃の娘ドロテア王女がおり、フレゼリク3世とは又従兄妹の間柄である。

1643年10月、グリュックスブルク城でフレゼリク王子と結婚し、5年後に王妃となった。

フレゼリク3世の治世の最初から息子クリスチャン5世が王位についた1670年まで、ゾフィー・アマーリエは政治的決定に強い影響を及ぼした。1650年代初頭、国王夫妻を脅かすコルフィッツ・ウルフェルトとレオノーラ・クリスティナ(夫フレゼリク3世の異母妹とその夫)との政争に積極的に活動していた。彼女は絶対王政の導入に何らかの決定権を握っていたと思われている。スウェーデンによるコペンハーゲン包囲(1658年 - 1660年)の後、国王夫妻の国民的支持は急上昇した。

ゾフィー・アマーリエは、王国の経済状態が良くないにもかかわらず、狩りが大好きで、贅沢品の購入や大規模な宴会を開いて宮廷生活の中心にいた。1669年から1673年の間に建設されたアマリエンボー宮殿を、寡婦となってから自分の住まいとした。1685年、コペンハーゲンで没し、ロスキレ大聖堂に葬られた。

子女編集