ゾフィー・ツー・ゾルムス=ラウバッハ

ゾフィー・ツー・ゾルムス=ラウバッハSophie zu Solms-Laubach, 1594年5月15日 - 1651年5月16日)は、ドイツブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨアヒム・エルンストの妻。長姉のアグネスヘッセン=カッセル方伯モーリッツの妻、すぐ上の姉のジビュレ(1590年 - 1659年)はアンハルト=プレッツカウ侯アウグストの妻である。

ゾフィー・ツー・ゾルムス=ラウバッハ
Sophie zu Solms-Laubach
Sophie of Solms-Laubach.jpg

出生 (1594-05-15) 1594年5月15日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ゾルムス=ラウバッハ伯領、ラウバッハ
死去 (1651-05-16) 1651年5月16日(57歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
アンハルト=プレッツカウ侯領、プレッツカウ
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Hohenzollern banner.svg アンスバッハ辺境伯領アンスバッハ、聖グンベルトゥス教会
配偶者 ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨアヒム・エルンスト
子女 ゾフィー
フリードリヒ
アルブレヒト
アルブレヒト
クリスティアン
家名 ゾルムス家
父親 ゾルムス=ラウバッハ伯ヨハン・ゲオルク
母親 マルガレーテ・フォン・シェーンブルク=グラウハウ
テンプレートを表示

ゾルムス=ラウバッハ伯ヨハン・ゲオルク(1547年 - 1600年)とその妻のマルガレーテ・フォン・シェーンブルク=グラウハウ(1554年 - 1606年)の末娘(第16子、八女)として生まれた。1612年10月14日にアンスバッハにおいて、ヨアヒム・エルンストと結婚した。1625年に夫が死ぬと、当時9歳だった長男フリードリヒの摂政としてアンスバッハ侯領を統治した。1634年に摂政を一旦退くが、直後にフリードリヒがネルトリンゲンの戦いで戦死したため、後を継いだ14歳の三男アルブレヒトの摂政となり、1639年まで務めた。なお、摂政統治に際しては次兄のゾルムス=レーデルハイム伯フリードリヒを相談役とした。

子女編集

夫との間に4男1女の5人の子女をもうけた。

  • ゾフィー(1614年 - 1646年) - 1641年、ブランデンブルク=バイロイト辺境伯世子エルトマン・アウグストと結婚
  • フリードリヒ(1616年 - 1634年) - ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯
  • アルブレヒト(1617年)
  • アルブレヒト(1620年 - 1667年) - ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯
  • クリスティアン(1623年 - 1633年)

参考文献編集

  • M. Spindler, A. Kraus: Geschichte Frankens bis zum Ausgang des 18. Jahrhunderts, München 1997. ISBN 3-406-39451-5