メインメニューを開く

ゾンビデオ』は2011年製作、2012年12月29日公開の日本映画。ゾンビが現れた世界を描くホラー映画であるがコメディ的な要素も多い。

ゾンビデオ
ZOMVIDEO
監督 村上賢司
脚本 河井克夫
製作 山口幸彦
小林智浩
田坂公章
出演者 矢島舞美℃-ute
宮崎吐夢
鳥居みゆき
中島早貴℃-ute
主題歌 ℃-ute
『世界一HAPPYな女の子』
撮影 長野泰隆
製作会社 キングレコード
日本出版販売
配給 太秦
公開 日本の旗 2012年12月29日
上映時間 77分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

「ゾンビ学入門」という対ゾンビのHOW TO ビデオを観ながらヒロインがゾンビと戦っていく「体感型ホラー・コメディ」[1]

映画内で多くのゾンビ映画について語られており、ゾンビ映画が存在する世界で起こるゾンビハザードを描いた作品である。

キャッチフレーズは「世界一キュートなゾンビ映画」。

ストーリー編集

映像製作会社で働くアイコはゾンビの対処方法を紹介したHOW TO ビデオ「ゾンビ学入門」を発見する。同じ頃、ヤスデをリーダーとするゾンビ軍団が日本にゾンビハザードを起こし、アイコのいる会社へと乗り込んでくる。

エピソード編集

  • 当初のタイトルは「ゾンビ学入門」。[2]
  • 元々は対ゾンビマニュアルDVDとしてバラエティ色の強い企画ものの作品になる予定だったが、キャスティングの問題などがあり、物語内に取り込んで映画にするという形になった。[3]
  • 2011年に撮影、同年10月に完成披露試写会が行われたが、実際の公開は2012年12月となった。この理由について「公開を2年遅らせろという霊媒師の忠告を守って延期していたが、ファンの要望により一年前倒しで公開することになった」としている。[1]なお、2013年3月まで公開されており、劇場公開期間としては2年後に公開している。
  • この映画ではゾンビ化すると髪の毛の一部が立つことになっている。

キャスト編集

スタッフ編集

音楽編集

  • 主題歌:「世界一HAPPYな女の子」℃-ute
  • 挿入歌:「ゾンビ節」カナブン(中島早貴
  • 挿入曲:「Put in Action」戸梶圭太

ビデオグラム編集

Blu-rayとDVDが2013年4月10日に発売され、特典映像として「劇場予告編」、「メイキング」、「舞台挨拶映像」、「杉作J太郎イメージビデオ」、「村上賢司監督、河井克夫(脚本家)によるオーディオコメンタリー」が収録されている。

劇場公開編集

映画祭での上映編集

その他の上映編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 公式HP 作品紹介より[1]
  2. ^ ソフト化による特典映像「村上賢司監督、河井克夫(脚本家)によるオーディオコメンタリー」より。同じくこの中でシナリオ第一稿では「喜劇ゾンビ学入門」というタイトルであったことも話している。また2011年7月発売の「別冊映画秘宝 ゾンビ映画大マガジン」では「ゾンビ学入門」として紹介されている
  3. ^ ソフト化による特典映像「村上賢司監督、河井克夫(脚本家)によるオーディオコメンタリー」、「別冊映画秘宝 ゾンビ映画大マガジン」(洋泉社)収録の村上賢司インタビュー、「ユリイカ」(2013年2月号)収録の風間賢二と伊藤美和による対談「スタディオブザデッド」より

外部リンク編集