メインメニューを開く

ゾンビリベンジ』(Zombie Revenge)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が1999年に発売したアーケードゲーム

目次

概要編集

多方向スクロール型3Dアクションゲーム。プレイヤーキャラクター3名のうち2名がザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズに登場する組織・AMSのエージェントであり、ほかに本作のステージ6が初代『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』のキュリアン邸を彷彿とさせる建物(ステージ名も『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』の最終ステージ名である「the house of the dead」であり、BGMも『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』のものが使われている)、そしてラストボスMagicianになっているなど、ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズの要素もいくつかある[1]

開発はセガの第1AM研究開発部が担当。プラットフォーム基板にはNAOMIが採用されている[2]

1999年11月25日ドリームキャスト移植版が発売された。なお、この移植版ではプレイヤーキャラクターの隠しコスチュームが2つに増えている。

ストーリー編集

約40年前某国でプロジェクトUDS(Un Dead Soldier) という、「死なない兵士」、いわゆるゾンビの開発を目的とした国家計画が始まった。一時は暗礁に乗り上げたほど困難を極めたプロジェクトだったが、「ギル細胞」という人を死に至らしめたあと、被害者の体中の細胞と融合し、不完全ながらもかつての機能を取り戻そうとする驚異の細胞発見により、ほぼ完成へと導く。

この細胞によって死に、「蘇った」人間は、再現させられた喰う・争うといった本能的な行動をひたすら繰り返す姿は まさに生ける屍、ゾンビとしかいいようがなかった。

ところがこのプロジェクトは、完成直前に何者かによって全てを奪われ、関係者を含め闇に葬られてしまった。そして1年後、世界中でゾンビが大量発生した。

この事件を受けAMSはエージェント「スティック・ブライトリング」、相棒の女性「リンダ・ロッタ」、途中知り合った男「毒島力也」とともに、事件の首謀者と思われる謎の人物に指定された場所へと急いだ。その途中、謎の人物からメールが届く。

果たして、この3人はこの事件を解決できるのだろうか。

登場人物編集

スティック・ブライトリング(Stick Breitning
主人公。特殊機関「AMS」に所属するエージェント。27歳[3]。バランスの取れたキャラクター。両親は遺伝子工学の研究者でもあったが[4]、2人とも謎の死を遂げている。
リンダ・ロッタ(Linda Rotta
スティックの相棒で特殊機関「AMS」の女性エージェント。22歳[3]。15歳で大学を卒業したほどの才女で[4]、その影響もあって射撃に関して天才的な腕前を持つ。ただし、肉弾戦には弱いという弱点もある。また、美しい容姿と、豊満なバストの持ち主でもある。
毒島 力也(ぶすじま りきや)
声:井上真樹夫 / 浪川大輔プロジェクト クロスゾーン[5]
某国の「内務省特務調査課」に属す男。32歳[3]。1000年もの歴史を誇る「毒島流」の伝承者で何かを感じ自らこの地へ訪れた。

その他編集

ヨーコ
恋人とゾンビから逃れ、後に恋人が死亡し、倉庫の中で身を潜めていた。ゼドにフロッピーディスクを渡され、スティック達が現れたらフロッピーディスクを渡すように伝えられていた。彼女をゾンビから救出した場合は渡される。死亡した場合でも入手する事ができる。
エンディングによっては死亡した場合はゾンビとなり復活し、救出した場合は苛つかせながらゼドに金を要求していた事が明らかになる。
マルコ=クラウド
「AMS」に属す黒人男性。緑色の服と帽子がトレードマーク。ゲーム中で主役3人をサポートしてくれる。また元々は彼もプレイヤーキャラクターの1人になる予定だった。

敵キャラクター編集

ゼド(Zed
3人にメッセージを送り付けた男。金色の瞳を持つ[3]。実は本作の黒幕でスティックの両親を殺害した人物でもあり、過去にスティックの父から両親を殺害された恨みからスティックに復讐する為に今回の事件を起こした。最終ステージのボスの一体として登場し、スティック達に殺害された後、ゼドの死体に本作のラストボスであるMagicianが憑く事となった。

ゾンビ編集

エビタン
全身緑色のミュータント。
ラッチ
もっとも量産された基本的なゾンビであり、既に某国の組織により大量生産されたもの。初期のUDSであるため、その能力は全てにおいて低い。もとになった男性は、誘拐されたホームレスの一人らしい。
マッコイ
量産されたゾンビ。
へルモンキー
サルをベースにしたゾンビ。

ボス編集

脚注編集

外部リンク編集