メインメニューを開く

ゾンビ (バイオハザードシリーズ)

ゾンビは、カプコンアクションアドベンチャーゲームバイオハザードシリーズ』や、それを原作とした各種作品群に登場するクリーチャー。本記事では、ゾンビの亜種についても解説する。

概要編集

T-ウィルス感染した人間のなれの果て。正式名称は活性死者という。主な感染ルートは、ウイルスによる汚染水や保菌生物(作中では主にネズミ)との接触である。一般的なフィクションとは違い、ゾンビに噛まれたりすることによる感染が主なわけではないが、ゾンビなどのクリーチャーから感染させられるケースもあり、登場人物が作中でゾンビ化してしまうのはこちらの場合がほとんど。ヒトがゾンビへと変化する詳細な過程は「T-ウィルス」の項目に任せるが、T-ウィルスに感染してからある程度の時間[注 1]が経過すると前頭葉が破壊されて理性を失い、「食欲」のみに基く行動を取り始める。また、新陳代謝が異常に増幅し、「発症初期には皮膚に激しいかゆみを覚える」「ヒトでは死に至るほどの肉体的なダメージに耐え得る生命力を得る」「胃酸濃度が極度に上昇して大量のエネルギー摂取(食物の素早い消化吸収)が可能となり、常に強い空腹感を抱える」などの症状を露呈するようになる。

一部資料においては「蘇った死者」と表現されることも多いが、『バイオハザードシリーズ』のゾンビはあくまでも生きた感染者であり、死者ではない。T-ウィルスの公式設定でも、生物を蘇らせる効果はないとされている。作品によっては墓地の地面からゾンビが出現する場合があるが、前述の設定を踏まえると、死体がウィルスに感染したのではなく、潜伏段階で仮死状態となった感染者を死亡したと誤認して埋葬してしまったものと考えられる。

特徴・生態編集

多少の損傷では活動を続け(たとえ腹部を破壊されたり下半身を切断されても、個体によっては活動し続ける)、呼吸不能な環境下でも全く問題としない[注 2]が、頭部(特に脳)や脊髄組織などの中枢神経系を破壊された場合や、エネルギーとなるタンパク質の摂取が代謝に追い付かない場合には生命活動を停止する。この際は、他のゾンビの餌食(いわゆる共食い)となることもある。ただし、十分な栄養を摂取し続けることができた場合にはウィルスによる変異がさらに進行し、リッカーサスペンデッドといったクリーチャーへと変貌することになる。

外見は生前の状態(年齢、性別、職業など)によって様々であるが、基本的には腐乱死体そのもの。ただし損傷が少ない場合には生前の面影が残されているため、正常な人間がゾンビ化した友人や家族への攻撃をためらうケースもある[注 3](これがラクーンシティにゾンビが溢れ返った要因の1つとされている[1])。

集団で行動することが多いが、特に仲間意識などがあるわけではない[注 4]。感染前の記憶はほとんど残っておらず、さらに、T-ウィルスの副作用である著しい知能低下により、自分と何らかの関係のある場所を徘徊する程度となっている。また、それにより武器を用いることも無くなっており、『バイオハザード CODE:Veronica』では後ろ腰に銃を装備していた訓練生のゾンビがクレア・レッドフィールドに向かって素手で接近し、動く中で銃を落としても見向きもしない場面があった。作品によってゾンビを倒すと弾薬が手に入るのは、このためである。

本来、ゾンビはT-ウィルス研究の単なる副産物に過ぎず、大した存在ではなかったが、その爆発的な増殖率と特異な生態から、ニコライ・ジノビエフのような監視員による観察対象ともなっており、「死者が蘇る」という恐怖感を利用した敵の士気の低下や、捕虜にウィルスを投与してから解放するなどの撹乱作戦に用途を絞れば、戦場においても高い有用性があることが推測されている。なお、ゾンビは生物兵器ではないが、『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』ではバイオハザード私設部隊からB.O.W.として扱われている。

ゾンビ単体の能力は、元となった人間が持っていた身体能力に大きく影響されるようである。とりわけ特殊部隊員などのゾンビは、一般人のゾンビと比較すると耐久力や攻撃力などに優れ、移動速度も速いことが多い。これは感染前に身体が鍛えられていたためであり、これはスポーツ選手などの個体にも当てはまる。また、墓場から出現するゾンビは当初より朽ち果てているため、耐久力は低い。

先述の通り、中枢神経系が破壊された場合には生命活動を停止するため、頭部(より厳密には脳)を銃で撃ち抜く、鋭利な武器で突き刺す、切断するなどが有効な攻撃手段とされる[注 5]

なお、『バイオハザード』に登場するファイルによると、T-ウィルス漏洩事故(実際はジェームス・マーカスによるバイオテロ)によって瞬時に大量のT-ウィルスを摂取した人間は、ゾンビに噛まれた場合に比べて肉体に掛かる負担が遥かに大きく、ゾンビ化せずに即死する模様である。

実写版のみの特徴・生態
バイオハザードIII』では、サミュエル・アイザックスが「栄養が無くても、ゾンビは30年生き続ける」と発言しているなど、ゲーム版との差異が見られる。『バイオハザードIV アフターライフ』では、正常な人間へ噛みつくことで結果的にT-ウィルスの感染を広げる行為について、アンブレラ社からそれ自体がバイオハザードと見なされていることが、劇中冒頭でゾンビを狙撃して殺害した地上警備部隊員による「バイオハザード、確認」の発言からうかがえる。また、共食いについては劇中で描かれていないが、発生し得ることが『IV』でのクリス・レッドフィールドの台詞から示唆されている。さらに、『バイオハザードV リトリビューション』ではロシアの極寒の海中でも泳ぐシーンがあるが、どこまで息が続くかなどの具体的な描写はない。
攻撃方法についてはシリーズ全作にわたり、頭部を破壊する以外にも、首の骨を折る、刃物で首を掻くなども有効と描写されている。

種類編集

ゾンビにはさまざまな種類がある。分類については、特徴や外見により異なるが、主に『biohazard archives』(株式会社カプコン、ISBN 4906582311)や各作品攻略本を参考とする。ただし、特記すべき特徴が無い場合は除外する。

這いずりゾンビ
筋肉組織の劣化、もしくは外部からの物理的な損傷により、立つことができなくなったゾンビ。這いずり回って移動し、主人公の足に噛み付いて攻撃を行う。なお、この攻撃ではダメージを受けることはあっても死ぬことは無い。
腹這いゾンビ
立てずにうつ伏せのままという点では這いずりゾンビと変わらないが、こちらは体内での栄養補給が追い付かず、瀕死状態(餓死状態)にあるゾンビを示している。近づくと足元を噛み付く危険性があるものの、這いずりゾンビと違い基本的にその場から動くことはできないので、危険性は低下している。この腹這いゾンビは、最終的に他のゾンビの餌となる場合が多いとされる[2]
うつ伏せゾンビ
普段はうつ伏せで活動停止に見せかけ、主人公が接近すると這いずりゾンビに変貌して襲い掛かるゾンビ。前述の通り、ゾンビの外見は死体そのもののため、生死を見極める判断が難しく、非常に危険とされる。ただし、うつ伏せ状態の場合には主人公のいる方向へ顔を向ける習性を持っているため、主人公の操作やカメラ視点によっては容易に判別できる。
走りゾンビ
初登場作品:『3』
通常のゾンビよりも下半身(特に脚部)の劣化が少ないため、移動速度は小走り並みに速くなっているが、攻撃力などは通常のゾンビと同等である。
爆弾ゾンビ
初登場作品:『CODE:Veronica』
手榴弾ダイナマイトなどの爆発物を全身に身に着けているゾンビの総称。爆発に巻き込まれる危険性があるため、遠距離から攻撃する必要があるが、その爆発で周辺の敵をまとめて殺傷することが可能。なお、『1』リメイク版では(モードにもよるが)、身に着けている爆発物の量が多過ぎるため、不用意に攻撃すると主人公が巻き込まれ、ゲームオーバーとなってしまう個体が登場する。
クリムゾン・ヘッド
初登場作品:『1』リメイク版
T-ウィルスには、通常では見られない特異な活動や変異などを示す変種体が存在する。クリムゾン・ヘッドは、ゾンビがその変種体に感染した際に起こる突然変異により、通常のT-ウィルスによって誕生したリッカーとは全く別の変異体である。ただし、変異は自然発生はせず、なんらかの外的要因により、感染者が生命活動を停止しなければならない。一度その状態に置かれると、「V-ACT」と呼ばれる細胞の活性化により、体組織は再生・再構築され、体色も赤みを帯びた褐色に変化して移動速度が格段に向上し、鋭く伸びた爪を用いた強力な引っ掻き攻撃を繰り出す。凶暴性もさらに増しており、自らの行動を妨げる生物に対しては、たとえ人間以外であっても攻撃する。
変種体のT-ウィルス感染者への対処法としては、変異前の死体焼却が挙げられる。これにより、体組織の再構築を防ぐことができる。また変異前、すなわち外見や能力が通常のゾンビと同じ段階で、ショットガンなどの強力な武器を用いて頭部を破壊しても、同様に防げる。ゲーム中のファイルによると、「肉体的にはすでに死んでいる」状態らしい。
クリムゾン・ヘッド・プロト1
記録上、クリムゾン・ヘッドへの突然変異を遂げた初の個体。この個体の発見により、V-ACT活動が発見された。発見時、周囲の人間を一瞬で惨殺するほどの凶暴性を有していたため、アンブレラの研究者は研究サンプルとして有用だと判断し、捕獲した個体を冷凍保存することで安全性を確保して生体の研究を開始し、プロト1より得た変種体T-ウィルスを培養生産した。
非常に危険な個体であるため、洋館ホール裏墓地の地下室に厳重な仕掛けを施し、棺桶に収めて保管されていた。その後、バイオハザードの発生したアークレイ研究所で、プレイヤーの手により封印を解かれることになる。バイオハザードの発生後もアンブレラはプロト1に興味を示していたようだが、同研究所の研究員が全員死亡して施設も壊滅したため、研究は挫折してしまった[2]
全裸ゾンビ
初登場作品:『1』
アークレイ研究所の中を徘徊するゾンビ。T-ウィルスの研究過程で実験体とされた人間のなれの果て。外観は後述のゾンビ改とほぼ同じ。他のゾンビと異なる独特の呻き声と足音が特徴。
ゾンビ改
初登場作品:『2』
登場するゾンビの多くとは違い、生物災害での感染によるものではなく、T-ウィルスの実験段階で生み出された筋肉組織剥き出しのゾンビ。主にラクーン地下研究所内を徘徊しており、通常のゾンビを大幅に上回る攻撃力を誇る。これが変異すると、「リッカー改」となる模様。
墓場ゾンビ
初登場作品:『1』
T-ウィルスに感染後、埋葬された人間のなれの果て。T-ウィルスは基本的に生物を蘇生させることはできず、墓場ゾンビはあくまでT-ウィルス感染により死亡(正確には仮死状態)と判断された後に埋葬されたことが原因であり、決して生き返ったわけではない。その身体は埋葬によって栄養補給ができていなかったことからも普通のゾンビ以上に朽ちているため、耐久力・俊敏性・攻撃力などの身体能力は非常に低い。また、『3』ではグレイブディガーの餌という設定でもあり、それをまぬがれた個体が墓場に数体登場する。
警官ゾンビ
初登場作品:『2』
ラクーンシティ警察署 (R.P.D.) に勤めていた制服警官のなれの果て。人食い病を原因とする暴動の鎮圧に非番の警官も総動員で対処していたため、登場する個体数は多い。帽子を被っている個体とそうでない個体が存在する。
S.T.A.R.S.ゾンビ
初登場作品:『1』
S.T.A.R.S.隊員のなれの果て。生前が精鋭揃いゆえ、ゾンビ化後も普通のゾンビに比べて耐久力・攻撃力・俊敏性などが圧倒的に優れている。作中でゾンビ化したS.T.A.R.S.隊員は、ブラッド・ヴィッカーズ、エドワード・デューイ、フォレスト・スパイヤー、アルバート・ウェスカー(SS版『BIO1』のバトルゲームでのみ)である。
グリーンゾンビ
初登場作品:『OB2』
T-ウィルスに感染した人間と植物とが融合した結果生まれたゾンビ。通常のゾンビと比べて耐久力が高く、攻撃を受けると頭部にある花から毒性の強い花粉を撒き散らすため、非常に危険である。ただし、引っ掻きや噛み付きなどの通常のゾンビにも見られる攻撃では、毒を受ける心配はない。登場する個体はすべてアークレイ山地の廃病院の医師が変異したもので、白衣を着用している。
P-Zガスゾンビ
初登場作品:『RE:2』
アンブレラが開発した神経ガス「P-Zガス」を取り込んだことで変異したゾンビ。体色は紫色になり、口から紫色のガスを出している。攻撃力などは通常のゾンビと変わらないが、噛まれると毒状態になるほか、倒した際に周囲に毒ガスをばら撒き、これに触れることで毒状態になる。中にはA装備を装着した個体もいる。
A装備ゾンビ
初登場作品:『RE:2』
対人用防弾プロテクタ(A装備)を装備したゾンビで、頭、胴体、腕、足などの様々な部位に着用しており、背中以外のA装備装着部位への攻撃を無効化する。攻撃力などは通常のゾンビと変わらない。個体によってA装備を着用している部位が違い、中には全身にA装備を着用している個体もいる。
ペイルヘッド
初登場作品:『RE:2』
突然変異で高い再生能力を身に付けた実験体で、体色は白く、目がない。ある研究員がブライアン・アイアンズへ安定して生み出す方法をさぐるため、研究所へと送る実験体の量を倍にして欲しいと手紙を送っている。通常のゾンビに比べて動きが早いが、体力が低くなると動きが遅くなる。ダメージを受けても時間経過で体力を回復させてしまうため、威力の低い武器では倒すことが難しい。倒すためには高威力の武器による攻撃か断続的にダメージを与えることが有効となる。
特殊ゾンビ
初登場作品:『UMBRELLA CORPS』
クリムゾン・ヘッドやリッカーとも異なり、発生原因が不明で「特殊変異体」とも呼ばれるゾンビ。全身からドロリとした体液が流れ、変異は骨格にまで及び肉食獣のような鋭い牙と爪を持った姿をしている。
攻撃力・耐久力・敏捷性のいずれも既存の変異体を上回り、その危険性をより確固たるものにしているのは、災害封鎖区域内作戦においての必需装備である不可視装置「ゾンビジャマー」を機能不全に陥らせるという特殊能力である。それにより、アンブレラコア(傭兵)にとってはこの上ない天敵となっている。

上記のほか、実写版『II』ではラクーンシティに女性ストリッパーのゾンビや子供のゾンビも登場している。

それ以外のゾンビ編集

ゾンビはT-ウィルスに由来するものだけでなく、例外も存在する。以下に例を挙げる。

バイオハザード5編集

追加エピソードの「LOST IN NIGHTMARES」では、クリス・レッドフィールドとジル・バレンタインが踏み込んだオズウェル・E・スペンサーの隠れ家の地下に、複数のゾンビが登場する。これらは劇中で登場するスペンサーの執事パトリックが残した「パトリックの手記」から、スペンサーと彼の指示を受けたパトリックがウィルスを投与して地下へ閉じ込めた人間たちのなれの果てであることが示唆されており、本編の時点ではすでに多くのゾンビが生命活動を停止していたが、一部は痩せ細った状態で生き残っており、踏み込んできたクリスとジルに襲いかかる。

これらのゾンビがどのようなウィルスを投与されたのかは劇中で説明されておらず、不明な点が多いが、生き残っていたゾンビの性質はかつてのT-ウィルスに由来するゾンビと酷似しており、知性の類は見られない。

バイオハザード6編集

本作で登場するゾンビはC-ウィルスが生み出した産物であり、T-ウィルスの生み出したゾンビとは大いに異なる。C-ウィルスによって生み出されたB.O.W.のレポティッツアが噴出したり、ウィルスを弾頭内に封入したミサイルの爆発で散布された青いガス状のC-ウィルスを吸い込んで空気感染した人間が変化したものであり、体内へと直接投与されてジュアヴォと化した人間とは別の存在である。また、t-ウィルス由来のゾンビとは違い、噛みつきや引っ掻きなどによる接触感染が起こる描写は見られない。これは前日談である『マルハワデザイア』においても見られ、主人公であるリッキー・トザワはC-ウィルス由来のゾンビに噛まれたにも関わらず、ゾンビ化することはなかった[注 6]。『6』本編中においても、C-ウィルスを用いたバイオテロには高濃度のウィルスを内包したガスを広範囲に散布可能なB.O.W.やミサイルを使用していることから、C-ウィルス系ゾンビによる二次感染力はt-ウィルス系ゾンビに比べて劣るか、全く存在しないと考えられる。

このゾンビは敏捷性と知能を有し、獲物へ向かって走ったり、金網をよじ登るというゾンビよりも高度な移動能力や障害物への対処能力を持つ。また、鉄パイプなどの簡単な武器を使うことも可能であるが、ゾンビ化した警官など銃を所持している場合はやみくもな発砲にとどまり、精密射撃の類は無いことが多い。

ただしT-ウィルスに由来するゾンビと同じく、オリジナルほどではないものの生前の職業などに由来する身体能力や、生前に身に着けていた装備品による個別的な能力の差異も見られ、中でもバイオハザード発生の報を受けて出動したB.S.A.A.隊員のゾンビは、防弾装備を身に着けていることもあって耐久性が高い。

バイオハザード:ヴェンデッタ編集

本作においては、武器商人グレン・アリアスが生み出したA-ウィルスによって変異したクリーチャーとして登場。A-ウィルスの作用により感染者の筋力は増大し、C-ウィルス系ゾンビのように走る、飛び掛かるなどの運動性を獲得する。また、t-ウィルス系ゾンビをはるかに上回る感染力を持ち、噛まれてからわずか数分で全身がウィルスに侵食され自我を失い、ゾンビ化する。また、生命活動を停止あるいは肉体の欠損が激しい対象にも有効であり、作中では下半身が欠損し脊椎が剥き出しになったゾンビが登場したほか、アリアスの結婚式の爆撃で死亡した親族、友人らがゾンビ化された状態で登場している(ただし、爆撃により遺体の損傷が激しかったため、全員が箱詰めにされていた)。

今作のゾンビの特徴としては、敵味方の区別ができるという点が挙げられる。これはウィルスの遺伝子に寄生生物プラーガの遺伝子が組み込まれており、ウィルスのワクチンが投与された対象を明確に認識し襲わないという特徴がある為である。これまでの作品でもB.O.Wの制御の難しさが難点として挙げられていたが、このワクチンを識別装置として利用することで、アリアスは制御できるゾンビという触れ込みの新商品として運用していた。

A-ウィルスの特性上、既に潜伏ウィルスに感染している対象が、ウィルスを活性化させるトリガーウィルスに感染することでゾンビ化するが、イレギュラーな事態として稀にトリガー無しでゾンビ化する事例が確認されており、作中は4ヶ月の間に五大湖周辺の都市を中心とした地域でゾンビ化事件が相次いでいたほか、冒頭ではDSOの任務で殉職したレオンの同僚の遺体が、死体安置所で突如ゾンビ化し、レオンに射殺された。

また、これまでのシリーズ中で唯一、完全に発症した状態でもワクチンを接種することでゾンビ化した感染者を元の人間に戻すことができる(身体の欠損が激しい、あるいは発症時に既に生命活動を停止していた対象は死体に戻る)。ワクチンは空気感染でも充分な効果を発揮する為、アリアスは必要以上の感染爆発を防ぐ際のフェイルセーフとして用意していた。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 数時間から数日程度と個体差がある。
  2. ^ リメイク版『1』や『ガンサバイバー4』では、バイオハザードによってT-ウィルスに感染したことから殺された後に浴槽へ沈められたり、状況に絶望して首つり自殺した人間がゾンビ化している。実写映画版『I』では、水中で生きているゾンビが登場する。
  3. ^ これについては、『バイオハザード3 LAST ESCAPE』でカルロス・オリヴェイラが友人のマーフィー・シーカーの射殺をためらう様子が描かれたほか、『バイオハザード CODE:Veronica』ではスティーブ・バーンサイドがゾンビ化した父と遭遇したうえ、クレアが父に襲われた際には彼女を救うべくためらいながらも父を銃撃した。
  4. ^ 『ガンサバイバー4』では、老夫婦のなれの果てと思しきゾンビが2人並んで立っている。
  5. ^ バイオハザード2』で登場したブライアン・アイアンズも、作中で指摘している。
  6. ^ 同作の登場人物のレイ・スーは地下道でゾンビに襲われた後、ゾンビ化した状態で現れているが、これは死の直前にC-ウィルス系B.O.W.であるC16によって体内に直接ガスを流し込まれたためであることが後に判明している。

出典編集

  1. ^ 『バイオハザード3ラストエスケープ 公式ガイドブック完全征服編』株式会社カプコン[要ページ番号]
  2. ^ a b 『biohazard archives』株式会社カプコン、ISBN 4906582311[要ページ番号]