タイ国旗は、赤、白、紺、白、赤の5本の横帯で示される。ธงไตรรงค์ (Thong Trairong、トン・トライロング) ともいい、「三色旗」を意味する。中央の紺の帯は他の4本の2倍の幅である。赤、白、紺の3つの色はそれぞれ国家(ชาติ)宗教(ศาสนา)、国王(พระมหากษัตริย์)を示しており[1]、これらは非公式ではあるがタイのスローガンである。

タイの国旗
タイ王国の旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府海上?
縦横比 2:3
制定日 1917年9月28日
使用色

軍隊用陸上旗、海上旗は共に1917年制定。

過去の国旗編集

タイの最初の国旗(ナーラーイ大王、1656年-1688年)の時代から使われるようになったともいわれるが、詳細は不明)は赤く無地であった。その後、ナパーライ王(ラーマ2世1809年-1824年)は、赤地の上に白いチャクラ(仏教の輪)とその内側に白象を載せた。

1855年、モンクット王(ラーマ4世1851年-1868年)は、王家のシンボルである白象を配した旗を正式な国旗とした。無地の旗では国際的に識別しがたいためである。

1916年に、現在の国旗のようなものになった。ただし、中央の帯の色は外側と同じく赤であった。ワチラーウット王(ラーマ6世1910年-1925年)が洪水の際に国旗が逆さまになっているのを見て、同じことが起こるのを防ぐために対称的な図柄にした、という逸話もある。1917年、中央の色は紺に変えられたが、これはラーマ6世の誕生日である金曜日を示す色だという。

国旗 期間 備考 意匠
   ?1700年頃–1790年頃  ?  ? アユタヤ王朝後期からトンブリー王朝にかけての海上旗 長方形の赤い旗
 ? c.1790–1855  ? ? 1855年までの商船旗
   ?1790年頃–1820年頃  ? ? チャクリー王朝ラーマ1世が採用した海上旗、軍艦旗 赤地に白いスダルシャナ(ヴィシュヌの力の象徴である円盤状の武器・チャクラム)。チャクリー王朝の象徴でもある
   ?1820年頃–1855年  ? ? ラーマ2世により変更された旗 赤地に白いチャクラム、その中に白象
   ?1855年–1893年  ? ? ラーマ4世による海上旗 赤地の中央に、ホイスト(旗竿)側を向いた白象。タイ語で「Thong Chang Puak (タイ語: ธงช้างเผือก, 象の旗)[2]と呼ばれた。
 ?1893–1916  ? ? 1916年までの商船旗
   ?1893年–1898年  ?  ? 政府用海上旗及び軍艦旗。旗の使用者のエンブレムをホイスト側の上部隅に表示する 赤地の中央にホイスト側を向いた王の神器をまとった白象
 ? 1898年–1912年  ? ? 政府用海上旗及び軍艦旗
 ?1912年–1917年  ?  ? ラーマ6世が採用した政府用旗及び政府用海上旗
   ?1917年  ? ? 商船旗 赤旗に2つの白い水平の線。線の太さは幅の6分の1で、上端および下端からは幅の6分の1
   ?1917年-2017年  ? 国旗、商船旗、政府用海上旗 幅の3分の1の太さの水平の紺色の線。その上と下を幅の6分の1の白線に挟まれ、そのさらに上下には幅の6分の1の赤線が入る
  2017年以降

脚注編集

  1. ^ 吹浦忠正『世界の国旗図鑑』主婦の友社、2020年。
  2. ^ Roberto Breschi. “Siam Bandiera mercantile 1839” (Italian). 2004年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2004年9月25日閲覧。

関連項目編集