タイの首相

ウィキメディアの一覧記事

タイの首相(タイのしゅしょう、タイ語: นายกรัฐมนตรีไทย英語: Prime Ministers of Thailand)は、タイ王国における行政府の長である。

タイ王国の旗 タイ王国
首相
นายกรัฐมนตรีไทย
Seal of the Office of the Prime Minister of Thailand.svg
首相府紋章
Flag of the Prime Minister of Thailand.svg
首相旗
Prayuth 2018 cropped.jpg
現職者
プラユット・チャンオチャ(第37代)
ประยุทธ์ จันทร์โอชา

就任日 2019年6月11日
官邸ピッサヌローク邸
指名国民議会
任命国王
任期4年間(最長2期)
初代就任マノーパコーンニティターダー伯爵
創設1932年6月28日
職務代行者副首相
ウェブサイトthaigov.go.th

権限編集

下院議員から選出され、国王によって任命される。

任期は連続8年。首相は国王への助言、承認のもとで下院を解散することができる。

歴代のタイ首相編集

首相の氏名 在職期間 所属政党 備考 国王
1 1 マノーパコーンニティターダー伯爵   1932年
- 1933年
無所属(文民) ラーマ7世
2 2 陸軍大佐
パホンポンパユハセーナー伯爵
  1933年
- 1938年
人民党(軍人)
ラーマ8世
3 3 陸軍少将
ピブーンソンクラーム男爵
(1941年12月まで)
陸軍元帥
プレーク・ピブーンソンクラーム
(1941年12月から)
  1938年
- 1944年
人民党(軍人) 第1次
4 4 陸軍少佐
クワン・アパイウォン
  1944年
- 1945年
人民党(軍人) 第1次
5 5 タウィー・ブンヤケートタイ語版   1945年
- 1945年
無所属(文民)
6 6 モムラーチャウォン
セーニー・プラーモート
  1945年
- 1946年
自由タイ運動(文民) 第1次
7 陸軍少佐
クワン・アパイウォン
  1946年
- 1946年
民主党(軍人) 第2次
8 7 プリーディー・パノムヨン   1946年
- 1946年
人民党(文民)
ラーマ9世
9 8 海軍少将
タワン・タムロンナーワーサワットタイ語版
  1946年
- 1947年
人民党(軍人)
10 陸軍少佐
クワン・アパイウォン
  1947年
- 1948年
民主党(軍人) 第3次
11 陸軍元帥
プレーク・ピブーンソンクラーム
  1948年
- 1957年
軍人 第2次
12 9 ポット・サーラシンタイ語版   1957年
- 1957年
無所属(文民)
13 10 陸軍大将
タノーム・キッティカチョーン
  1958年
- 1958年
軍人 第1次
14 11 陸軍元帥
サリット・タナラット
  1959年
- 1963年
軍人
15 陸軍元帥
タノーム・キッティカチョーン
  1963年
- 1973年
軍人 第2次
16 12 サンヤー・タンマサックタイ語版   1973年
- 1975年
無所属(文民)
17 モムラーチャウォン
セーニー・プラーモート
  1975年
- 1975年
民主党(文民) 第2次
18 13 モムラーチャウォン
ククリット・プラーモート
  1975年
- 1976年
社会行動党(文民)
19 モムラーチャウォン
セーニー・プラーモート
  1976年
- 1976年
民主党(文民) 第3次
20 14 ターニン・クライウィチエンタイ語版   1976年
- 1977年
無所属(文民)
21 15 陸軍大将
クリエンサック・チョマナンタイ語版
  1977年
- 1980年
軍人
22 16 陸軍大将
プレーム・ティンスーラーノン
  1980年
- 1988年
軍人
23 17 陸軍大将
チャートチャイ・チュンハワン
  1988年
- 1991年
国民党(軍人)
24 18 アナン・パンヤーラチュン
Anand Panyarachun
  1991年
- 1992年
無所属(文民) 第1次
25 19 陸軍大将
スチンダー・クラープラユーン
Suchinda Kraprayoon
1992年4月7日
- 1992年5月24日
軍人
代行 ミーチャイ・ルチュパンタイ語版
Meechai Ruchuphan
1992年5月24日
- 1992年6月10日
無所属(文民)
26 アナン・パンヤーラチュン
Anand Panyarachun
  1992年6月10日
- 1992年9月23日
無所属(文民) 第2次
27 20 チュワン・リークパイ
Chuan Leekpai
  1992年9月23日
- 1995年5月24日
民主党(文民) 第1次
28 21 バンハーン・シラパアーチャー
Banharn Silpa-archa
  1995年5月24日
- 1996年12月1日
国民党(文民)
29 22 陸軍大将
チャワリット・ヨンチャイユット
Chavalit Yongchaiyudh
  1996年12月1日
- 1997年11月9日
新希望党(軍人)
30 チュワン・リークパイ
Chuan Leekpai
  1997年11月9日
- 2001年2月9日
民主党(文民) 第2次
31 23 タクシン・チナワット
Thaksin Shinawatra
  2001年2月9日
- 2006年9月19日
タイ愛国党(文民)
暫定 陸軍大将
ソンティ・ブンヤラットカリン
Sonthi Boonyaratkalin
  2006年9月19日
- 2006年10月1日
軍人 民主改革評議会議長
32 24 陸軍大将
スラユット・チュラーノン
Surayud Chulanont
  2006年10月1日
- 2008年1月29日
無所属(軍人)
33 25 サマック・スントラウェート
Samak Sundaravej
  2008年1月29日
- 2008年11月9日
国民の力党(文民)
代行 ソムチャーイ・ウォンサワット
Somchai Wongsawat
  2008年11月9日
- 2008年11月17日
国民の力党(文民)
34 26 2008年11月17日
- 2008年12月2日
代行 チャワラット・チャーンウィーラクーンタイ語版
  2008年12月2日
- 2008年12月15日
無所属[1](文民)
35 27 アピシット・ウェーチャチーワ
Abhisit Vejjajiva
  2008年12月15日
- 2011年8月5日
民主党(文民)
36 28 インラック・シナワトラ
Yingluck Shinawatra
  2011年8月5日
- 2014年5月7日
タイ貢献党(文民)
代行 ニワットタムロン・ブンソンパイサン[2]   2014年5月7日
- 2014年5月22日
タイ貢献党(文民) インラック政権での副首相
暫定 陸軍大将
プラユット・チャンオチャ
Prayuth Chan-ocha
  2014年5月22日
- 2019年6月11日[3]
軍人 陸軍司令官
兼・国家平和秩序評議会英語版議長
37 29 2019年6月11日[4]-(現職) 軍人 暫定首相からの「続投」
ラーマ10世

脚注編集

  1. ^ 国民の力党出身。
  2. ^ NHKニュース タイ、インラック首相失職より抜粋
  3. ^ 2014年8月25日までは国家平和秩序評議会議長。
  4. ^ タイ新首相が正式就任 「汚職撲滅や格差是正」”. 日本経済新聞. 2019年6月11日閲覧。

関連項目編集