タイキブリザード

タイキブリザード[1]とは、アメリカ生産の日本競走馬種牡馬。主な勝ち鞍に安田記念1997年)、産経大阪杯1996年)、京王杯スプリングカップ(1997年)。

タイキブリザード
欧字表記 Taiki Blizzard[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 1991年3月12日[1]
死没 2014年8月18日(23歳没)
Seattle Slew[1]
Tree of Knowledge[1]
母の父 Sassafras[1]
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国(ケンタッキー州)[1][2]
生産 H&Yブラッドストック[1]
馬主 (有)大樹ファーム[1]
調教師 藤沢和雄美浦[1]
競走成績
生涯成績 23戦6勝[1]
獲得賞金 5億6193万2000円[1]
 
勝ち鞍
GI 安田記念 1997年
GII 産経大阪杯 1996年
GII 京王杯スプリングカップ 1997年
テンプレートを表示

戦績編集

  • 特記事項なき場合、本節の出典はJBISサーチ[3]、EQUIBASE[2]

1994年2月14日、東京競馬場の新馬戦でデビューし、カネツクロスに4馬身差をつけ1着[4]になった。2戦目の500万下戦もサクラローレルに4分の3馬身つけて2連勝をマークする[4]。西下して毎日杯に出走し、レースでは4コーナーまで後方から中団あたりでレースを進め、最後の直線で末脚を繰り出したがメルシーステージにクビ差だけ届かず、2着に終わった[5]。毎日杯後は、ニュージーランドトロフィー4歳ステークスを目標にするも腰に不安が出て回避し、福島競馬場ラジオたんぱ賞に狙いを定めた[4]。ラジオたんぱ賞では途中から先頭に立ったが、直線で失速し、ヤシマソブリンの3着に終わった。夏は北海道を転戦し、札幌競馬場で行われたオープン特別の道新杯ではワコーチカコの4着[4]函館記念でもワコーチカコの2着と勝ち切れないレースが続いた。秋にはオープン特別の福島民報杯に出走したが、ヤシマソブリンの4着に終わり、この年を終えた。

5歳となった翌1995年、4月の谷川岳ステークスで復帰し1着。続くGIレース初挑戦となった安田記念では好位からの粘り込みを図るも、ハートレイクサクラチトセオーの差し脚に後れを取って3着[6]。続く宝塚記念ダンツシアトルにクビ差届かず、2着[7]。秋はオープン特別の富士ステークスから始動して2着となったタイキブリザードは、ジャパンカップではランドの4着、年末の有馬記念ではマヤノトップガンの2着に甘んじて「引き立て役」と目されるようになる[8]

6歳時の1996年産経大阪杯から始動し、レースではインターユニークの追い込みをクビ差退けて、重賞初制覇を遂げた[9]。続く京王杯スプリングカップで2着になった後、2年連続で安田記念に出走も、先行していたヒシアケボノを抑え込んだ瞬間に、外から差してきたトロットサンダーに交わされて2着に終わった[8]。秋は、カナダウッドバイン競馬場に遠征してブリーダーズカップ・クラシックに出走したが、レース前に熱発を起こして調子を落としており[10]、レースでは最後方から全く動けずアルファベットスープから26馬身4分の3差離された、13頭立ての13着に終わった[8][11]

7歳となった1997年、5月の京王杯スプリングカップで始動、レコードタイムで復帰初戦を勝利で飾った[8]。3年連続で出走した安田記念では1番人気に推され、レースでは道中中団から構えて最後の直線でジェニュインをクビ差で差し切り、GI初制覇を成し遂げた[8]宝塚記念ではマーベラスサンデーの4着に終わったが、秋には再び海外遠征を敢行した。10月18日のオークツリーブリーダーズカップマイルハンデキャップ英語版ではファンタスティックフェローからアタマ、クビ差の3着[12]に終わると、2年連続で出走したブリーダーズカップ・クラシックでは9頭立ての中団からレースを進めるも、ほぼその位置のまま動けず、スキップアウェイから23馬身4分の3差の6着に終わった[13]。帰国後は有馬記念に出走したが9着に終わり、このレースを最後に引退した。

競走成績編集

以下の内容は、JBISサーチ[3]およびnetkeiba.com[14]、EQUIBASE[2]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム差/着差 勝ち馬/(2着馬)
1994 2. 14 東京 4歳新馬 14 8 14 1.5 (1人) 1着 坂本勝美 55 ダ1400m(重) 1:25.3 (37.0) -0.7 カネツクロス
3. 6 中山 4歳500万下 7 4 4 1.1 (1人) 1着 岡部幸雄 55 ダ1800m(良) 1:54.0 (38.8) -0.1 サクラローレル
3. 27 阪神 毎日杯 GIII 15 1 1 3.0 (1人) 2着 坂本勝美 55 芝2000m(良) 2:01.1 (36.0) 0.1 メルシーステージ
7. 3 福島 ラジオたんぱ賞 GIII 12 5 6 1.7 (1人) 2着 岡部幸雄 55 芝1800m(良) 1:49.7 (38.1) 0.1 ヤシマソブリン
7. 30 札幌 道新杯 OP 8 7 7 1.4 (1人) 4着 岡部幸雄 53 芝1800m(良) 1:48.5 (36.5) 0.6 ワコーチカコ
8. 21 札幌 函館記念 GIII 14 4 5 4.2 (3人) 2着 岡部幸雄 54 芝2000m(良) 2:02.1 (36.7) 0.5 ワコーチカコ
10. 9 福島 福島民報杯 OP 11 6 7 2.6 (1人) 4着 坂本勝美 55 芝2000m(良) 1:59.4 (35.8) 0.9 ヤシマソブリン
1995 4. 23 福島 谷川岳S OP 14 2 2 3.1 (1人) 1着 坂本勝美 55 芝1800m(良) 1:48.8 (37.7) -0.3 (エーピードラゴン)
5. 14 東京 安田記念 GI 18 4 7 13.0 (6人) 3着 岡部幸雄 57 芝1600m(良) 1:33.3 (35.1) 0.1 ハートレイク
6. 4 京都 宝塚記念 GI 17 5 9 7.8 (5人) 2着 岡部幸雄 56 芝2200m(稍) 2:10.3 (34.9) 0.1 ダンツシアトル
11. 12 東京 富士S OP 9 5 5 1.7 (1人) 2着 坂本勝美 57 芝1800m(良) 1:47.7 (35.4) 0.2 フジヤマケンザン
11. 26 東京 ジャパンC GI 14 5 9 9.2 (4人) 4着 岡部幸雄 57 芝2400m(良) 2:24.8 (35.5) 0.2 ランド
12. 24 中山 有馬記念 GI 12 2 2 10.4 (5人) 2着 坂本勝美 57 芝2500m(良) 2:33.9 (35.4) 0.3 マヤノトップガン
1996 3. 31 阪神 産経大阪杯 GII 12 7 10 1.9 (1人) 1着 岡部幸雄 57 芝2000m(稍) 2:00.7 (34.7) -0.1 (インターユニーク)
5. 11 東京 京王杯スプリングC GII 15 8 15 3.0 (1人) 2着 岡部幸雄 58 芝1400m(良) 1:21.2 (34.4) 0.1 ハートレイク
6. 9 東京 安田記念 GI 17 4 8 5.7 (3人) 2着 岡部幸雄 58 芝1600m(良) 1:33.1 (35.0) 0.0 トロットサンダー
10. 26 ウッドバイン BCクラシック G1 13 3 2 13着 岡部幸雄 57 ダ10f (26馬身3/4) Alphabet Soup
1997 5. 10 東京 京王杯スプリングC GII 16 7 14 3.1 (1人) 1着 岡部幸雄 58 芝1400m(良) R1:20.5 (34.9) -0.2 (オースミマックス)
6. 8 東京 安田記念 GI 18 5 10 2.3 (1人) 1着 岡部幸雄 58 芝1600m(良) 1:33.8 (34.5) -0.1 ジェニュイン
7. 6 阪神 宝塚記念 GI 12 8 11 3.1 (2人) 4着 岡部幸雄 58 芝2200m(良) 2:12.1 (37.0) 0.2 マーベラスサンデー
10. 18 サンタアニタ オークツリーBCマイルH G3 8 8 8 4.3[15] (3人) 3着 岡部幸雄 54 芝8f (クビ) Fantastic Fellow
11. 8 ハリウッドパーク BCクラシック G1 9 4 4 33.7[16] (6人) 6着 岡部幸雄 57 ダ10f(良[16] (23馬身3/4) Skip Away
12. 21 中山 有馬記念 GI 16 5 10 12.2 (6人) 9着 M. ロバーツ 56 芝2500m(良) 2:36.7 (39.4) 1.9 シルクジャスティス
  • PP:枠番、Pgm:馬番

引退後編集

引退後、タイキブリザードはブリーダーズ・スタリオン・ステーションレックススタッドなどで種牡馬として繋養され、8シーズンの供用で血統登録頭数309頭、出走頭数はそのうちの258頭を数えた[17]2005年に種牡馬を引退後は日高ケンタッキーファームへ移り[18][19]、日高ケンタッキーファーム閉園後の2009年1月には引退馬専門の繋養施設である鹿児島県湧水町ホーストラストへ移って余生を送っていたが、2014年8月18日午後3時頃に疝痛を起こし、その1時間後の午後4時10分に死亡した[20][21]。死後、宮崎大学で解剖した結果、死因は胃の破裂によるものだった[18]

おもな産駒編集

血統編集

タイキブリザード血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 シアトルスルー系
[§ 2]

Seattle Slew
1974 黒鹿毛
父の父
Bold Reasoning
1968 黒鹿毛
Boldnesian Bold Ruler
Alanesian
Reason to Earn Hail to Reason
Sailing Home
父の母
My Charmer
1969 鹿毛
Poker Round Table
Glamour
Fair Charmer Jet Action
Myrtle Charm

*ツリーオブノレッジ
Tree of Knowledge
1977 鹿毛
Sassafras
1967 鹿毛
Sheshoon Precipitation
Noorani
Ruta *ラティフィケイション
Dame d'Atour
母の母
Sensibility
1971 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Pange *キングスベンチ
York Gala
母系(F-No.) ツリーオブノレッジ(IRE)系(Pange系)(FN:3-h) [§ 3]
5代内の近親交配 Hail to Reason 4×3=18.75% [§ 4]
出典
  1. ^ [27]
  2. ^ [28]
  3. ^ [27][29]
  4. ^ [27][28]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o タイキブリザード(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月24日閲覧。
  2. ^ a b c Taiki Blizzard (KY)”. EQUIBASE Horse Profile. Equibase Company LLC.. 2020年4月24日閲覧。
  3. ^ a b タイキブリザード(USA) 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月24日閲覧。
  4. ^ a b c d #関西競馬四季報94年秋 p. 1278
  5. ^ #関西競馬四季報94年秋 p. 1088, 1278
  6. ^ ゴドルフィンが送り込んだ刺客 1995年 ハートレイク”. 安田記念 歴代優勝馬ピックアップ. JRA-VAN. 2020年4月24日閲覧。
  7. ^ 脚部不安を克服した良血馬 1995年 ダンツシアトル”. 宝塚記念 歴代優勝馬ピックアップ. JRA-VAN. 2020年4月24日閲覧。
  8. ^ a b c d e 6歳でようやく手にした勲章 1997年 タイキブリザード”. 安田記念 歴代優勝馬ピックアップ. JRA-VAN. 2020年4月24日閲覧。
  9. ^ 11R 産経大阪杯 1996年3月31日(日)2回阪神4日”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月24日閲覧。
  10. ^ 【佐藤洋一郎・馬に曳かれて半世紀(74)】いざカリフォルニアへ!BCツアーの夢膨らむ(2/2ページ)”. サンスポZBAT!競馬. サンケイスポーツ (2019年2月20日). 2020年4月24日閲覧。
  11. ^ Charts - Breeders' Cup Classic (Gr. 1)”. EQUIBASE Horse Profile. Equibase Company LLC.. 2020年4月24日閲覧。
  12. ^ Charts - Oak Tree Breeders' Cup Mile Stakes (Gr. 3)”. EQUIBASE Horse Profile. Equibase Company LLC.. 2020年4月24日閲覧。
  13. ^ Charts - Breeders' Cup Classic (Gr. 1)”. EQUIBASE Horse Profile. Equibase Company LLC.. 2020年4月24日閲覧。
  14. ^ タイキブリザードの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年4月24日閲覧。
  15. ^ 『優駿』1997年12月号、日本中央競馬会、123頁
  16. ^ a b 『優駿』1997年12月号、日本中央競馬会、124頁
  17. ^ タイキブリザード(USA) 種牡馬情報:世代・年次別(サラ系総合)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月24日閲覧。
  18. ^ a b “97年安田記念制したタイキブリザード死す”. サンケイスポーツ. (2014年8月20日). http://race.sanspo.com/keiba/news/20140820/etc14082005000001-n1.html 2014年8月20日閲覧。 
  19. ^ あの馬は今Vol.9~安田記念・タイキブリザード”. 競走馬のふるさと案内所 馬産地コラム. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月24日閲覧。
  20. ^ “「安田記念」制したタイキブリザードが突然死”. 東京スポーツ. (2014年8月19日). http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/303120/ 2014年8月19日閲覧。 
  21. ^ 8月18日 16時10分、功労馬のタイキブリザード号が亡くなりました。”. ホーストラスト (2014年8月19日). 2014年8月19日閲覧。
  22. ^ ヤマノブリザード”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月24日閲覧。
  23. ^ オリオンザクロノス”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月24日閲覧。
  24. ^ ティーサー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月24日閲覧。
  25. ^ エムザックライアン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月24日閲覧。
  26. ^ ケイプスルー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月24日閲覧。
  27. ^ a b c タイキブリザード(USA) 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月22日閲覧。
  28. ^ a b c タイキブリザードの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年4月24日閲覧。
  29. ^ 平出貴昭 (2019年9月18日). “『覚えておきたい世界の牝系100』掲載牝系一覧”. 競馬“血統”人生/平出貴昭. 2020年4月5日閲覧。

参考文献編集

  • 「関西競馬四季報 1994秋季号」『競馬ブック』第15巻第3号、ケイバブック。

外部リンク編集