タイニア古代ギリシア語: ταινία、複数形:ταινίαι・複数形:taeniae)は、古代ギリシアの服飾において用いられたヘアバンドリボンまたは髪紐。

マケドニア王ペルセウスのコイン。タイニア、またはディアデーマと呼ばれるヘアバンドを着用している。
タイニア(帯)を身に着けるポンペイの女性

これらのヘアバンドは、古代ギリシアの祭の際に着用された[1]。神々もまた、タイニアを頭に着用していた[2]。さらに、聖像[3]や樹木[4]、壺、記念碑、犠牲獣、故人[5]などにもタイニアが結び付けられた。また、タイニアは後にローマ人にも受容された[6]

類似するヘアバンドの一種としてディアデーマと呼ばれるものが、王の象徴として使用された。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ プラトン饗宴』212d.e, 213d、クセノポン『饗宴』5,9。
  2. ^ パウサニアス『ギリシア案内記』1,8,4。
  3. ^ パウサニアス『ギリシア案内記』8,31,8、10,35,10。
  4. ^ テオクリトス、18,44。
  5. ^ ルキアノス『死者の対話』13,4。
  6. ^ "Tainia." Brill’s New Pauly. Brill Online, 2013. Reference. 28 June 2013

外部リンク編集