メインメニューを開く

タイニーダンサーは、日本の競走馬である。主な勝ち鞍は2015年のエーデルワイス賞北海道2歳優駿、2016年の関東オークス

タイニーダンサー
Tiny-Dancer Kakitsubata-Kinen 2017.jpg
2017年5月3日かきつばた記念
現役期間 2015年 - 2017年
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2013年4月24日(6歳)
抹消日 2017年10月4日
サウスヴィグラス
キハク
母の父 アサティス
生国 日本の旗 日本北海道新ひだか町)
生産 グランド牧場
馬主 (有)グランド牧場
調教師 角川秀樹(北海道
伊藤圭三美浦
競走成績
生涯成績 23戦6勝
中央:4戦0勝
地方:19戦6勝
獲得賞金 1億1255万5000円
中央:450万0000円
地方:1億805万5000円
 
勝ち鞍
JpnII 関東オークス 2016年
JpnIII エーデルワイス賞 2015年
JpnIII 北海道2歳優駿 2015年
テンプレートを表示

戦績編集

2歳時編集

2歳の5月時に門別競馬場で初出走し、続くオープン戦では7番人気ながら2着と好走、次走の栄冠賞で重賞初勝利をあげる。 その後、初のJRA重賞出走となった函館2歳ステークスでは初芝ながら中央馬相手に4着と善戦した。函館2歳ステークス後はリリーカップ3着、フローラルカップ優勝を経て、交流重賞エーデルワイス賞に出走し優勝、その後の北海道2歳優駿でも優勝し史上2頭目となる北海道2歳ダートグレード競走連勝を果たす。

3歳時編集

3歳となった2016年にはJRAに移籍し、およそ半年のブランクの後端午ステークスに出走するも8着と惨敗。その後出走した青竜ステークスでは自身の上り最速35.9秒をマークするも6着に終わった。 その後、南関東牝馬三冠の最終レース関東オークスに出走し、2番人気の評価を受けると、好位から直線で抜け出しJRA移籍後初勝利を果たした。古馬との初対戦となった次走のスパーキングレディーカップは3着、続くブリーダーズゴールドカップは2着だった。秋に入り、レディスプレリュードJBCレディスクラシックはともに7着に終わるも、暮れのクイーン賞では2着となりこの年を終える。

4歳時編集

4歳になってからは精彩を欠き、9月のシリウスステークス16着を最後に現役を引退、生まれ故郷のグランド牧場にて繁殖牝馬となる[1]

競走成績編集

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2015.05.06 門別 フレッシュチャレンジ ダ1200m(良) 9 4 4 002.80(1人) 01着 R1:15.3(38.2) -0.1 桑村真明 54kg (ハタノリヴィール)
0000.06.11 門別 ウィナーズチャレンジ OP ダ1200m(良) 9 4 4 013.80(7人) 02着 R1:15.8(39.4) -0.4 桑村真明 54kg リンダリンダ
0000.06.30 門別 栄冠賞 H2 ダ1200m(稍) 12 5 5 014.80(5人) 01着 R1:12.7(37.4) -0.7 桑村真明 54kg (モダンウーマン)
0000.07.26 函館 函館2歳S GIII 芝1200m(稍) 16 8 15 072.6(12人) 04着 R1:11.4(36.3) -0.8 桑村真明 54kg ブランボヌール
0000.09.03 門別 リリーC H3 ダ1200m(稍) 11 8 10 001.90(1人) 03着 R1:14.4(38.4) -0.4 桑村真明 54kg モダンウーマン
0000.09.22 門別 フローラルC H3 ダ1600m(稍) 12 4 4 001.20(1人) 01着 R1:43.7(40.8) -2.5 桑村真明 54kg (サダムフジコ)
0000.10.15 門別 エーデルワイス賞 JpnIII ダ1200m(良) 15 2 3 003.00(2人) 01着 R1:14.1(37.9) -0.4 桑村真明 54kg (モダンウーマン)
0000.11.05 門別 北海道2歳優駿 JpnIII ダ1800m(稍) 10 7 8 008.80(5人) 01着 R1:55.7(39.5) -0.1 桑村真明 54kg (スティールキング)
2016.05.01 京都 端午S OP ダ1400m(良) 16 2 4 008.00(4人) 08着 R1:25.2(36.9) -0.7 福永祐一 55kg ディーズプラネット
0000.05.15 東京 青竜S OP ダ1600m(良) 12 1 1 045.60(9人) 06着 R1:37.8(35.9) -0.9 福永祐一 55kg グレンツェント
0000.06.15 川崎 関東オークス JpnII ダ2100m(重) 14 8 13 003.10(2人) 01着 R2:19.1(39.4) -0.5 戸崎圭太 54kg (ミスミランダー)
0000.07.06 川崎 スパーキングLC JpnIII ダ1600m(良) 10 6 6 004.30(3人) 03着 R1:42.2(40.6) -1.7 内田博幸 54kg ホワイトフーガ
0000.08.11 門別 ブリーダーズGC JpnIII ダ2000m(良) 10 5 5 003.60(3人) 02着 R2:10.2(39.6) -1.5 桑村真明 55kg アムールブリエ
0000.09.19 大井 レディスプレリュード JpnII ダ1800m(重) 14 6 9 010.40(3人) 07着 R1:56.4(41.0) -1.7 内田博幸 54kg タマノブリュネット
0000.11.03 川崎 JBCレディスクラシック JpnI ダ1600m(重) 13 7 11 031.70(7人) 07着 R1:43.3(41.3) -2.0 C.ルメール 54kg ホワイトフーガ
0000.12.07 船橋 クイーン賞 JpnIII ダ1800m(稍) 14 4 5 013.60(5人) 02着 R1:54.5(39.9) -0.7 田辺裕信 54kg トロワボヌール
2017.01.25 大井 TCK女王盃 JpnIII ダ1800m(良) 12 3 3 014.50(6人) 08着 R1:56.1(40.9) -2.0 田辺裕信 56kg ワンミリオンス
0000.03.01 川崎 エンプレス杯 JpnII ダ2100m(良) 13 8 12 006.80(3人) 05着 R2:17.8(38.8) -0.8 田辺裕信 56kg ワンミリオンス
0000.04.12 船橋 マリーンC JpnIII ダ1600m(重) 11 8 10 020.00(5人) 04着 R1:42.5(40.3) -1.2 田辺裕信 57kg ホワイトフーガ
0000.05.03 名古屋 かきつばた記念 JpnIII ダ1400m(良) 12 4 4 011.90(6人) 04着 R1:27.8(38.4) -1.0 内田博幸 53kg トウケイタイガー
0000.07.06 川崎 スパーキングLC JpnIII ダ1600m(稍) 12 4 4 018.80(5人) 03着 R1:42.6(39.3) -1.0 内田博幸 57kg アンジュデジール
0000.08.17 門別 ブリーダーズGC JpnIII ダ2000m(重) 11 7 8 005.10(2人) 07着 R2:10.9(42.9) -2.5 桑村真明 57kg マイティティー
0000.09.30 阪神 シリウスS GIII ダ2000m(良) 16 8 16 161.7(14人) 16着 R2:06.7(39.6) -2.8 浜中俊 53kg メイショウスミトモ

血統表編集

タイニーダンサー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 フォーティナイナー系

*サウスヴィグラス 1996
栗毛
父の父
*エンドスウィープ
End Sweep 1991
鹿毛
*フォーティナイナー Mr.Prospector
File
Broom Dance Dance Spell
Witching Hour
父の母
*ダーケストスター
Darkest Star 1989
黒鹿毛
Star de Naskra Naskra
Candle Star
Minnie Riperton Comish Prince
English Harbor

キハク 1993
鹿毛
*アサティス 1985
鹿毛
Topsider Northen Dancer
Drumtop
Secret Asset Graustark
Numbered Account
母の母
ウイニングベット 1985
鹿毛
アローエクスプレス *スパイニッシュイクスプレス
*ソーダストリーム
ノースフェイス マルゼンスキー
グランドターキン
母系(F-No.) プロポンチス系(FN:4-d) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5x4 [§ 3]
出典
  1. ^ [2]
  2. ^ [2]
  3. ^ [2]
主な近親
半姉イチリュウ(父キングヘイロー)は、浦和・桜花賞の勝ち馬。半兄ブンブイチドウ全日本2歳優駿2着。

出典編集

  1. ^ タイニーダンサー号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2017年10月4日閲覧
  2. ^ a b c 血統情報:5代血統表|タイニーダンサー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年6月20日閲覧。