メインメニューを開く

タイフアン・ウォーカー

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • タイワン・ウォーカー
  • タイフアン・ウォーカー
  • タイジュアン・ウォーカー
  • テイジュワン・ウォーカー

タイフアン・エマニュエル・ウォーカーTaijuan Emmanuel Walker , 1992年8月13日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州シュリーブポート出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBアリゾナ・ダイヤモンドバックスに所属。愛称はタイ・ウィーキー[2]

タイフアン・ウォーカー
Taijuan Walker
アリゾナ・ダイヤモンドバックス #99
Taijuan Walker (17698041479).jpg
シアトル・マリナーズ時代
(2015年5月19日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州シュリーブポート
生年月日 (1992-08-13) 1992年8月13日(27歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト1巡目追補
初出場 2013年8月30日
年俸 $528,600(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ファーストネームの発音はタイワン (発音:TIE-wahn) [3]がより近い。メディアによっては右記のような表記がされる。

経歴編集

プロ入り前編集

高校3年次まではバスケットボールをメインにプレーしており、ダンクシュートが得意なことから「スカイウォーカー」という愛称で呼ばれていた。野球では遊撃手だったが[4]、ドラフト前年の9月に友人に勧められて投手に転向。初のマウンドで90mph(約144.8km/h)の速球を投げ込み、数カ月後には95mph(約152.8km/h)を計測するようになった。高校4年次[5]には67回1/3を投げて与四球43と荒削りながらも93個の三振を奪い、防御率1.77を記録[6][7]

プロ入りとマリナーズ時代編集

投手として理想的な体格も評価され、浅い投手経験にも関わらず、2010年のMLBドラフト1巡目追補(全体43位)でシアトル・マリナーズから指名された[6][7]6月18日契約金80万ドルで入団が決まり[8]、ルーキー級のアリゾナリーグ・マリナーズでプロデビューした[9]

2011年はA級クリントン・ランバーキングス英語版で18試合に先発し、防御率2.89、奪三振率10.52を記録。シーズン終了後には、ベースボール・アメリカ誌からマリナーズでヘスス・モンテロに次ぐ第2位の有望株とされ、全体でも20位にランクインした[10][9]

2012年はA+級を飛び級してAA級ジャクソン・ジェネラルズでプレー。6月には月間防御率9.15と絶不調に陥り、最終的な防御率は4.69に終わった。奪三振率も8.38に低下するなど、やや壁にぶつかったシーズンになった[9]。7月にはオールスター・フューチャーズゲームにアメリカ合衆国選抜として出場している[11]

2013年1月にはジャスティン・アップトンとのトレードで他の若手選手と共にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへの移籍が決まりかけたが、マリナーズを移籍拒否リストに入れていたアップトンが拒否権を行使したため、トレードは破談となった[12]8月28日にマリナーズとメジャー契約を結び[13]8月30日ヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビュー。5回を投げ2安打無失点に抑え、メジャー初登板・初先発・初勝利となった。この年は3試合に登板し、1勝0敗・防御率3.60だった。

2014年2月27日にマリナーズと1年契約に合意した[14]3月29日に右肩の故障で、15日間の故障者リスト入りした[15]4月4日にリハビリのため、A+級ベーカーズフィールド・ブレイズに異動した。その後、AA級ジャクソン・ジェネラルズ、AAA級タコマ・レイニアーズでも登板し、6月30日にメジャー復帰した。この年は8試合に投げただけであったが、防御率を低下・奪三振率を向上させるなど、成長の跡を見せた。

2015年は先発ローテーションに入り、規定投球回に到達。11勝8敗と2桁勝利を挙げて勝ち越したが、防御率は2.61から4.56まで悪化した。一方でWHIPは前年の1.29から1.20へと改善させ、与四球率2.12と飛躍的に向上するなど、投球内容は前年よりも上向いた。

2016年も先発ローテーションで25試合に先発登板したが、規定投球回には届かなかった。8勝11敗と負け越したものの、防御率は4.22まで低下したほか、キャリア初の完封勝利も記録。一方で、被本塁打の割合や与四球率が上昇するなど、良い面と悪い面が共存したシーズンとなった。

ダイヤモンドバックス時代編集

2016年11月23日ジーン・セグラザック・カーティス英語版ミッチ・ハニガーとのトレードで、ケーテル・マルテと共にダイヤモンドバックスへ移籍した[16]

2017年は28試合に先発登板して9勝9敗・防御率3.49・146奪三振の成績を残した。

2018年4月、トミー・ジョン手術を行うことが発表された[17]

投球スタイル編集

平均球速152km/hを計測するフォーシームツーシームに、平均142km/hのカッタースプリッターの速球系4種と、カーブチェンジアップの計6球種を持ち球とする[18]。 マイナーリーグをフォーシーム、カーブ、チェンジアップの3球種でプレーしてきたが、2012年後半にカッターを習得し[19]、メジャー昇格当初は、フォーシームとカッターを中心とした投球だった。2014年からはスプリッターを投げ始めており、一方でこの年を最後にチェンジアップを封印した。また、カッターを投げる頻度も下がり、以降はフォーシームとスプリッターの組み合わせがメインとなった。2015年からはツーシームも投げるようになり、速球(Fastball)系4種で投球全体の90%以上(変化球に分類される事が多いスプリッターを除外しても70%以上)を占めており、カーブは10%未満となっている。2016年時点でチェンジアップは投げていないため、実質5球種と言える[18]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2013 SEA 3 3 0 0 0 1 0 0 0 1.000 60 15.0 11 0 4 0 0 12 0 0 7 6 3.60 1.00
2014 8 5 1 0 0 2 3 0 0 .400 160 38.0 31 2 18 1 3 34 2 1 12 11 2.61 1.29
2015 29 29 1 0 0 11 8 0 0 .579 706 169.2 163 25 40 1 9 157 4 1 92 86 4.56 1.20
2016 25 25 1 1 1 8 11 0 0 .421 573 134.1 129 27 37 2 8 119 4 1 75 69 4.22 1.24
2017 ARI 28 28 0 0 0 9 9 0 0 .500 684 157.1 148 17 61 7 9 146 7 1 76 61 3.49 1.33
2018 3 3 0 0 0 0 0 0 0 ---- 56 13.0 15 1 5 0 0 9 0 0 5 5 3.46 1.54
MLB:6年 96 93 3 1 1 31 31 0 0 .500 2239 527.1 497 72 165 11 29 477 17 4 267 232 3.96 1.26
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

MiLB

背番号編集

  • 27(2013年)
  • 32(2014年 - 2015年)
  • 44(2016年)
  • 99(2017年 - )

脚注編集

  1. ^ Taijuan Walker Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月27日閲覧。
  2. ^ D-backs Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月20日閲覧
  3. ^ Taijuan Walker Statistics and History - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年10月29日閲覧。
  4. ^ 【MLB】これがウワサの「全米ナンバー1ルーキー」だ!集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
  5. ^ 米国の高校の多くは4年制
  6. ^ a b Q&A with Taijuan Walker, RHP, Yucaipa (CA) HS (2010 Draft) Baseball Prospect Report
  7. ^ a b Yucaipa's Walker to Mariners DailyBulletin.com
  8. ^ Mariners sign top pick RHP Taijuan Walker USATODAY.com
  9. ^ a b c Taijuan Walker Minor League Statistics & History - Baseball-Reference.com
  10. ^ 2012 Seattle Mariners Top 10 Prospects Baseball America
  11. ^ Walker makes mother proud at All-Star Futures Game mariners.com
  12. ^ Report: D-backs would have received Taijuan Walker, others in Justin Upton deal ArizonaSports.com
  13. ^ Taijuan Walker will make Major League debut Friday at Houston”. MLB.com Mariners Press Release (2013年8月28日). 2014年4月10日閲覧。
  14. ^ Seattle Mariners player signing updates”. MLB.com Mariners Press Release (2014年2月27日). 2014年3月1日閲覧。
  15. ^ Hisashi Iwakuma, Taijuan Walker, Stephen Pryor placed on 15-day DL”. MLB.com Mariners Press Release (2014年3月29日). 2014年3月30日閲覧。
  16. ^ Perry, Dayn (2016年11月23日). “Mariners, D-Backs swap Taijuan Walker, Segura as part of 5-player trade: Arizona gets help in the rotation while Seattle lands an impact infielder”. CBS Sports. 2016年12月18日閲覧。
  17. ^ Justin Toscano (2018年4月18日). “Walker to undergo Tommy John surgery” (英語). MLB.com. 2018年5月7日閲覧。
  18. ^ a b Taijuan Walker Pitch Data”. The Baseball Cube. 2016年8月10日閲覧。
  19. ^ Q&A: Taijuan Walker, High-Ceiling Mariner FanGraphs Baseball

関連項目編集

外部リンク編集